お肌のシミには種類がある?代表的な4つの、特徴や対処法を解説

お肌のシミには種類がある?代表的な4つの、特徴や対処法を解説 スキンケア

「シミに種類?」自分の顔を鏡で見ていると、いつの間にか増えているシミに心が沈んでしまった経験はありませんか?

実は、シミには種類があることはご存じでしょうか?

シミの種類をよく知ることで、シミに対して早めの対策を取れます。

今回は、代表的な4つのシミについて、特徴や対処法をご紹介していきます。

シミの種類は主に4つ!それぞれに特徴や対処法がある

シミの種類は主に4つ!それぞれに特徴や対処法がある

さて、シミの種類は豊富にあるのですが、シミの種類によって原因や対策が異なってきます。

鏡に映った自分のシミを良く見てみましょう。

まず、そのシミはいつ頃できはじめましたか?

「時期や年齢」を知ることが大切です。

「シミの色」はどうでしょうか?

薄茶色のシミですか?それとも黒っぽいシミでしょうか?

そして「シミのできた場所」をよく見てみましょう。

シミができた時期や、シミの色や場所を知ることによって、代表的な4つのシミの症状が分かります。

代表的な4つのシミの種類や症状は、以下で詳しく説明しますのでご覧ください。

シミの種類1.日光性黒子(老人性色素斑)

「日光性黒子(老人性色素斑)」は、30代以降から表れることが多いと言われているシミです。

長年浴び続けてきた紫外線の積み重ねによってできると言われてます。

年齢を重ねて濃くなることから「老人性色素斑」とも呼ばれており、数あるシミの中でももっとも多いと言われています。

「日光性黒子」は紫外線が原因となりますので、「紫外線対策」を万全にすることで予防できます。

外出するときは日焼け止めクリームを塗ること、日傘を使用することで、こまめに日焼け対策を行ってください。

このような対策で、紫外線によるシミの発症を抑えられるとされています。

シミの種類2.炎症後色素沈着

「炎症後色素沈着」と呼ばれるシミは、ニキビや傷、虫刺されやかぶれなどの炎症が原因となり、シミとなってしまうというものです。

「炎症後色素沈着」と呼ばれています。

日本人には黒色メラニンが多いと言われており、特に「炎症後色素沈着」は目立ちやすいと言われています。

肌の炎症が治まり、赤みが引いた後にシミとなって表れます。

そのため、ニキビはつぶした後シミになることが多いです。

また、紫外線を浴びてしまうと濃くなり、色素沈着を起こしやすいので注意が必要です。

誤ったスキンケアでも色素沈着を起こすことがあります。

洗顔やクレンジングマッサージなどで、肌を強くこすりすぎないようにしてください。

時間の経過とともに自然に消えることも多いですが、消えるまでに数年単位の時間を要する場合もあります。

対処法は、炎症した患部を日焼け対策することと、ビタミンCを多く含む食品を摂取することです。

「ターンオーバーを促進し、色素沈着をケア」することが大切です。

シミの種類3.肝斑

「肝斑」は、女性ホルモンが原因で起こる、頬骨の高い位置にできるモヤモヤとしたシミです。

左右対称に発生し、女性ホルモンのバランスが崩れがちな30代後半~50代くらいの女性にできやすいと言われているシミです。

女性ホルモンが崩れることで、メラノサイトが活性化して黒色メラニンが作り出され、表れたのが肝斑です。

また、ストレスの影響でホルモンバランスが崩れた際にも発生の恐れがあります。

肝斑は、日焼けによっても悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

対処法としては「ホルモンバランスを整える」こと。

もし、生活習慣が乱れているようでしたら、見直すことでホルモンバランスを整えられます。

規則正しい食生活や睡眠をしっかりと取り、ストレスを溜め込まない生活をしましょう。

あとは紫外線対策も十分にしてください。

シミの種類4.雀卵斑(そばかす)

「そばかす」は、雀の卵殻に似ていることから雀卵斑とも呼ばれています。

顔に小さな斑点が広がるのが特徴で、遺伝的な要因で発生すると言われています。

白人の方に多く見られるシミで、日本人だと色白の人にできやすいのも特徴です。

「そばかす」は、年齢的には5~6歳の幼児期からでき始めることが多いです。

思春期に一番濃くなり、個人差がありますが、以降は薄くなります。

対処法としては、そばかすは遺伝が原因となるため、完全に防ぐことは不可能とされています。

紫外線の影響で濃くなるので、日焼け対策をすることで、濃くしない方法はあります。

日焼け止めクリームなどで日焼け対策をしましょう。

できてしまったそばかすの対処方法は、ビタミンCやビタミンEなどを摂ってターンオーバーを促して、黒色メラニンの排出を促していきましょう。

シミの種類は自己判断せず、適切なクリニックで受診を!

代表的なシミ4種類について説明させていただきました。

シミの種類をよく知ることで、そのシミにあった対策ができます。

しかし、できてしまったシミに関しては対処は難しいので、自己判断だけで満足せず、適切なクリニックに受診・治療をすることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました