【美容業界で話題!】間葉系幹細胞とは?わかりやすく解説

【美容業界で話題!】間葉系幹細胞とは?わかりやすく解説 スキンケア

間葉系幹細胞という言葉を聞いたことはありますか?

間葉系幹細胞は、今美容業界でも注目されている幹細胞の一つです。

肌にとって嬉しい働きがあると期待されています。

当記事では、間葉系幹細胞とは何かをわかりやすく解説していきます。

間葉系幹細胞とは

間葉系幹細胞とは

「ヒト幹細胞は聞いたことがあるけれど、間葉系幹細胞は何?」と思う方も多いかもしれません。

まず、間葉系幹細胞とは何か紹介します。

幹細胞とは

人の身体は、たくさんの細胞でできています。

幹細胞は、細胞の元になるもので、細胞を生み出すためには重要な役割を果たしています。

幹細胞の主な能力は2つあります。

一つは、骨や皮膚、血管や神経など、身体を作るために必要な細胞を作る能力(分化能)です。

もう一つは、自分と同じ能力をもつ細胞に分裂する能力(自己複製能)です。

幹細胞は、怪我や病気で傷ついた細胞を修復する働きがあります。

加齢によって幹細胞が減ると、シワやたるみなど肌にも変化が起こるのです。

幹細胞には、全能性受精卵、ES細胞、成体幹細胞の3つの種類があります。

精子と卵子が受精することで全能性受精卵が生成され、ES細胞、成体幹細胞の順に変化します。

そして、成体幹細胞の中にあるのが間葉系幹細胞です。

間葉系幹細胞の特徴

成体幹細胞の中で、脂肪細胞や軟骨細胞、骨芽細胞などの細胞に分化できるものが、間葉系幹細胞です。

間葉系幹細胞には、皮下脂肪由来のものがあります。

脂肪由来の間葉系幹細胞は、分化できる細胞の種類が限られています。

しかし増殖能力が高く、培養して投与すると、新たに細胞を多く生み出すことが期待できるといわれています。

間葉系幹細胞は美容にどんな影響を与えるのか

間葉系幹細胞は美容にどんな影響を与えるのか

近年、間葉系幹細胞は美容業界で話題になっていますが、具体的に美容にどのようなメリットをもたらす可能性があるのか紹介します。

繊維芽細胞の働きを高める

脂肪由来の間葉系幹細胞は、真皮の繊維芽細胞の働きを高めることが認められています。

繊維芽細胞には、肌のハリに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作る役割を担っています。

しかし、繊維芽細胞の総数は加齢によって減ってしまうのです。

繊維芽細胞が減ると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸なども減少していき、シワなどができやすくなってしまいます。

繊維芽細胞を生み出すのは、幹細胞です。

幹細胞を補うと、細胞分裂が起きて繊維芽細胞の数が増えるといわれています。

コラーゲンやエラスチンなどの増加

ハリや潤いを維持して、若々しくてキレイな肌を維持するためには、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の働きが欠かせません。

脂肪由来の間葉系幹細胞を使うと、繊維芽細胞の能力が高まり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の増加が期待できます。

そしてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が十分にあると、ハリと潤いの肌を維持できるのです。

コラーゲンは、産生された後に線維化することが大切です。

脂肪由来の間葉系幹細胞(培養上清)は、コラーゲンの繊維形成を促すといわれています。

さらに、コラーゲンの分解を抑制する酵素の産生もサポートしてくれるのです。

脂肪由来の間葉系幹細胞は、肌のハリや潤いを高め、エイジングケア(※年齢に応じたケア)に役立つと考えられています。

間葉系幹細胞は美容に良い影響をもたらす可能性がある

間葉系幹細胞は、成体幹細胞の一種です。

肌に対しては、繊維芽細胞の働きを高め、コラーゲンやエラスチンなどを増やす効果ができます。

コラーゲンやエラスチンなどが増えると、肌にハリや潤いを与えられるといわれています。

今後もし、間葉系幹細胞を含む美容アイテムが販売されたら、ぜひチェックしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました