インナードライとは?脂っぽいのに乾燥する肌でお困りの方に基礎知識

インナードライとは?脂っぽいのに乾燥する肌でお困りの方に基礎知識 スキンケア

インナードライとは、見た目ベタつく肌なのに内側は乾燥している、アンバランスな肌状態のことを指します。

オイリー肌の方も、実はインナードライに当てはまることが多いです。

今回は、インナードライの基礎知識についてご紹介いたします。

当てはまる?インナードライとは

インナードライとは、皮膚の表面は脂っぽいのに、内側部分は水分が足りていない肌状態のことを指します。

オイリー肌と感じている方こそ、実はインナードライに当てはまることがあるので注意です。

皮膚の表面は、十分に保湿されているはずなのに、笑った時ひきつる、つっぱる感じがする方もインナードライに当てはまりやすいです。

ぱっと見肌がテカテカしている方も、過剰な皮脂分泌を起こしている可能性があります。

肌を触ってみて、指にべっとりとした皮脂がつくか試してみましょう。

「メイクが崩れやすく手入れが欠かせない」「毛穴が大きく開く」部分も特徴的です。

乾燥肌の方は、水分量も皮脂量も少ない肌質を持ち合わせています。

インナードライの方は、水分量が少なく、皮脂量が過剰に分泌している状態が多いです。

インナードライは、鏡で見た時の不自然なてかりから推測することが可能です。

インナードライになる原因

インナードライになる原因

アンバランスな肌状態、インナードライになる

原因とは、自身に合っていないスキンケアからきています。

「洗顔をしないで化粧水をつけている」「敏感肌なのに刺激が強い美容アイテムを使用している」などが挙げられます。

乾燥が気になる季節に、十分な保湿を行っていない方も注意です。

化粧水の後に、美容液、乳液などを念入りに塗るようにしましょう。

肌に負担がかかるスキンケアを行うことで、インナードライの肌質に変化しやすいです。

暴飲暴食、カロリーが高いものが好き、夜遅くまで起きている方も、肌トラブルを引き起こしやすいです。

長期的なストレスも自律神経が乱れる原因となります。

日々の生活習慣を整えることで、インナードライの肌質も良い方向に進む可能性があります。

インナードライのスキンケア

インナードライのスキンケア

習慣的に取り入れやすいインナードライのスキンケアとは、クレンジング・洗顔をしっかり行うことです。

肌にメイクなどの余分な汚れが残ることで、過剰な皮脂量の分泌を引き起こす恐れがあります。

洗顔フォームはしっかり泡だてて、マッサージするような感覚で行いましょう。

最初から泡タイプで出てくる洗顔フォームもあります。

忙しい朝の時間帯は、ついつい洗顔にも力が入りやすいです。

できるだけ優しく、洗い流すようにしましょう。

しかし、ゆっくり時間をかけすぎても、余分な皮脂量まで取り除く恐れがあります。

「力のかけ方」と「丁寧さ」のバランスを取ることが大切です。

洗顔を終えた後は、肌の乾燥を防ぐために、しっかりと化粧水を塗るようにしましょう。

適量よりも多めの量を意識することで、肌全体に満遍なく潤いを与えられます。

「コラーゲン」「グリセリン」「天然ビタミンE」などの成分が含まれた化粧水は保湿効果が期待できます。

化粧水の後に「美容液」「乳液」をつけることも大切です。

化粧水のみでは、すぐに肌が水分不足に陥る可能性があります。

油分量が多い美容アイテムより「化粧水の水分の蒸発を防ぐ」保持機能があるものを重視して使いましょう。

インナードライのスキンケアは、自身に合う化粧品を使うことも大切です。

肌をすこやかな状態に保つアイテムを見つけるために、ネットの口コミを参考にする方法もおすすめです。

実際に化粧品を扱う店舗に出向き、プロの方からアドバイスを受ける方法も有効的と言えます。

インナードライとは「肌の内側の水分量が減少している状態」

インナードライとは、肌表面はオイリー肌を連想させるのに、角層は潤い不足の状態を指すことです。

肌がべたつきやすい方ほど、知らずのうちにインナードライ状態に陥っている可能性が高いと言えます。

インナードライ対策には、規則正しい生活、丁寧な洗顔、そして十分な保湿を与えることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました