顔の紫外線対策はどうすればいい?日焼けを防ぐコツを紹介

顔の紫外線対策はどうすればいい?日焼けを防ぐコツを紹介 スキンケア

若々しい印象の見た目を維持するためには、まず顔の紫外線対策をする必要があります。

なぜなら、肌老化の80%は紫外線による影響といわれているからです。

正しい紫外線対策を続けることで、顔の日焼けをより防ぐことができ、肌を健やかに保てます。

紫外線が顔に与える影響と、具体的な紫外線対策について紹介します。

紫外線が顔に与える影響とは?

紫外線が顔に与える影響とは?

紫外線には、UVA、UVB、UVCという3つの種類があります。

UVAとUVBは肌に影響を与えますが、UVCは地表に届かないため肌に影響はないといわれています。

UVAは肌の真皮まで届き、ハリに必要なコラーゲンにダメージを与えるので、シワやたるみの原因になります。

一方UVBは、UVAよりも波長が短くて肌の表皮にダメージを与えるので、炎症や乾燥を引き起こすことがあるのです。

紫外線は春と夏だけでなく、秋や冬にも降り注ぎます。

紫外線を多く浴びると、メラニンが過剰につくられてシミに繋がることもあります。

曇りや雨の日でも紫外線の量はゼロにはならないため、顔の紫外線対策は毎日続けることが大切です。

顔の紫外線対策1.保湿ケアでバリア機能を保つ

顔の紫外線対策1.保湿ケアでバリア機能を保つ

紫外線によるダメージから顔を守るために、毎日のスキンケアで肌をしっかりと保湿しましょう。

人の肌には、紫外線や外的刺激から肌を守るバリア機能があります。

肌の水分が少なくて乾燥していると、バリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると、天然保湿因子や脂質が減ってしまい、さらに乾燥しやすくなって紫外線によるダメージを受けやすくなってしまうのです。

バリア機能の正常な働きを保つために、セラミドやスクワランなどの保湿成分が配合された基礎化粧品を使い、肌に潤いを与えましょう。

化粧水だけでなく、乳液やクリームも使って水分が逃げるのを防ぐことも大切です。

顔の紫外線対策2.日焼け止めを年中使う

顔の紫外線対策2.日焼け止めを年中使う

紫外線は空からだけでなく、地面から反射することもあるので、帽子や日傘だけでなく日焼け止めも使うことが大切です。

日焼け止めの選び方と塗り方について解説します。

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶときは、「PA」と「SPF」の数値をチェックしましょう。

PAはUVAを防ぐ効果を表す数値です。+から++++の4段階あり、+が多いほどUVAに対する高い防御効果が期待できます。

SPFはUVBを防ぐ効果を表す数値で、50+が最高値です。

真夏に海やレジャーを楽しむときは、PAとSPFの数値が高いものがおすすめです。

散歩に行く程度のときは、SPF30でPA+++でも紫外線による顔の日焼けを防ぐことができます。

日焼け止めは、季節や目的にあわせて適切な数値のものを選びましょう。

日焼け止めの塗り方

紫外線は窓を通って室内にも入ってくるため、出かける直前ではなく朝のスキンケアの後に塗ることをおすすめします。

  1. 日焼け止めを両頬、額、鼻、あごに置く
  2. 両頬や額などの面積が広い部分から順に、指の腹をつかって日焼け止めを優しくのばす
  3. まぶたや小鼻、フェイスラインにも丁寧に塗る
  4. 顔全体になじませた後は、再度同じように重ね付けをする

日焼け止めは、汗や皮脂などで落ちてしまう可能性があるので、2時間おきに塗り直すことが望ましいです。

仕事などで塗り直すことが難しい場合は、スプレータイプやルースパウダータイプのUVケアアイテムを使うことをおすすめします。

顔の紫外線対策をして若々しい印象の肌を維持しよう

紫外線によるダメージは、顔の見た目の印象に影響を与えます。

紫外線は季節や天候に関係なく降り注ぎます。

潤いやハリのある肌を維持するためにも、紫外線対策を年中続けることが大切です。

保湿ケアをしてから日焼け止めを塗り、紫外線から顔を守りましょう。

日焼け止めは、季節や目的にあう数値のものを選ぶことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました