顔のたるみの原因と対策!4つのポイントとケア方法を紹介

顔のたるみの原因と対策!4つのポイントとケア方法を紹介 スキンケア

フェイスラインのもたつきが気になったり、目尻が下がってきたり・・・これらは主に顔のたるみが原因で引き起こされてしまいます 。

顔のたるみは、「見た目年齢」を引き下げてしまうので、なんとしても避けたいところですよね。

今回はたるみの原因を理解し、正しいケアでたるみを改善する4つのポイントとケア方法をご紹介します。 

 顔のたるみの原因がわかれば対策もできる!主な4つのパターン

顔のたるみの原因がわかれば対策もできる!主な4つのパターン

「年齢を重ねたら、顔がたるむのも仕方がない」と諦めている人、実は多いんです。

しかし、しっかりと原因を理解し、それぞれに合った対策方法をとるようにすれば、たるみを改善していくことができるんです。

大きくわけて、顔のたるみの原因は主に4つのパターンに分類されます。

それぞれの原因別に最適な対策を取り、しっかりとたるみを解消していきましょう! 

たるみの原因と対策1.顔の筋肉の衰え

加齢とともに体の筋肉が衰えるように、顔にも表情筋という筋肉があり、体と同じように衰えていきます。

顔の筋肉が衰えてしまうと、その上にある脂肪や皮膚を支えにくくなってしまい、重力で下に垂れてしまうことで顔も面長に、フェイスラインもたるみがちになってしまうのです。

顔の筋肉の衰え対策には、何より顔の筋肉を鍛えるためのエクササイズがおすすめです。

顔の筋肉は、日頃の表情のクセや、歯のかみ合わせのクセなどで、左右のバランスが崩れている場合もあります。

顔の筋肉を鍛えるときは、しっかり鏡を見て、顔の筋肉の動きを確認しながら行いましょう。

また、頭皮マッサージも顔を引き締める効果があり、たるみ改善に効果的です。

たるみの原因と対策2.皮膚の乾燥と老化

肌は、表皮と真皮、皮下組織の3つの層で成り立っています。

真皮の構造は、コラーゲン・エラスチンのたんぱく質の繊維が網目状になっていて、その間にヒアルロン酸が埋まっているという状態です。

皮膚が乾燥すると新陳代謝も落ちてしまい、新しく生まれ変わるはずの肌表面の角質がはがれにくくなってしまいます。

すると、どんどん真皮層にまで乾燥が進んでしまいます。

乾燥が進むと、コラーゲンやエラスチンが保っているハリや、ヒアルロン酸が保ってくれている肌の弾力が失われ、たるみを引き起こします。

また、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出してくれる繊維芽細胞の数自体が、老化にともない減少してしまいます。

老化によって、肌表面にある表皮を支えきれなくなってしまうのも、肌がたるんでしまう要因となります。

皮膚の乾燥や老化を予防するためには、皮膚の酸化や光老化を促進させる紫外線を避けるように心がけることや、毎日のスキンケアをしっかり行うことが重要です。

日常生活において体内のコラーゲンを増やすためには、リジン・プロリンというアミノ酸と、ビタミンCを一緒に食事で摂取することが大事です。

アミノ酸が多く含まれている鶏胸肉や大豆製品、乳製品とビタミンCの多いブロッコリーやモロヘイヤ、じゃがいもなどの野菜を意識的に食べるようにしましょう。

たるみの原因と対策3.睡眠不足も間接的な要因

質の良い睡眠を取ると、肌の細胞の生産やターンオーバーを行ってくれる成長ホルモンがしっかりと分泌されます。

逆に、睡眠不足になってしまうと、肌の細胞も生成されずターンオーバーも乱れて、顔のたるみを引き起こしてしまう間接的な要因となってしまうのです。

睡眠不足によるたるみを改善するためには、最も成長ホルモンが分泌されるという22~2時までの間に、しっかりと熟睡できる環境を整えることが大事です。

たるみの原因と対策4.偏食・過食での皮下脂肪の肥大化

偏った食事を続けると、摂取栄養が偏り、体調不良が生じやすくなります。

血流が悪くなり、肌の健康状態も悪くなって、肌のたるみを引き起こしてしまいます。

また、過食によって食事による脂肪の摂取が増えると、皮下脂肪が肥大化してしまい、頬に脂肪がついて顔がたるんでしまう原因となってしまいます。

肌の健康に必要なたんぱく質は、日本女性では「平均で1日50gくらい」摂取すると良いといわれています。

さらに、たんぱく質をきちんと分解してくれるビタミンBの摂取も必要です。

過食を避け、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

顔のたるみは原因を知って改善!日々の対策で素敵な表情を!

顔のたるみは様々な原因で引き起こされるため、しっかりと原因を押さえた対策を日々行うことが重要です。

たるみ改善のためにも自分の当てはまる原因を特定し、効果的な方法を続けて素敵な表情を取り戻してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました