化粧下地と日焼け止めの正しい順番は?効果的に紫外線をカットしよう

化粧下地と日焼け止めの正しい順番は?効果的に紫外線をカットしよう メイク

化粧下地と日焼け止めは、塗る順番に気をつけることで適切なUVケア対策が行えます。

塗る順番を間違えがちになる美容アイテムでもあるので気をつけましょう。

今回は、日焼けを気にする人必見、化粧下地と日焼け止めの正しい塗る順番についてご紹介いたします。

化粧下地と日焼け止めの塗る順番!基本について

化粧下地と日焼け止めの塗る順番!基本について

メイクは「スキンケア」「日焼け止め」「化粧下地」の順番に行うことが大切です。

「スキンケア」で肌に潤いを与えたあと「日焼け止め」で紫外線対策を行います。

「化粧下地」で肌の明るさを整えたあと、最後に「ファンデーション」を塗る流れです。

メイクの順番を守ることで、化粧崩れを防ぐ期待も持てるでしょう。

とはいえ、化粧下地、日焼け止めの塗る順番には例外があります。

パウダー・スプレータイプの日焼け止めの場合、すべてのメイクを終えた後に使うことが推奨されます。

化粧直しを行う際にも大活躍するアイテムです。

クリーム・液体タイプの日焼け止めは、化粧下地の前に使うようにしましょう。

化粧下地と日焼け止めの塗る順番!おすすめの塗り方について

化粧下地と日焼け止めの塗る順番!おすすめの塗り方について

化粧下地と日焼け止めは、アイテムの特徴を理解した上で、使い分けていくことが大切です。

化粧下地は、肌を保護、ファンデーションのノリを良くする働きがあります。

日焼け止めは、紫外線のUVケア対策が行えます。

最終的に、肌を保護する役割をもつ「化粧下地」を「後」に塗った方が良いと言えるでしょう。

スキンケアの保湿を怠ることで、肌の水分量も減少しやすく、乾燥肌を引き起こします。

化粧下地と日焼け止めを塗る際は、十分なスキンケアが必須です。

保湿を終えた後、肌がもちっとしたツヤの良い触感を覚えるならOKサインと受け取れます。

スキンケアアイテムは、保湿が期待できる「コラーゲン」「ヒアルロン酸」の成分が配合されたものを選んでください。

日焼け止め、化粧下地を顔全体に丁寧に塗ることも大切です。

特に日焼け止めは、塗り残しがある際、肌が焼けてしまう原因にもなります。

アウトドアの予定がある際は特に、念入りに塗り込みたいところです。

化粧下地と日焼け止めを「おでこ」「頬」「鼻」「あご」の位置に適量置き、外側にかけて塗ることも大切です。

あまりが出た部分は、少ない量のポイントに持っていく方法がおすすめと言えます。

化粧下地と日焼け止めの塗る順番!おすすめのアイテムとは

化粧下地と日焼け止めの塗る順番!おすすめのアイテムとは

化粧下地と日焼け止めが一体化した美容アイテムは、塗る順番を気にする必要がありません。

化粧にかける時間を短縮したい方におすすめです。

「オールインワン化」したアイテムは、スキンケアの後に使うことができます。

その後、ファンデーションを重ね塗りして、メイクの一連が完成です。

紫外線対策を念入りに行いたい方は、化粧下地と日焼け止めは、別々になったアイテム選んでください。

アイテムごとの特徴を、最大限に生かしやすくなります。

日焼け止めのSPFの数値が50に近いアイテムほど、紫外線対策が期待できます。

敏感肌の方は、低刺激のSPF数値が低いもの、無香料・無着色のアイテムを手にとる方法がおすすめです。

乾燥肌の方は、肌に潤いを与える「コラーゲン」「ローヤルゼリーエキス」が配合されたアイテムがぴったりです。

ブルーライト、大気汚染も防止するアイテムもあります。

日焼け止めはアイテムごとに、香りにも特徴があります。

石鹸で落とせるタイプのものも多く、普段使いのメイク落としを利用することが可能です。

もともと色白の方は「白くなりにくいタイプ」日焼け止めを選びましょう。

化粧下地と日焼け止めを正しく使うことで、肌に馴染みが良いメイクに仕上げることが可能です。

化粧下地と日焼け止めの正しい塗る順番で「メイク崩れ」を助ける

メイクを行う順番は「スキンケア」「日焼け止め」「化粧下地」「ファンデーション」となります。

正しい塗る順番で行うと、メイク崩れを防ぐ期待が持てます。

化粧下地と日焼け止めが一つになった美容アイテムもあるので、忙しい朝に使い分ける方法もおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました