陥没毛穴を化粧下地でカバー!肌をキレイに見せる方法

陥没毛穴を化粧下地でカバー!肌をキレイに見せる方法 スキンケア

鼻の毛穴が黒ずんで目立ったり毛穴が広がったりしている場合、陥没毛穴をメイクでカバーしなければ肌が綺麗に見えず、メイクも崩れやすくなります。

鼻の陥没毛穴を目立たないようにするためには、化粧下地を使ってしっかりカバーすることが大切です。

そこで、鼻の陥没毛穴を化粧下地でカバーする方法や、ベースメイクのポイントを紹介します。

鼻の陥没毛穴をカバーするための化粧下地の選び方

鼻の陥没毛穴をカバーするための化粧下地の選び方

鼻の陥没毛穴のデコボコや黒ずみ、ファンデーションが毛穴に入ってしまうなど、毛穴の悩みは人それぞれ異なります。

鼻の陥没毛穴の悩みごとに最適な化粧下地は異なるため、自分の悩みに沿った化粧下地を選ぶことが大切です。

鼻の陥没毛穴にファンデーションが落ちる場合

陥没毛穴にファンデーションが落ちてメイクが崩れる原因は、皮脂が過剰に分泌されることが挙げられます。

皮脂が過剰に分泌されている脂性肌の場合、毛穴に皮脂が詰まりやすく、毛穴が開きやすいことが特徴です。

目立った陥没毛穴を隠すために化粧下地を重ね塗りしてしまい、化粧下地の成分が陥没毛穴に落ちてしまうのです。

また、皮脂が原因でメイクの成分が柔らかくなったり化粧下地が崩れたりするため、陥没毛穴に化粧下地の成分が落ちます。

陥没毛穴にファンデーションが落ちてしまう、メイクが崩れてしまう場合には、シリコンが配合されている化粧下地を使うようにしましょう。

シリコン成分は陥没毛穴をしっかり埋めて、肌表面を滑らかに見せる効果が期待できます。

鼻の陥没毛穴の黒ずみが気になる場合

鼻の陥没毛穴だけではなく、陥没した毛穴の黒ずみも気になる場合があるでしょう。

洗顔をしても落ちない陥没毛穴の黒ずみは、皮脂が酸化した状態です。

そのため、皮脂の分泌そのものを抑えるためにも、保湿可能な化粧下地を使用する方法が有効です。

陥没毛穴や毛穴の黒ずみが気になる場合には、皮脂の過剰分泌をカバーするために軽めの化粧下地を使用した方が良いと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、皮脂が過剰分泌される原因は肌が乾燥しているためであり、肌を保湿することが重要です。

また、毛穴の黒ずみを目立たせないためにパール入りのファンデーションを乗せると、より高い毛穴カバー効果が期待できます。

どうしても肌のテカりが気になる箇所は、皮脂吸収化粧下地を使いましょう。

乾燥が原因で皮脂が過剰分泌されるタイプの人は、顔全体に皮脂吸収化粧下地使用すると肌が乾燥し、陥没毛穴だけではなくニキビといった肌トラブルにつながる可能性があります。

そのため、顔全体ではなく、テカりが気になる箇所のみに使用することが大切です。

化粧下地の使い方と陥没毛穴の解消方法

化粧下地の使い方と陥没毛穴の解消方法

自分の肌質や悩みに適した化粧下地を選んだら、正しい方法で陥没毛穴をカバーしましょう。

メイクをする際のポイントと、陥没毛穴を解消するためのスキンケア方法を紹介します。

化粧下地は薄く乗せる

鼻の陥没毛穴を隠すために、化粧下地を重ね塗りする人も多いのではないでしょうか。

しかし、毛穴部分に化粧下地の成分が落ちてしまいデコボコが強調され、陥没毛穴が目立ってしまいます。

そのため、化粧下地は薄く塗ることがポイントです。

スキンケア方法を見直す

鼻の陥没毛穴は、肌がたるんで毛穴が開いたり、鼻の角栓を無理矢理取り除くことで毛穴が目立ったりする肌悩みのひとつです。

鼻の毛穴が開いている状態のままファンデーションを重ね付けすれば、毛穴にファンデーションが落ち、デコボコが強調されるので陥没毛穴が目立ちます。

過度に洗顔をせず、肌の乾燥を予防することが大切です。

また、角栓が気になる場合にも指で押しだしたり毛穴パックで取り除いたりせず、ローションやオイルで少しずつ角栓を溶かして取り除く必要があります。

さらに、洗顔後は毛穴を引き締める化粧品を使用し、開いた毛穴を引き締めることで陥没毛穴が徐々に目立たなくなるでしょう。

すぐに陥没毛穴を解消することは難しいため、毎日のスキンケアで少しずつ改善する必要があります。

鼻の陥没毛穴の原因に合わせて化粧下地を選ぼう

鼻の陥没毛穴をカバーする化粧下地は、肌の乾燥が原因で皮脂が過剰分泌され角栓ができやすい人、脂性肌で皮脂の分泌量が多い人など、肌質によって適した商品は異なります。

鼻の陥没毛穴をカバーするための化粧下地には種類があり、シリコンタイプ、パールタイプのほか、保湿効果に優れたものや皮脂を吸収する効果があるものなど様々です。

鼻の陥没毛穴がどの程度目立っているのかに加え、肌質もチェックしたうえで化粧下地を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました