シミ・そばかすを改善するには?種類・予防策・メイクで隠すコツ

シミ・そばかすをメイクで隠す スキンケア

シミ・そばかすを改善するためには、早めにケアをすることが大切です。

毎日適切な対策をすることで、美肌を維持できます。

反対に何も対策をしないと、シミの悪化に繋がってしまう可能性もあるのです。

今回は、シミの種類や予防策を解説していきます。

シミをメイクで隠すコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

シミ・そばかすの改善1.まずは種類があることを知ろう!

シミそばかすの種類

シミには様々な種類があります。

まずは、多くの女性を悩ませているシミを3つ紹介します。

老人性色素斑

老人性色素斑は、直径数mm~数cmほどの大きさで円状のシミです。

頬骨の上や肩、手の甲など紫外線が当たりやすいところに現れます。

老人性色素斑は、20~30代頃から現れるようになり、年齢を重ねることで濃い色になります。

主な原因は、紫外線や加齢による肌の代謝の低下です。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、両頬の骨に沿って左右対称に現れるシミです。

輪郭がはっきりしていない形で、広範囲に広がります。

頬の他に、額や口の周りにも現れることもあります。

肝斑は、30代後半~40代の女性に多く見られます。

主な原因は、紫外線とホルモンバランスの乱れです。

妊娠がきっかけでできる人もいます。

そばかす

そばかすは5mm以下の小さなシミで、雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれています。

シミの色は薄い茶色や黒です。

鼻や頬の周りに散らばるように現れるのが特徴です。

そばかすの主な原因は遺伝といわれています。

紫外線を強く浴びると、シミの色が濃くなることがあります。

シミ・そばかすの改善2.悪化させないためにも予防策が有効

悪化させないための予防策

シミやそばかすを予防・改善するためには、どんな対策が必要なのか紹介します。

紫外線対策を1年中する

シミやそばかすの悪化を抑えるためには、1年中紫外線対策を続けて肌を守りましょう。

紫外線を浴びると、色素細胞がメラニンを作ります。

メラニンが過剰に作られてしまうと、皮膚が黒くなってシミになってしまうのです。

紫外線は天気や季節に関係なく、年中降り注いで肌に影響を与えます。

シミを悪化させないために、毎日欠かさず日焼け止めを使いましょう。

生活習慣を見直す

シミやそばかすを防ぐためには、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)が正常におこなわれる必要があります。

ターンオーバーの機能が正常な肌では、メラニンが古い角質とともに排出されます。

しかし、ターンオーバーが乱れていると、メラニンをうまく排出することができず、シミになってしまうのです。

ターンオーバーが乱れる原因の一つは、生活習慣の乱れです。

次の点を意識して正常なターンオーバーを維持しましょう。

・十分に睡眠をとる
・栄養バランスの良い食事をとる
・ストレスをためない

また、毎日丁寧にスキンケアをして保湿することも大切です。

ビタミンC配合の美容液も使って、ターンオーバーを整えましょう。

シミ・そばかすの改善3.メイクで隠すコツ

シミそばかすをメイクで隠すコツ

気になるシミやそばかすは、コンシーラーを使ってメイクをすることで、自然にカバーすることが可能です。

薄いシミをコンシーラーで隠すなら、シミの色より少し明るい色のコンシーラーを使いましょう。

濃いシミをコンシーラーでカバーするなら、シミと肌の間の色のものがおすすめです。

パウダーファンデを使う場合は、先にコンシーラーを使います。

リキッドファンデーションを使う場合は、コンシーラーを後に使うことで、よりしっかりカバーできます。

また、コンシーラーの他に、カラーコントロール下地(ベージュ系)を使うと、広範囲のシミを隠せます。

カバー力を上げたいときは、カラーコントロール下地を重ねづけしましょう。

シミ・そばかすの改善は可能!「早め」「継続」で取り組みを

シミやそばかすを改善するためには、早めに紫外線対策と生活習慣の見直しを行いましょう。

日焼け止めを毎日塗ることで、シミの悪化を抑える効果が期待できます。

美白美容液なども使い、メラニンの生成を抑制しましょう。

また、良い生活習慣を続けて、健康的なターンオーバーを維持することも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました