化粧水の使い方は正しい?効果発揮のために基本手順をおさらい!

化粧水の使い方は正しい?効果発揮のために基本手順をおさらい! スキンケア

毎日のスキンケアに必須の化粧水、正しい使い方から、肌を良好な状態に保つことができます。

化粧ノリを良くする、透明感アップを目指しましょう。

今回は、化粧水の使い方をおさらいしたい方必見、効果発揮のための基本手順についてご紹介いたします。

化粧水の使い方の基本について

化粧水の使い方の基本について

化粧水の使い方として、まずは皮膚にうるおいを与える役割を知っておくことです。

肌を良好な状態に保つためには、十分な水分量の保湿が欠かせません。

高級な化粧水を購入して「もったいないから」と、限られた量のみ使う方法は本末転倒です。

適量以上、手に取りましょう。

肌荒れを防ぐ、バリア機能を整える効果も期待できます。

化粧水は、お風呂上がりのスキンケア、メイクを行う前のお手入れに重要なアイテムです。

誤った付け方を行ってしまうと、効果を発揮することができません。

化粧水は、手のひらであたためた方が、肌になじみやすくなります。

メイク崩れを防ぎたい方は、人肌にあたためてから付けるようにしましょう。

手でつける方が多いですが、コットンを使用しても構いません。

コットンは気になる肌のポイントに、重点的にうるおいを与えられます。

しかし、敏感肌の方は、コットンの刺激により、肌がひりつくことがあるので注意が必要です。

みずみずしいタイプの化粧水は、つけ心地が良いですが、質の高い保湿は期待しにくいです。

乾燥肌の方は、とろみがある化粧水をつけるようにしてください。

化粧水は、顔全体に満遍なくつけてあげることが大切です。

基本中の基本、鏡を見ながらスキンケアを行いましょう。

化粧水は肌を良好な状態に保つために、重要な役割を占めている美容アイテムです。

化粧水の使い方!気をつけるポイントについて

化粧水の使い方!気をつけるポイントについて

化粧水を使う上で気をつけるポイントは、指にグッと力を入れないことです。

肌はデリケートな部分のため、力を入れずに優しく触れてあげる必要があります。

「他の人の肌に触れている」「赤ちゃんの肌に触れる意識」を持つと、自然と丁寧な手つきになります。

化粧水を使う際、髪の毛をしっかりまとめて、おでこを出すことも大切です。

1、2本髪の毛がおでこに垂れているだけでも、塗る上で邪魔になりやすいです。

細かく手のひらを動かしにくいデメリットもあります。

化粧水は一度にたっぷりの量を使うより、複数回にわけて肌につけるようにしてください。

手のひらに追加で出す形が望ましいです。

肌になじみやすく、無駄な量を使うこともありません。

化粧水の使い方!さらに高めて使い方へ

化粧水の使い方!さらに高めて使い方へ

化粧水を高めて使いたい方は、塗る順番にも意識を向けることが大切です。

「頬」「おでこ」部分に化粧水を置いて、外側にかけて優しく伸ばしていきましょう。

「鼻の横」「目の下」など、凹凸となる場所は、念入りにつけるようにしましょう。

丁寧に両手で包み込むイメージを持ってください。

一度のみで塗り込むのではなく、細かい手のひらの動きが必要となります。

小じわ、黒ずみなど、肌の悩みを感じるポイントも重点的に塗るようにしましょう。

途中で化粧水が足りなくなったら、その都度手に取ってください。

朝よりも夜のスキンケアを重点的にする方法もおすすめです。

1日頑張った肌を、癒してあげるようにしましょう。

最後に、化粧水を肌に浸透させるように、全体を軽く手のひらで抑えてください。

化粧水のみで、うるおいを保たず、乳液で保護してあげることも忘れずに。

化粧水を高めて使いたい場合、習慣的かつ、丁寧なスキンケアが必須となります。

化粧水の使い方!人肌温度にあたためることが大切

化粧水の正しい使い方は、手のひらであたためてあげることです。

適温よりも、肌に馴染みやすい特徴があります。

顔の内側から外側にかけて、塗り込むようにしましょう。

気になるポイントは重点的につけていきたいところです。

化粧水の正しい使い方を知ることで、肌トラブルを防ぎやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました