ファンデーションの選び方!正しいポイントを知って自分に合うものを

ファンデーションの選び方!正しいポイントを知って自分に合うものを メイク

ファンデーションの選び方は、自身に合うものを使うと、化粧くずれを防ぐメリットがあります。

ファンデーションの特徴・種類を知った上で、適切なアイテムを選んでいきましょう。

今回は、ファンデーションの選び方のポイント、気をつけることについてご紹介いたします。

ファンデーションの選び方!種類を知っておこう

ファンデーションの選び方!種類を知っておこう

ファンデーションの種類はたくさんあります。

「パウダータイプ」のファンデーションは、さらさらしたつけ心地が特徴的です。

肌のテカリをカバーしてくれるほか、メイクのよれを直しやすいメリットがあります。

「リキッドタイプ」のファンデーションは、油分が多いため、伸びが良く、肌になじみやすい部分が特徴的です。

毛穴の開きや黒ずみなどの肌の悩み対策にも一役買う期待が寄せられます。

「クリームタイプ」のファンデーションは、ニキビ跡、そばかすのカバー対策にぴったりです。

保湿の質が高いと言えるため、肌をすこやかな状態に保てます。

「ミネラルタイプ」のファンデーションは、低刺激な部分が特徴的です。

メイクは石鹸で落とせます。

コントロールカラーを巧みに使い分けることで、自然体な肌に見せられます。

ファンデーションの選び方!選び方のポイント

ファンデーションの選び方!選び方のポイント

ファンデーションは、アイテムごとの特徴を知った上で、使い分けるようにしてください。

「パウダータイプ」のファンデーションは、さらっとしたつけ心地が特徴的のため、オイリー肌の方におすすめです。

夏場の汗をかきやすい時期などにも、大活躍する予感があります。

メイク崩れも、さっと直せる利点があるので、持ち運ぶのにもちょうど良いです。

「リキッドタイプ」のファンデーションは、メイク崩れを防いでくれるため、アウトドアの予定がある方におすすめです。

少量でも伸びが良いアイテムを探している方にも向いています。

同じブランドの化粧下地を使うことで、さらにカバー力が発揮できる予感があります。

「クリームタイプ」のファンデーションは、肌トラブルの悩みを抱えている方におすすめです。

くまが目立つ、ニキビ跡がなかなか治らない方にぴったりです。

粉が吹きやすいなど、乾燥肌の方もすすんで手に取りたいところ。

絶対に外したくない大事な用事があるときにも大活躍することでしょう。

「ミネラルタイプ」のファンデーションは、敏感肌の方におすすめです。

肌を優しく包んでくれるため、一度使ったら手放せない方も多いでしょう。

メイクは、クレンジングを使わずとも、石鹸で落としやすいメリットもあります。

ファンデーションは、肌質、季節、状況に応じて使い分ける方法がおすすめです。

ファンデーションの選び方!気をつけるポイント

ファンデーションの選び方!気をつけるポイント

ファンデーションは、自身の肌質に合う色味のアイテムを選びましょう。

イエローベースの方は「ベージュ」ブルーベースの方は「オークル」を選ぶ方法がおすすめです。

合わない色味のファンデーションをつけると、変に浮き出て見えることがあります。

自身に合うカラーがわからない方は、美容のプロに聞くようにしましょう。

ファンデーションを必要以上に顔に塗りすぎないことも大切です。

色ムラができる原因になります。

シミや毛穴の開きなど、肌のカバーしたい部分にはコンシーラーを使用しましょう。

肌質は、年齢や生活習慣に応じて変化するものです。

いつも使っているファンデーションも、突然肌に合わなくなる場合があります。

状況によっては、複数のアイテムを使い分けすることもあるでしょう。

肌トラブルの悩みに合わせて、臨機応変に対応していきましょう。

ファンデーションの選び方!肌質に合うアイテムを使おう

ファンデーションの選び方は、自身の肌質を考慮した上で、肌トラブルをカバーするアイテムを手に取りたいところです。

ファンデーションは、化粧をする上で土台となる部分でもあります。

敏感肌の方は、低刺激タイプのアイテムをすすんで購入していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました