エッセンスと美容液の違いとは?用途の差や使い分けについて解説

エッセンスと美容液の違いとは?用途の差や使い分けについて解説 スキンケア

エッセンスと美容液の違いについて、見た目が似ている部分から、どのように使い分けて良いか悩む方も多いことでしょう。

エッセンスと美容液の適切な使い分けを覚えることで、自身に合うメイクが行えます。

今回は、エッセンスと美容液の違いについて、用途の差やおすすめの使い分けについてご紹介いたします。

エッセンスとは

エッセンスとは

エッセンスは、植物体から抽出した有用成分を含む、保湿効果が期待できるスキンケアアイテムです。

見た目は無色透明、透き通る印象を感じることが多く、ベタつかずさらっとしたつけ心地が特徴的です。

ほのかに良い匂いがする、香りつきタイプのものも目にできます。

夏場などの汗をかきやすい時期に、大活躍する予感があるでしょう。

エッセンスは、肌の角質層にかけて栄養分を浸透させる役目も担います。

メイクをする上で全体の肌に、潤いを与えたい方にぴったりのコスメアイテムです。

ヒアルロン酸が含まれたエッセンスも多いため、皮膚の柔軟性も保ちます。

エッセンスは、一度塗った後、潤いを持続させるナイアシンアミドの成分も確認できます。

乾燥肌の方にもおすすめの美容アイテムと言えるでしょう。

いつもの基礎化粧品を使う中で、プラスのお助けアイテムとして使うのがちょうど良いです。

自身に合うエッセンスアイテムを手に入れることで、肌に透明感が与えられます。

エッセンスは、睡眠不足やストレスなどが理由で、肌トラブルを引き起こしている方におすすめです。

美容液とは

美容液とは

美容液は、有用成分を含む、肌の悩みに対して働きかけるスキンケアアイテムです。

つけ心地は、エッセンスと違いジェルのような滑らかさがある部分が特徴的です。

美容液は、特定の肌トラブルを防ぐほか、肌に潤いを与えて乾燥を防いでくれます。

加齢に伴うシワや、笑った時に出るほうれい線のシワを目立たなくする、エイジングケアアイテムとしても使える美容アイテムです。

紫外線に当たることで生じる、シミやそばかすに対しても、肌を保護してくれます。

美容液に配合された成分としては、ビタミンC、フラボノイドなどが挙げられます。

エッセンスとの違いは、短期間で肌トラブルに対する、肌の機能を高めることです。

しかし、1日で思うような効果が出ることは少なく、日々使い続ける必要があります。

自身に合う美容液を見つけることで、肌の柔軟性を保つことが可能です。

洗顔の後、化粧水を塗った後に、追加して使うこともできます。

美容液は、クリームや乳液と共に使用することで、さらに潤いを保てる期待があります。

美容液は、毛穴の開きに対する悩み、美白になりたい気持ちがある方におすすめのスキンケアアイテムです。

エッセンスと美容液はどう使い分ければいい?

エッセンスと美容液はどう使い分ければいい?

エッセンスと美容液は、自身の肌の悩み・体質に合わせて使い分ける方法がおすすめです。

肌全体に潤いを与えるエキスとして使いたい場合はエッセンス、肌の特定の悩みを防ぎたい場合、美容液を使っていきましょう。

エッセンスと美容液の違いについて、しっかり把握することが大切です。

水のようにさらっとしたつけ心地が特徴的なエッセンスは、肌全体に潤いを与える役目を担います。

ベタベタとしたつけ心地の美容アイテムが苦手な方にもぴったりです。

乾燥肌、敏感肌の方ほど、積極的に使っていきたいところです。

肌の内側にかけて潤いを保つため、ストレスなどで肌荒れが起きている方にもおすすめと言えます。

ジェルのように、滑らかなつけ心地が特徴的な美容液は、シワの悩みを抱えている方におすすめです。

ほうれい線などの小じわを、元より目立たなくする手助けを担います。

肌にハリを与えるため、より一層若々しい肌を保ちたい方にもぴったりです。

エッセンスと美容液は、自身の肌の悩みを客観的に見た上で、使い分けていきましょう。

エッセンスと美容液の違いを知ってスキンケアに役立てよう

エッセンスと美容液の違いは、肌全体に潤いを与えるためのアイテムか、特定の肌の悩みを防ぐかについてです。

メイク用品の利用規約を把握した上で、肌の悩みを客観的に見ながら、自身に合うコスメアイテムを選ぶことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました