40代の基礎化粧品の選び方とは?肌質や適切なスキンケアも紹介

40代の基礎化粧品の選び方とは?肌質や適切なスキンケアも紹介 40代のコスメ情報

「40代に入ってから、今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなった」「シワが気になって好きなコスメを楽しめない」と悩んでいませんか?

潤いのある美肌を維持するためには、年齢に合った基礎化粧品で丁寧にケアをすることが大切です。

今回は、40代の肌質や基礎化粧品の選び方、正しいスキンケアについて紹介します。

基礎化粧品を選ぶ前に40代の肌質について知っておこう

基礎化粧品を選ぶ前に40代の肌質について知っておこう

40代頃になると、女性ホルモン量の低下や肌老化の影響により、肌が乾燥しやすくなります。

女性ホルモンのエストロゲンには、コラーゲンを増やす役割があります。

エストロゲンの分泌量は20代がピークです。

40代になると、エストロゲンの量は大きく減少します。

すると、コラーゲンだけではなく、ヒアルロン酸やエラスチンなども減少して、肌の内側の水分量が減ってしまうのです。

コラーゲンが減ったり肌の水分量が減ったりすると、たるみやシワなどの原因に繋がります。

また、肌が乾燥すると、バリア機能(刺激から肌を守り、水分の蒸発を防ぐ機能)が低下して紫外線の影響を受けやすくなり、シミの原因になるメラニンが過剰になります。

本来メラニンは、ターンオーバー(肌の新陳代謝)によって排出されます。

しかし、肌が乾燥しているとターンオーバーが低下し、メラニンが停滞してシミができやすくなってしまうのです。

40代での基礎化粧品の選び方は?

40代での基礎化粧品の選び方は?

40代のエイジングケア(年齢に応じたケアのこと)は、高保湿成分配合の基礎化粧品で、しっかりと保湿ケアをすることが大切です。

基礎化粧品を選ぶときは、次のような高保湿成分が配合されているものを選びましょう。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • スクワラン
  • グリセリン
  • ワセリン

セラミドやスクワラン、ワセリンなどは潤いを保つだけではなく、肌なじみも良いのでおすすめです。

また、高保湿成分と一緒に、肌の悩みに効果的な成分が配合されている商品を選びましょう。

具体的には、次のような成分です。

肌の悩み おすすめの成分
シミ、美白
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
シワ、ほうれい線
  • ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • ナイアシンアミド
  • コエンザイムQ10

40代は肌が敏感になりやすいため、基礎化粧品を購入する前に、サンプルなどで試すことをおすすめします。

40代だからこそ!基礎化粧品での正しいスキンケアの方法

40代だからこそ!基礎化粧品での正しいスキンケアの方法

40代の肌は、バリア機能が低下するため刺激を受けやすいです。

健やかな美肌を保つためにも、基礎化粧品は次の順番で正しく使いましょう。

【1.クレンジング】
40代の肌は皮脂の分泌量が減少しているため、洗浄力が穏やかなミルクタイプや、クリームタイプのクレンジング料がおすすめです。

肌を強くこすると、潤いを保つ成分まで落としてしまうので、優しく洗いましょう。

【2.洗顔】
しっかりと泡をたてて、優しく肌になじませて洗います。

泡を洗い流すときは、35℃前後のぬるま湯で優しくすすぎましょう。

【3.化粧水(ローション)】
化粧水を手のひらで温めてから、肌に優しくなじませます。

肌が乾燥しているときは、コットンに化粧水をたっぷり浸して、コットンパックをすることをおすすめします。

【4.美容液】
朝は紫外線による影響を抑える美容液、夜はターンオーバーを促す美容液など、複数の美容液を使い分けても良いでしょう。

ブースタータイプの美容液は、化粧水の前に使用します。

【5.乳液・クリーム】
乳液やクリームも、手のひらで優しく温めてから肌になじませます。

目元や口元など、乾燥しやすい部分には重ねづけすることをおすすめします。

40代の基礎化粧品は「高保湿成分配合」と「肌悩みに合う」ものを

40代以降は肌が乾燥しやすくなるため、様々な肌トラブルが起こりやすくなります。

ハリのある美肌を維持するためには、毎日のスキンケアで保湿する必要があります。

また、肌を強くこすらないように注意することが大切です。

高保湿成分と、肌悩みに合う成分が配合されている基礎化粧品を使い、丁寧にケアをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました