コラーゲンは髪のケアに有効?髪の美しさと健康を保つために

コラーゲンは髪のケアに有効?髪の美しさと健康を保つために スキンケア

コラーゲンは、お肌にハリを与えたい方におすすめとしたイメージがありますが、髪のケアにも一役買うことができます。

食事、サプリメントを適切に摂取することが大切です。

今回は、髪の悩みを持つ方必見、髪のケアとコラーゲンの関係性についてご紹介いたします。

コラーゲンは髪のケアに有効?基本について

コラーゲンは髪のケアに有効?基本について

コラーゲンは、身体の中で重要な役割を占めている物質です。

体内にあるたんぱく質およそ20%のうち、およそ30%ほどで構成されていると言われています。

肌の内側にある真皮では、およそ70%のコラーゲンが確認できます。

真皮は、頭皮とも深い関わりがあるため、髪のケアを行う上で重要です。

コラーゲンは、肌のハリのみではなく、爪、髪に対しても良いとされる物質です。

「細胞を結びつける」役割があるため、組織を整える効果が期待できます。

体内にあるコラーゲンは、30歳前後から、徐々に減少していくと言われています。

30代前半から、髪のツヤが減少する方も多いことでしょう。

髪のケアに力を入れていきたい方は「コラーゲン」に注目していきたいところです。

コラーゲンは髪のケアに有効?おすすめの摂り方

コラーゲンは髪のケアに有効?おすすめの摂り方

コラーゲンは、食材から摂取することができます。

肉類の場合「牛すじ」「豚レバー」「鶏もも肉」「豚スペアリブ」「鶏軟骨」が豊富となります。

魚介類の場合「うなぎ」「ハモ」「しらす干し」「サケ」「さんま」です。

肉類よりも魚介類の方が、コラーゲン量は多いと言えます。

毎日の食事から、コラーゲンを効率的に摂取することが可能です。

コラーゲンと一緒に摂ると良い成分は「たんぱく質」「ビタミンC」と言えます。

肌をすこやかな状態に保ちやすく、化粧ノリも良くなります。

たんぱく質は「生ハム」「きな粉」「チーズ」から摂取することが可能です。

ビタミンCは「ピーマン」「ブロッコリー」「キウイフルーツ」となります。

コラーゲンと一緒に摂るのを避けたい成分は「糖質」です。

オイリー肌になったり、顔が疲れて見えたりすることがあります。

糖質は「さつまいも」「じゃがいも」などに豊富に含まれています。

コラーゲンを補うために、サプリメントを飲む方法もおすすめです。

サプリメントの中には「コラーゲン」と「コラーゲンペプチド」の2種類の成分が含まれたものが確認できます。

「コラーゲン」は分子が大きい部分が特徴的です。

髪のケアを行うためには、体内で吸収しやすい「コラーゲンペプチド」の成分が含まれたサプリを選ぶようにしましょう。

含まれている成分については、パッケージの裏面に記載されていることが多いです。

ちなみに「コラーゲンペプチド」は食品には、少量のみしか含まれていません。

コラーゲンは髪のケアに有効?メリットについて

コラーゲンは髪のケアに有効?メリットについて

コラーゲンは、髪のケアに良い影響を及ぼす可能性があります。

髪の毛が1本1本、コシのあるものに変化しやすい部分は特徴的です。

コラーゲンは、髪の生え際が薄くなってきた、ボリュームのあるヘアスタイルにしたい方におすすめと言えます。

ヘアカラーを繰り返し行っている方も、意識して摂取したいところです。

髪を手に通した時に「なめらかな」な感触がします。

ボリュームがあるのにまとまりもあるため、朝の支度も簡単です。

コラーゲンは、髪のケア以外にも、たくさんのメリットがあります。

爪が丈夫になるので割れにくくなるメリットもあります。

傷が治りやすいため、肌トラブルも防ぐ期待が持てるでしょう。

ツヤの良い髪質を目指す上で「コラーゲン」は重要な役割を占めています。

健康的な髪質を目指したい方、若々しい髪の指通りを手に入れたい方は、参考にしてください。

コラーゲンは髪のケアをカバーする!食品から摂っていこう

髪のケアに良いとされるコラーゲンは「牛すじ」「うなぎ」などの食品から摂取することができます。

サプリでは「コラーゲン」より「コラーゲンペプチド」が配合されたものを選ぶようにしましょう。

髪を太く、なめらかな手触りにしたい方におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました