オイリー肌とは?脂性肌をスキンケアしてサラサラお肌に!

オイリー肌とは?脂性肌をスキンケアしてサラサラお肌に! スキンケア

あなたは、オイリー肌で悩まれた経験はありませんか?

今回は、ちょっとべたつく「オイリー肌」を少しでも快適な状態にする対策などを、ご紹介していきます。

オイリー肌(脂性肌)とは

オイリー肌(脂性肌)とは

オイリー肌とは、「脂性肌」とも呼ばれます。

状態としては、お肌の皮脂、水分量が共に多い肌のことです。

見た目もテカついていますし、感覚もヌルッとして気持ちのいい物ではありません。

また、「乾燥性脂性肌」や「インナードライ」と呼ばれる肌もあります。

「乾燥性脂性肌」や「インナードライ」は、皮脂の分泌量は多いのに、水分量が少ない肌のことを言います。

どうして、脂性肌、オイリー肌になってしまうのでしょうか?

オイリー肌(脂性肌)の原因

オイリー肌(脂性肌)の原因

オイリー肌になってしまう原因は、様々ですが、主に8つの原因があるとされています。

・ホルモンバランスが乱れている

・年齢

・季節性

・食生活の乱れ

・生活習慣の乱れ

・ストレス

・肝機能の低下

・誤ったスキンケア

お肌というのは、非常に繊細なものです。

外部環境の変化や生活の乱れなどで、一気にお肌の状態が変わってしまいます。

しかし、原因を改善していくことで、あなたのお肌も、もっと美しくなれるでしょう。

次は、改善方法をご紹介します。

オイリー肌(脂性肌)の改善方法

オイリー肌(脂性肌)の改善方法

どうすればオイリー肌を防げるのか?

普段の生活を少しだけ変えることで、あなたのオイリー肌は劇的に変わるでしょう。

特に、化粧水などを効果的に使い、水分や油分の扱いをどうするのかがポイントになってきます。

以下の項目を読んで頂き、正しいオイリー肌のお手入れの仕方を学んでいきましょう。

オイリー肌の改善方法1.夏も普段通りのスキンケアをする

オイリー肌を効果的に改善するには、「夏のスキンケア」は重要です。

想像できるように、夏が一番オイリー肌になりやすい時期です。

多くの方は、暑いことから、「夏は、保湿ケアをやめる」とされているかもしれません。

実はここに間違いがあるのです。

夏でも保湿は通常通りに行いましょう。

そうすることで、肌が過剰に皮脂を分泌するのを止めてくれます。

オイリー肌の改善方法2.皮脂を取り過ぎない事を心がける

改善方法の2つ目は、「皮脂を無駄にとらない事」です。

皮脂を取り除こうとすればするほど、お肌は「体を守ろう」として多くの皮脂を分泌します。

何度も洗顔することは逆効果になる恐れがあります。

過剰に洗顔をすることで、必要以上に油分を多くとってしまえば、お肌はそれを補おうとし、さらに多くの皮脂を出してしまいます。

お肌の状態を見て、クリームなどを使い、適切な油分量が残るよう、スキンケアをしましょう。

オイリー肌の改善方法3.まめに汗を拭きとる

夏場にかく大量の汗が、実はオイリー肌をよりテカらせる原因です。

皮脂と混ざった汗は、あなたの肌をより「オイリー」に見せます。

小まめに汗を拭きとりましょう。

その際に、ごしごし力を入れてこする必要はありません。

ハンドタオルやハンカチなどで、肌の上からおさえるように、汗を拭きとってください。

また、夏場はメイクのし過ぎも大敵です。

化粧品の油分と汗が混ざると、あなたの肌はさらにテカってしまうでしょう。

ニキビの原因にもなりがちなので、夏場はナチュラルなメイクを心がけましょう。

オイリー肌の改善方法4.オイリー肌に効果的な食生活にする

オイリー肌の改善方法、4つ目は「食生活の改善」です。

オイリー肌を改善する栄養成分には、以下のような物が良いと言われています。

・ビタミンB1:毛穴から出る皮脂の分泌をコントロールする効果

・ビタミンB2:毛穴から出る皮脂の分泌を抑える効果

・ビタミンC:脂質の酸化を防いでくれる

・パントテン酸:脂質を分解する効果

4つの栄養成分を多く含む食材としては、次のものが代表例に挙げられるでしょう。

「豚肉」「うなぎ」「レバー」「いかなご」「赤ピーマン」「バセリ」「レモン」「たまごの卵黄」「ひきわり納豆」「鶏ささみ」

これらの食材を意識的に摂取することで、ある程度のオイリー肌改善に有効的です。

オイリー肌(脂性肌)は改善可能!正しく対策していこう

今回は夏に気になるオイリー肌について、その原因と改善方法を具体的にご紹介してきました。

基本的なことを少し変えることが、あなたのオイリー肌を改善するための一歩です。

正しいケア方法を学んで、今すぐ改善していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました