目じりにしわができるのはなぜ?原因と対策を知って目元を改善!

目じりにしわができる原因と対策 スキンケア

目じりのしわは、見た目の印象に影響を与えます。

しわ対策に役立つコスメを取り入れ、毎日ケアを続けることで、若々しい目元を維持することができます。

今回は、目じりにしわができる原因や具体的な対策方法、美容液の選び方についてまとめました。

「目じりのしわを目立たなくしたい」と思う方は、ぜひ参考にしてください。

目じりのしわができる原因は?

目じりのしわができる原因

目じりのしわができる主な原因は、乾燥です。

目元の皮膚は頬よりも薄く、皮脂が少ないため特に乾燥しやすいです。

目元が乾燥すると、小じわやちりめんじわなど、細かいしわが現れやすくなります。

乾燥の原因は、紫外線や間違ったスキンケアなどです。

紫外線は、乾燥を誘発するだけではなく、ハリに必要なコラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。

また、スキンケアをするときに肌を強く擦ると、刺激の影響で乾燥しやすくなります。

乾燥や紫外線は、目の周りにある筋肉(眼輪筋)を劣化させます。

眼輪筋が衰えると、まぶたがたるみ、さらに老けた印象の目元になってしまうのです。

目じりのしわへの対策は?

目じりのしわへの対策

目じりのしわの悪化を抑えて、目元の印象を改善するためには、早めに適切なケアを始めることが大切です。

具体的な対策方法を紹介します。

スキンケアでしっかり保湿する

皮膚の乾燥は目じりのしわの原因になるので、毎日スキンケアをしっかり行い、十分に保湿することが大切です。

洗顔をした後は、化粧水で水分を与えて、乳液などで潤いを閉じ込めましょう。

スキンケアをするときに、肌を強く擦ったりマッサージしたりすると、摩擦で乾燥を招く恐れがあります。

また、肌に刺激を与えるとハリまで失われやすくなります。

クレンジングや洗顔、スキンケアをするときは肌を擦らず、優しく丁寧に行いましょう。

クレンジングは、シートタイプではなく洗い流すメイク落としがおすすめです。

紫外線対策を1年中行う

しわや乾燥の原因になる紫外線は、季節に関係なく年中降り注いでいます。

紫外線から肌を守るためには、日焼け止めや日傘などを使って1年中UVケアを続けることが大切です。

コラーゲンに影響を与える紫外線A波は、曇りの日にも降り注ぎます。

日焼け止めは、紫外線A波による影響を抑えるために、PA++以上のものを使いましょう。

日焼け止めを目元に塗るときは、強く擦らないように十分に注意して、指で優しくなじませてください。

目じりのしわが気になるなら、どんな美容液を選べばいい?

選ぶべき美容液は

目じりのしわを本格的にケアするなら、美容液を取り入れましょう。

目元の皮膚は薄くてデリケートなので、目元専用の美容液を使うことをおすすめします。

また、保湿に役立つ成分や、ハリを与える効果が期待できる成分が配合されているものを選びましょう。

目じりのしわのケアにおすすめの成分を紹介します。

【保湿に役立つ成分】
・ヒアルロン酸
・セラミド
・コラーゲン
・エラスチン
・スクワラン

【ハリを与える効果が期待できる成分】
・レチノール
・コエンザイムQ10
・ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)
・ビタミンC誘導体

美容液の中でも、パッケージなどに下記の表記があるものは、シワへの効能が国に認められているので特におすすめです。

・乾燥による小じわを目立たなくする
・シワを改善する

美容液の力を実感するには、長い期間継続して使い続けることが大切です。

ケアを続けるために、なるべく買い続けやすい価格の美容液を選びましょう。

目じりのしわをケアして改善!若々しい目元で印象アップ

目じりのしわの主な原因は、乾燥や紫外線です。

毎日スキンケアでしっかり保湿したり、紫外線対策を続けたりすることで、目じりのしわの悪化を抑えられます。

また、目じりのしわのケアに役立つ美容液も使いましょう。

目元専用の美容液なら、デリケートな目元にも安心して使えます。

毎日ケアして若々しい目元を叶えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました