スキンケアにはバリア機能を意識しよう!うるおい美肌になるためには

スキンケアにはバリア機能を意識しよう!うるおい美肌になるためには スキンケア

肌のバリア機能を良好な状態に保つためには、適切なスキンケアが欠かせません。

肌をすこやかな状態に保つことで、肌トラブル・化粧くずれを防ぐメリットがあります。

今回は、スキンケアとバリア機能の関係性、うるおい美肌を目指すためのポイントについてご紹介いたします。

バリア機能とスキンケアの関係性について

バリア機能とスキンケアの関係性について

バリア機能は、ほこりやカビが侵入するのを防ぐ、肌の角層にあたる部位の機能を指します。

指で肌に触れた時に、感触を覚える部分が角層となります。

バリア機能が低下することで「肌に痒みが生じる」「炎症が起こる」など、肌トラブルを引き起こしやすいです。

肌を良好な状態に保つことで、肌にうるおいを与えられるほか、化粧ノリも良くなるメリットがあります。

バリア機能を整えるためには、適切なスキンケアを行うことが大切です。

バリア機能の大敵は「乾燥」と言えます。

肌の水分量が減るごとに、外から加わる刺激を敏感に察知するようになります。

細菌も、バリア機能を通り抜けやすくなるため、湿疹やニキビができることもあるでしょう。

雑なスキンケア、自身にあっていない保湿を行っている方も注意が必要です。

バリア機能を良好な状態に保つためには、習慣的に行う「洗顔」「保湿」のスキンケアが重要となります。

バリア機能とスキンケア!良いお肌を目指すためのポイント

バリア機能とスキンケア!良いお肌を目指すためのポイント

バリア機能を良好な状態に保つためには、丁寧な「洗顔」十分な「保湿」を行うことが大切です。

洗顔は、ぬるま湯で行う方法がおすすめです。

暑すぎるお湯は、肌が乾燥しやすい状況を作ります。

洗顔フォームも、しっかり泡だてて使うようにしましょう。

スキンケアの時間を短縮したい方こそ、最初から泡タイプで出てくる洗顔アイテムがおすすめです。

顔についた水滴は、清潔なタオルで優しく拭くようにしてください。

洗顔をした後すぐ、肌に潤いを与える保湿を行うことが大切です。

肌が乾燥しやすいタイミングでもあるため、素早い行動が重要となります。

「化粧水」「美容液」「乳液」の順番でスキンケアを行いましょう。

「化粧水」「美容液」で肌に潤いを与えた後、肌の水分量を蒸発させない「乳液」が必須となります。

バリア機能の低下は、紫外線が原因となる場合があります。

日焼け止めもきちんと塗るようにしましょう。

季節問わず紫外線は確認できるため、冬の時期でもしっかりつけるようにしてください。

「スキンケア」「日焼け止め」「化粧下地」の順番でメイクをする流れが一般的です。

外出する際は、必要に応じて日傘や長袖の衣類を使用する方法がおすすめです。

バリア機能とスキンケアは密な関係にあります。

自身に合うスキンケアをしっかり行うようにしましょう。

バリア機能とスキンケア!敏感肌の方が気をつけたいこと

バリア機能とスキンケア!敏感肌の方が気をつけたいこと

敏感肌の方は「少しの刺激で肌が痒くなる」「肌あれを起こしやすい」傾向が高いです。

もともと敏感肌の方は、バリア機能が低下することで、さらに肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

肌を軽くかく時に、ボロボロと皮ムケが起こることも考えられます。

敏感肌の方が、バリア機能を整える場合、低刺激の化粧水を使うようにしましょう。

アルコールフリー、無香料、無着色のものは、肌の刺激を抑えてくれる特徴があります。

「敏感肌用」と謳っている化粧品も多いです。

ネットの口コミを見ることで、敏感肌の方が使って良いと感じた化粧アイテムも探し出すことができます。

バリア機能を低下させる原因は乾燥と言えます。

十分な肌の保湿を行い、皮膚をすこやかな状態に保っていきましょう。

特に夜寝る前の保湿は、朝以上に丁寧に行っていきたいところです。

肌がカサつくたびに、追加で潤いを与えられるミストタイプの化粧水も手元に控えておくことをおすすめします。

バリア機能とスキンケアは密な関係!保湿に力を入れていこう

バリア機能を良好な状態に保つためには、自身に合う、毎日のスキンケアが欠かせません。

肌の乾燥こそ、バリア機能の低下につながりやすいため、洗顔の後の保湿は力を入れるようにしましょう。

「化粧水」「美容液」の後に「乳液」を重ねて塗ることで、水分量の蒸発も防いでくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました