化粧水の選び方のコツ!自分の肌特性に合ったものを見つけよう

化粧水の選び方のコツ!自分の肌特性に合ったものを見つけよう スキンケア

化粧水は毎日使う美容アイテムのため、選び方も自身に合うものを見つけていきたいところ。

肌を整えるために、保湿がしっかり行えるアイテムがおすすめです。

今回は、化粧水の選び方、自身の肌質に合ったアイテムを選ぶためのポイントについてご紹介いたします。

化粧水の選び方!種類について知っておこう

化粧水の選び方!種類について知っておこう

化粧水の種類は、さまざまなタイプのものが確認できます。

「肌にうるおいを与える」保湿を重視したものから「美白成分が含まれている」エイジングケアに一役買うアイテムなどです。

「皮膚を引き締める」「メイクの汚れを落とす」など、アイテムごとに効果も異なります。

幅広く売られている化粧水は「肌にうるおいを与える」保湿効果が期待できます。

「ヒアルロン酸」「グリセリン」「コラーゲン」などの成分が含まれていることが多いです。

肌をやわらげるため、美容液や化粧下地を塗る上でも、浸透しやすくなるメリットもあります。

肌の乾燥を防ぐ、皮膚をすこやかな状態に保つ特徴を持ちます。

スキンケアを行う上でも欠かせない美容アイテムです。

「美白成分が含まれている」美白化粧水は、UVケア対策も行います。

そばかす・シミがコンプレックスの方におすすめです。

「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」などの成分が含まれています。

「皮膚を引き締める」吸れん化粧水は、毛穴の開きをカバーしてくれます。

オイリー肌の方に向いていると言えるでしょう。

「メイクの汚れを落とす」ふき取り化粧水は、余分な皮脂の汚れを取り除く特徴があります。

洗顔フォームで落とし切れない汚れを、拭き取るサポート型の美容アイテムです。

スキンケアの時間が十分に取れない方に向いています。

化粧水の選び方!自身の肌質に合ったものを選ぼう

化粧水の選び方!自身の肌質に合ったものを選ぼう

化粧水は、自身の肌質を考慮した上で、肌の悩みをカバーするアイテムを選ぶことが大切です。

乾燥肌の方は「保湿」に力を入れている化粧水を手に取りましょう。

みずみずしい感触のものより、とろみがあるアイテムの方が、肌の各層まで届く期待が持てます。
たっぷり使える大容量サイズを購入するのもおすすめです。

敏感肌の方は「アルコールフリー」「無着色」「無香料」のアイテムを購入してください。

強い刺激の化粧水を使い続けると、肌トラブルを起こす恐れがあります。

乾燥肌とオイリー肌、混合する肌質の方は、刺激が少ないオーガニックな化粧水を選んでください。

肌トラブルを防ぎつつ、皮膚をすこやかな状態に保ちます。

化粧水の選び方!年代別おすすめのアイテム

化粧水の選び方!年代別おすすめのアイテム

20代の方におすすめの化粧水は、さっぱりしたつけ心地がする「大人ニキビ・肌荒れ」をカバーするアイテムです。

「高精製ワセリン」が配合された化粧水となります。

化粧ノリがアップする期待があります。

30代の方におすすめの化粧水は、肌にハリを与える「プロテオグリカン」が含まれたアイテムです。

保湿の質にこだわったアイテムを重視してください。

40代の方におすすめの化粧水は、シミを防ぐとされる「アルブチン」が含まれたアイテムです。

エイジングケア対策も行える、美容アイテムを購入するようにしましょう。

古い角質を取り除く、拭き取りタイプもぴったりです。

50代の方におすすめの化粧水は「肌にうるおいを与えて水分量を保護する」アイテムです。

肌にスッと入っていくつけ心地を重視したいところ。

肌の悩みを感じるポイントに重点的に塗るために、重ね塗りができるアイテムを選ぶようにしましょう。

化粧水の選び方!年齢と肌質を考慮した上でベストなものを選ぼう

化粧水の選び方は、特徴を理解した上で、肌質・年齢に寄り添うアイテムを手に取ることが大切です。

乾燥肌の方は「肌にうるおいを与える」保湿の質に力を入れたものを購入してください。

敏感肌の方は、刺激が強いアイテムは避けましょう。

自身に合う化粧水を使うことで、メイクのりも良くなる期待が持てます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました