ターンオーバーとは?健康的な美肌にするためのスキンケア

ターンオーバーとは?健康的な美肌にするためのスキンケア スキンケア

「肌のターンオーバーが乱れると肌トラブルが起こる」というワードを耳にしたことがある人も多いでしょう。

しかし、なぜ肌のターンオーバーが乱れると、肌トラブルを引き起こすのでしょうか。

また、ターンオーバーとは具体的にどのようなことを指すのか、詳しく知らないという人も多いでしょう。

そこで、肌のターンオーバーとは何か、また、肌トラブルの関連性について詳しく解説します。

肌のターンオーバーのサイクルとは

肌のターンオーバーのサイクルとは

人間の肌は、一定期間に新しい肌に生まれ変わることが特徴です。

肌代謝で古い肌から新しい肌に生まれ変わる流れを「ターンオーバー」といいます。

肌のターンオーバーのサイクルが乱れることで古い細胞が蓄積し、ニキビや乾燥による肌荒れといった肌トラブルにつながるため注意が必要です。

肌のターンオーバーはおよそ6週間で起こっており、肌の最も奥にある層から徐々に新しい細胞が生成されます。

古い肌を押し上げることによって、肌の表面に新しい皮膚細胞が出るという仕組みです。

古い肌は角質垢として剥がれ、新しく生成された細胞に入れ替わります。

肌のターンオーバーサイクルが乱れる原因とは

肌のターンオーバーサイクルが乱れる原因とは

肌のターンオーバーはおよそ6週間で起こりますが、6週間以上かかったり、6週間よりも短い期間で肌が生まれ変わったりするなど、ターンオーバーが乱れることも少なくありません。

なぜ肌のターンオーバーが乱れるのか、主な原因について紹介します。

ライフスタイルの乱れ

肌のターンオーバーのサイクルが乱れる原因のなかで、特に深く関係しているのはライフスタイルです。

例えば、睡眠不足や過度なダイエット、精神的なストレスや栄養バランスの乱れた食事、冷え性、喫煙、過度のアルコール摂取、便秘、運動不足などが挙げられます。

生活習慣が乱れると、肌の代謝がスムーズに行われません。

結果、肌のキメが整わなくなったり、肌を保護する機能が低下して肌トラブルにつながります。

外部刺激

紫外線や空気の乾燥など、外部刺激によって肌の角質層が剥がれることがあります。

肌を守るために必要な細胞が剥がれると肌のターンオーバーのサイクルが短くなるため、肌表面に未成熟な細胞が出てしまい、乾燥肌などのトラブルを起こすことがあります。

肌のターンオーバーを整える方法

肌のターンオーバーを整える方法

肌トラブルを予防するためには、肌のターンオーバーを整えることが大切です。

肌のターンオーバーを整えるためのポイントを3つ紹介します。

紫外線対策をする

日焼け止めを塗ったり、日焼け止め効果があるメイク用品を使用しましょう。

紫外線の刺激から肌を守ることが大切です。

空気の乾燥を防ぐ

空気が乾燥する季節は加湿器を使用し、空気の乾燥による刺激を軽減することが大切です。

また、乾燥を実感している場合には、しっかりと保湿をすることも意識しましょう。

正しいスキンケアをする

スキンケアをする際には化粧水をたくさん使用し、必ず美容保湿クリームや乳液を使用しましょう。

保湿を徹底するためには、保湿効果が高い化粧水をたくさん使用する必要があります。

また、化粧水の使用方法もポイントです。

化粧水をコットンもしくは手に適量を出してから、乾燥している箇所には重ねづけをする必要があります。

乾燥しやすい箇所は人によって違いがあるため、どの部分のどこが乾燥しているのかは自分の感覚で判断しても問題ありません。

乾燥しているかもしれないと感じる部分は、入念にケアをしましょう。

さらに、化粧水で補給した水分が蒸発しないように、肌を保護するためにも美容クリームもしくは乳液をつけることが大切です。

肌のターンオーバーの仕組みを知って美肌を目指そう

肌のターンオーバーが乱れることによって、乾燥したり弾力やハリがなくなったり、くすみや毛穴、シミが目立ったりといったトラブルが起こります。

健康な肌を維持するために生活習慣の乱れを改善し、外部刺激を受けないように工夫して肌のターンオーバーを整えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました