ターンオーバーを整える方法!肌荒れを防いで美肌になるためのコツ

ターンオーバーを整える方法!肌荒れを防いで美肌になるためのコツ スキンケア

肌のターンオーバーのサイクルを整えることは、美肌を目指すこと、健康な肌を維持することにつながります。

しかし、肌のターンオーバーとはどのようなことを指すのか、美肌作りにどのように関係しているのか、詳しく知らないという人もいるでしょう。

そこで、肌のターンオーバーと美肌作りとの関係性、肌のターンオーバーを整える方法について詳しく解説します。

肌のターンオーバーの仕組みとは

肌のターンオーバーの仕組みとは

「肌のターンオーバーのサイクルが乱れることで肌トラブルを起こす」という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

肌のターンオーバーの周期と美肌の関係性を知るためには、ターンオーバーの仕組みを理解することが大切です。

肌の組織は、肌の表面から表皮、次に真皮、最も下に皮下組織があります。

肌のターンオーバーは、皮膚組織の最も上の「表皮」で肌の細胞が生まれ変わることです。

まず、基底層でケラチノサイトと呼ばれる細胞が細胞分裂を起こし、角層細胞に変化します。

肌のターンオーバーが起こり、一定の周期で古い角質細胞が表面に押し出されて剥がれるのです。

肌のターンオーバーによる細胞の生まれ変わりを実感するのは難しいですが、肌トラブルが起きることによってターンオーバーの周期が乱れていることを実感することはあります。

肌のターンオーバーの周期を整える方法

肌のターンオーバーの周期を整える方法

肌トラブルが起こり、肌のターンオーバーサイクルが乱れていると感じた場合には、サイクルを元に戻す必要があります。

肌のターンオーバーの周期は、栄養バランスと睡眠の質、スキンケア方法の3つを意識することが大切です。

それぞれ重要なポイントについて紹介します。

栄養バランスが整った食事を摂る

栄養バランスが整った食事を摂ることで、肌のターンオーバーの周期を整えることにつながります。

日本人の食事の中で不足している栄養素として、たんぱく質や鉄分、ビタミンBが挙げられます。

タンパク質は大豆や卵・肉から、鉄分はほうれん草から摂取でき、ビタミンBはにんにくや豚肉、鶏肉から摂取することが可能です。

特に卵はタンパク質が豊富に含まれており、価格も安いため食事に取り入れやすいでしょう。

食材から栄養素を摂取することが理想ですが、難しい場合には必要な栄養素をサプリメントで補給する方法も有効です。

病院で相談してから、摂取するべきサプリメントを教えてもらうのも良いでしょう。

睡眠の質を向上させる

睡眠については、肌のターンオーバーを整えることと深い関係性があります。

肌のターンオーバーを整えるためには睡眠の質を向上させることが大切です。

そのため、可能であれば22時頃にはベッドに入りましょう。

22時~深夜2時は細胞肌と肌代謝が活発に行われる時間帯のため、深い眠りについていることが理想です。

また、就寝前は神経を落ち着かせる必要があります。

ブルーライトによって交感神経が刺激されるため、スマートフォンやパソコンの操作、テレビの鑑賞は20時までにしましょう。

さらに、カフェインによって脳が活性化されることを予防するため、夕方以降はカフェインを摂取しないこともポイントです。

すべてを行うことが難しい場合は、どれか1つでも実践しましょう。

正しいスキンケアをする

スキンケアをする際には、保湿を重視するだけではなく正しい方法で洗顔することも大切です。

洗顔をする際には、熱いお湯を使用したり1日に何度も洗顔をしたりせず、可能な限り肌に刺激を加えないようにします。

また、乾燥が気になる箇所はターンオーバーの周期が乱れやすいため注意しましょう。

ぬるま湯を使い、朝と夜に丁寧な洗顔と保湿ケアをして、乱れたターンオーバーの周期を整えることが重要です。

肌のターンオーバーを整えるために生活習慣とスキンケアの見直そう

肌のターンオーバーはおよそ28日周期で起こっていますが、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアによってターンオーバーの周期が乱れます。

スキンケアの見直しや、栄養バランスの整った食事を摂ること、ライフサイクルを整えることも意識しなければなりません。

日常生活で実践できることからチャレンジし、美しい肌を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました