コラーゲンと肌の関係とは?キレイで健康的な肌づくり

コラーゲンと肌の関係とは?キレイで健康的な肌づくり スキンケア

コラーゲンは、美容の面から「肌に良い」とする印象を、持っている方も多いのではないでしょうか。

コラーゲンの具体的な特徴、メリットについても詳しく知っていきたいところです。

今回は、健康的な肌づくりを目指すために、コラーゲンと肌の関係性についてご紹介いたします。

コラーゲンと肌の関係とは?基本について

コラーゲンと肌の関係とは?基本について

コラーゲンは肌以外にも、体内のいたるところに存在が確認できる物質です。

骨や爪や血液などが挙げられます。

コラーゲンはたんぱく質のひとつとした特徴があります。

役割としては、細胞を結びつける・支えるなどです。

コラーゲンは3つの型にわけることができます。

「Ⅰ型」「Ⅱ型」「Ⅲ型」と分類されています。

「Ⅰ型」は、体内のあらゆる箇所に確認できる、主成分的存在です。

「Ⅱ型」は、上皮細胞をつなげる役目をもちます。

「Ⅲ型」は、肌の表側、裏側を結合する重要な役割があります。

コラーゲンは、肌のハリをカバーするために必要な物質です。

劣化することで、老化につながる恐れがあります。

平均的な成人女性の中に、コラーゲンはおよそ3kg含まれていると言われています。

皮膚の内側にあたる「真皮」には、およそ70%もののコラーゲンが確認できます。

コラーゲンは30代前後から減少していく傾向があるため注意が必要です。

適切な対処方法を取らないと、肌がくすんだり、たるみが目立ったりするようになります。

食事やサプリから、コラーゲン成分を補う必要が出てくると言えるでしょう。

コラーゲンと肌の関係とは?効果・影響について

コラーゲンと肌の関係とは?効果・影響について

コラーゲンが豊富にあると、肌を良好な状態に保ちやすいです。

肌にうるおいを与えて、乾燥を防ぐメリットがあります。

肌にハリを与えるため、皮膚のひきしめ対策も期待できます。

人によっては、明るい顔色に見えるため、年齢以上に若く見られることもあるでしょう。

化粧のりが良くなる特徴も見受けられます。

ふっくらと弾力のある肌を目指したい方におすすめです。

コラーゲンは肌以外にも「髪の毛のツヤを良くする」「骨を丈夫にする」「爪を保護する」効果を期待することができます。

健康的な体を保つためにも、コラーゲンは意識して摂取していくことが大切です。

コラーゲンと肌の関係とは?おすすめの摂取方法

コラーゲンと肌の関係とは?おすすめの摂取方法

コラーゲンは、普段の食事から摂取することが可能です。

特に「肉類」「魚介類」の食材には、豊富に含まれている傾向が高いです。

肉類の中でも「牛すじ」「豚白モツ」「ソーセージ」「豚レバー」「鶏手羽元」がおすすめと言われています。

魚介類は「フカヒレ」「うなぎ」「サンマ」「サケ」となります。

栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

コラーゲンを摂取したいあまり、偏った食事にならないように気をつけていきましょう。

コラーゲンは体の中から、生み出すことも可能です。

「ビタミンC」「たんぱく質」が豊富に含まれた食事も、コラーゲンを生み出す上で重要と言えます。

サプリメントから、コラーゲンを摂取することも可能です。

サプリメントは「コラーゲン」「コラーゲンペプチド」の2種類の物質が含まれたものが確認できます。

「コラーゲン」は分子が大きい部分が特徴的です。

「コラーゲンペプチド」は、分子が小さいため、体内で吸収されやすく肌に届きやすいと言えます。

そのため「コラーゲンペプチド」が含まれたサプリを意識して飲むことをおすすめします。

コラーゲンを意識して摂る食事をもとに、コラーゲンペプチドが含まれたサプリは補うように摂取してください。

コラーゲンは肌を整えるために良い!食べ物から摂取しよう

コラーゲンは肌のハリを整えるために良いとされる物質です。

肌のたるみが目立つ方、疲れが見えてきた方などが意識的に摂取することをおすすめします。

食べ物では「牛すじ」「フカヒレ」「うなぎ」などから摂取することが可能です。

足りない分は「コラーゲンペプチド」が含まれたサプリで補っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました