【30代の肌悩み】主な3つの肌トラブルの原因とスキンケアを紹介

30代の肌悩み3.『乾燥』の原因とスキンケア 30代のコスメ情報

「20代の頃は、肌のケアをそこまで気にしていなかった」「けれど、30代になってシミやくすみが目立ってきた」という女性は多いようです。

今回は、3つの『30代の肌の悩み』に関して、やっておきたいスキンケアの方法や重要性について具体的にご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

30代の肌悩み1.『シミ・そばかす』の原因とスキンケア

30代の肌悩み1.『シミ・そばかす』の原因とスキンケア

30代の肌の悩みとして一番多いのが「シミ・そばかす」です。

シミ・そばかすの原因としては、主に2つが挙げられます。

  • 代謝低下による色素沈着
  • 紫外線によるメラニン形成

色素沈着については、肌の代謝低下が要因です。

30代になると、代謝の低下でメラニンを排出するのが遅くなるため、新たなメラニンが成形されて、古いメラニンが肌に色素沈着してしまうことが原因です。

また、長年紫外線を浴びていると、肌の刺激やストレスになります。

肌の刺激やストレスは、ターンオーバーの乱れにつながり、皮膚の内部にメラニンが蓄積することも原因の1つです。

シミ・そばかすのスキンケアに関しては、まずターンオーバーのリズムを整えるためにきちんと睡眠を取ることが重要です。

30代の肌悩み2.『毛穴の開き・黒ずみ』の原因とスキンケア

30代の肌悩み2.『毛穴の開き・黒ずみ』の原因とスキンケア

30代の肌の悩みには、「毛穴の開き・黒ずみ」もよく挙げられます。

主な原因としては、下記の3つになります。

  • 毛穴のたるみ
  • 肌の水分不足
  • 酸化した角質

毛穴のたるみは、肌のたるみと関係性があります。

年齢を重ねると、どうしても肌がたるみがちで、結果として毛穴にもたるみが生じ、毛穴が開いてしまう原因になってしまいます。

肌の水分不足は、人間の肌は年を取るごとに肌から水分が減少するからです。

保湿対策が不足すると、肌の水分が減ることから、毛穴のゆるみにつながります。

酸化した角質は、毛穴が開いた状態で角質が溜まってしまい、そのまま放置する事で酸化して黒くなることが原因です。

毛穴の開き・黒ずみのスキンケアで重要になるのが、毛穴に汚れを溜めないように、しっかりと洗顔をすることです。

よく泡を立てて、ゴシゴシとは洗わずに、優しく洗顔しましょう。

細かい泡で毛穴の汚れを落とし、毛穴の開きと黒ずみを対策できます。

30代の肌悩み3.『乾燥』の原因とスキンケア

30代の肌悩み3.『乾燥』の原因とスキンケア

30代の肌の悩み「乾燥」では、原因として次の3つが挙げられます。

  • ヒアルロン酸の減少
  • ホルモンバランスの変化

ヒアルロン酸は、肌のハリやみずみずしさを維持する役割をもってます。

年を取るにつれてヒアルロン酸は減少していき、シワや関節痛なども引き起こす可能性が高くなります。

ホルモンバランスの変化は、年を重ねていくことでのホルモンバランスの崩れが要因です。

乾燥に対するスキンケアは、洗顔後しっかりと保湿することが重要になります。

化粧水や乳液などで、時間をかけて丁寧にケアし、保湿パックを定期的に行って乾燥予防ができます。

30代の肌悩みは早めのケアから!日々の積み重ねで10年後が変わる

美肌を維持するためには、毎日のスキンケアが重要です。

  • シミ・そばかす
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • 乾燥

30代の肌の悩みとして、上記のような肌トラブルが起こらないように、早めのスキンケアをしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました