美白美容液とは?役割・主な成分・正しい使い方を紹介

美白美容液とは スキンケア

美白美容液とは、使い続けることで潤った透明感のある肌を作る効果が期待できる化粧品です。

日ごろのケアに使用したいと考えている場合、具体的にどのような効果があるのか、特徴的な成分は含まれているのか気になる人も多いでしょう。

そこで、美白美容液とは何か、成分や効果、正しい使い方も詳しく解説します。

美白美容液とは?

美白美容液とは何か

美白美容液とは、シミやそばかすの原因である、メラニンの生成を抑制する有効成分が含まれた化粧品です。

化粧水やクリーム、乳液を使ったケアに加えることで、透明感がある肌に導く役割を果たします。

美白美容液は、メラニンの生成を制御し、保湿成分によって透明感と潤いを与えるといった基本的な効果のほか、メラニンを配収するためのターンオーバーを促進する効果が期待できるものも多いです。

つまり、使用し続けることでシミやそばかすを目立たない程度まで薄くする効果が期待できます。

ただし、肌のターンオーバーは数日で行われるものではないため、肌の透明感を実感できるようになるまでには1~2ヶ月かかる点に注意が必要です。

使った直後に、透明感のある白い肌を作る効果が期待できる化粧品ではありません。

美白美容液の主な成分はどんなもの?

美白美容液の主な成分

美白美容液は、低価格で販売されているコスメ、薬用ホワイトエッセンスオイルといった保湿効果が高いもの、シミやそばかすの予防効果、改善効果がある医薬部外品の美白美容液も沢山販売されています。

製品ごとに配合成分には違いがありますが、主成分として配合されているケースが多いものはビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチンです。

ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすが目立つことを予防し、メラニンを排出することでシミやそばかすを薄くする効果が期待できます。

トラネキサム酸は、ビタミンC誘導体に似ている成分であり、メラニンの生成を抑制する効果が期待できる成分です。

アルブチンは、メラニンの生成を活発にするチロシナーゼと呼ばれる物質にアプローチし、シミやそばかすの発生予防につながります。

美白美容液に配合されている主な3つの成分のほか、製品ごとにこだわりの美容成分を配合しているので、自分の肌悩みに適しているものや好みのテクスチャー、香りなどから選ぶことが可能です。

美白美容液の正しい使い方

美白美容液の正しい使い方

美白美容液は、シミやそばかすが目立つ場所や目元といったシミができやすい場所にのみ塗るのではなく、顔全体に塗る必要があります。

現在シミができていない場所でも、皮膚の奥でメラニンが生成されており、突然シミができる可能性があるためです。

そのため、顔全体にムラなく、優しくなじませましょう。

また、美白美容液ごとに使用量や使用回数、注意点が記載されています。

例えば、1回のケアで使用する量、敏感肌や乾燥肌で炎症を起こしている場合は使用しないなどです。

さらに、美白美容液でメラニンの生成を抑制するためには、朝と夜の1日2回使用する必要があります。

美白美容液を使ったケアは、夜の入浴後だけで良いと考えるケースが多いです。

しかし、外に出て紫外線が当たる前、朝のスキンケアにも取り入れましょう。

紫外線が当たる前に美白美容液を肌に乗せることで、よりメラニンの生成を抑える効果が期待できます。

ほかにも、美白化粧品をケアに取り入れる場合には、紫外線が強い夏の時期だけではなく、紫外線照射量が少ない秋や冬の時期にも使用することが大切です。

美白美容液でシミ・そばかすを予防して透明感のある肌に

 

保湿成分による肌の潤いはすぐに実感できますが、肌のターンオーバーには時間がかかるため、美白美容液は使い始めて数日で肌の透明感を実感できるものではありません。

しかし、メラニンの生成を抑える有効成分は肌の奥に浸透し、肌細胞にアプローチしています。

美白美容液は季節を問わず正しい方法で使い、透明肌を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました