老化の原因『糖化』とは?アンチエイジングのための基礎知識

老化の原因『糖化』とは?アンチエイジングのための基礎知識 スキンケア

人の体で起こる「糖化」は「老化」の原因につながる恐れがあるため注意が必要です。

糖化につながりやすい行動を、日常的に取っている方は、若々しい見た目を保つことが難しくなります。

今回は、老化の原因となる糖化とは、アンチエイジングのための基礎知識についてご紹介いたします。

老化の原因となる糖化とは?基本について

老化の原因となる糖化とは?基本について

糖化とは「たんぱく質と脂質」が「糖」と結びつくことで、反応することを指します。

ソーセージやホットケーキなど、調理過程で焼くことがある食べ物に「糖化」は多いと言えます。

目に見える反応では、黒いコゲがつく部分が印象的です。

老化の原因となる糖化は、食べ物に起こりうる反応が、人の体にも発生している状態となります。

糖化による老化は、肌のたるみ、シミ、シワに表れることが多いです。

顔色が暗く見えてしまうことも挙げられます。

骨粗しょう症、アルツハイマーの病気につながる危険性もあるため注意が必要です。

糖化につながりやすい行動は、美容・健康のためにも控えていきたいところです。

老化の原因となる糖化!チェックに当てはまりやすい人

老化の原因となる糖化!チェックに当てはまりやすい人

糖化を起こしやすい人は、運動不足な方です。

座りっぱなしの仕事をしている、食べた後すぐに横になる方は、注意が必要です。

スイーツや甘いジュースなど、糖質が多く含まれている食べ物が好きな方も当てはまります。

クッキーやベーコンなど、焼く過程が印象的な料理を好む方も気をつけてください。

ストレスが溜まると、つい暴飲暴食で気持ちを発散させていたりはしないでしょうか。

学生の頃はスポーツをしていたけど今はやっておらず、食事の量は変わってない方も気をつけていきましょう。

野菜は食べる習慣がない方も、糖化が進んでいる可能性があります。

日々の食生活を振り返りたいところです。

老化の原因となる糖化防止に!おすすめ対策方法とは

老化の原因となる糖化防止に!おすすめ対策方法とは

糖化防止におすすめの対策は、食生活を見直すことです。

GI値、いわゆる血糖値をあげにくいとされる食品を意識して摂取していきましょう。

GI値が「低い」食品を購入することが大切です。

「玄米」「りんご」「マグロ」「レタス」「牛乳」「味噌」「しいたけ」「プレーンヨーグルト」「全粒粉のパスタ」などが挙げられます。

反対にGI値の高い食品は「食パン」「ジャガイモ」「苺ジャム」「もち」「うどん」「チョコレート」となります。

脂っこいもの、甘いもの、炭水化物は食べ過ぎないようにしましょう。

特に、夜の食事は、昼より控えめな量を意識してください。

あとは寝るだけとなるため、食事制限も行いやすいです。

必要以上の食べ物を家にストックしておく方法もおすすめできません。

ついつい食べてしまいたくなります。

目に見える場所に置いておく場合、なおさら手も伸びやすいです。

物理的な我慢を強いる状況を作る上でも、買いすぎには気をつけましょう。

料理の方法をいつもと変えるテクニックもおすすめです。

糖化は「焼く」ことで起こりやすくなります。

「茹でる」「蒸す」調理過程は、糖化することを防ぎます。

例として、肉料理は焼肉よりもしゃぶしゃぶの方がヘルシーと言えるでしょう。

高温調理を避けてください。

運動不足解消のために、筋トレ・ジョギングも行いましょう。

座りっぱなしにならないように「体を動かす」ことを意識してください。

血糖値が上がりやすくなることをおさえます。

食事をしたあとは、すぐに横にならないように、気をつけるだけでも良いです。

老化の原因となる糖化防止を行うには、日常的に取り組める、生活習慣を変える方法がおすすめです。

老化の原因となる糖化!対策には食生活を見直そう

老化の原因につながる糖化、日頃の生活習慣を整えることで、改善を目指すことができます。

GI値が低い、いわゆる血糖値をあげにくいとされる食品を好んで手に取るようにしましょう。

日々の適度な運動も、糖化防止に一役買います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました