ターンオーバーとお肌の関係性を知っておこう!

ターンオーバーとお肌の関係性を知っておこう! スキンケア

肌のターンオーバーについて、「およそ1ヵ月で肌が生まれ変わる」という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
しかし、肌のターンオーバーのサイクルは、生活習慣によって乱れてしまうことも珍しくありません。
そこで、肌のターンオーバーが乱れる原因と、美肌を維持するためにターンオーバーのサイクルを整える方法を紹介します。

肌とターンオーバーの関係性とは

インナードライになる原因

肌は、主に3つの組織に分かれていることが特徴であり、上から表皮、真皮、最も下にあるのが皮下組織です。
肌のターンオーバーとは、皮膚の最も上の「表皮の細胞」が生まれ変わることを指します。
まず、基底層で生成された細胞が細胞分裂を起こし、角質細胞に変化します。

次に、6週間程度で古い細胞が剥がれ、新しい細胞に生まれ変わるのです。
肌のターンオーバーのサイクルが変化することによって肌トラブルが起こり、肌のターンオーバーの乱れを実感することがあるでしょう。
なお、基底細胞は、角層細胞と同様のケラチノサイトと呼ばれるものですが、構造や形状が変化することから呼び方が異なります。

肌のターンオーバーが乱れる原因4つ

肌のターンオーバーが乱れる原因4つ

肌のターンオーバーが乱れる原因となる主な4つの習慣を紹介します。

喫煙

タバコを吸うことによって血行不良を起こすうえに、体内にあるビタミンCが壊れるため注意が必要です。
血行不良や美容に必要なビタミンCが失われることで、肌のターンオーバーが乱れます。

栄養バランスの乱れた食事

暴飲暴食や偏食、過度なダイエットによって栄養バランスが崩れた食事を続けていると、新陳代謝に必要な栄養素が摂取されない状況になり、肌のターンオーバーが乱れます。

さらに、過度の飲酒は体内の水分が失われるうえにビタミンB群を消費するため、ターンオーバーを整えるためにも極力アルコールの摂取を控えることも大切です。

寝不足

肌のターンオーバーは、寝ている間に活発に行われることが特徴です。
入眠後3~4時間経過するとノンレム睡眠に入り、新陳代謝が良くなります。
特に、新陳代謝が活発になる22時から深夜2時に就寝することが大切です。
また、精神的なストレスがかかると血行不良を起こし、肌のターンオーバーだけではなく睡眠の質にも悪影響を及ぼすため、ストレスを発散させることも意識しましょう。

誤ったスキンケア

肌がべたつくというだけで何度も洗顔をすると、肌を守るために必要な角質が洗い流されてしまいます。
そのため、肌のターンオーバーのサイクルが早くなり、未成熟な角質細胞が表面に出てしまうため注意が必要です。
また、熱いお湯を使って洗顔をすると、肌に強い刺激を与えることになるため注意しましょう。

肌のターンオーバーを整える方法

肌のターンオーバーを整える方法

肌のターンオーバーを整えるためには、日常生活のなかで意識すべきポイントがあります。
主な2つのポイントについて確認しておきましょう。

紫外線対策をする

出かける際には日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘を使ったりするなど、肌が紫外線の影響を受けないように意識しましょう。
紫外線の影響を受けると、肌のターンオーバーが乱れるだけでなく、シミやくすみ、そばかすのほか、肌の乾燥にもつながります。

肌の保湿をする

化粧水や乳液などを使用して、しっかりと肌に潤いを与えましょう。
化粧水を使用する際には、コットンを使う方法が有効です。
コットンを使うことによって、手で化粧水をつけるよりも、肌に化粧水を浸透させられる量が増えます。
手で化粧水をつけても肌に浸透しないわけではありませんが、コットンの方が効率的です。

また、肌にしっかり潤いを与えたい場合にローションマスクをするケースも多いでしょう。

化粧水の成分を浸透させるためには、手で化粧水を浸透させるよりもコットンが効率的であり、コットンよりもさらに効率的なのがローションマスクです。
ただし、コットンではなく手で化粧水を使った方が心地が良いと感じる場合や、コットンやローションマスクを使うと刺激を感じるという場合には、手で優しく化粧水を浸透させましょう。

生活習慣やスキンケア方法を見直して肌のターンオーバーを整えよう

普段の生活をするなかで、気付かないうちに肌のターンオーバーが乱れていることがあります。
栄養バランスの整った食事を取り、ストレスを溜め過ぎず、睡眠不足にならないようにライフサイクルを整えることが大切です。
肌のターンオーバーを整え、透明感のある健康的な美肌を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました