乾燥肌とは?主な4種類の特徴と対策ポイントを解説

乾燥肌とは?主な4種類の特徴と対策ポイントを解説 スキンケア

乾燥肌に悩み、対策をしているのに効果をいまいち感じられない…という人もいるのではないでしょうか。

実は乾燥肌には4種類のタイプがあり、それぞれ適切な対策方法があります。

今回は、タイプ別の特徴と対策ポイントを紹介します。

乾燥肌とは

乾燥肌とは

乾燥肌とは、肌の栄養不足により、バリア機能が低下し皮膚の内部に保っている水分が逃げやすくなっている状態です。

詳しく説明すると、皮膚のいちばん外側には「表皮」という薄い膜があり、4つの層で形成されています。

表皮の中でも一番外側にある「角層(かくそう)」は、水分を逃がさないようにしたり外部の刺激から守るバリアの役割を果たしています。

つまり、乾燥肌とは角層のバリア機能が落ち、潤った肌を保つことができない状態です。

また、水分を保つには適度な皮脂も必要で、分泌が少ないことが原因で乾燥肌に陥る場合もあります。

角層のバリア機能を復活させるためには、スキンケアや生活習慣の見直しが必要になりますが、乾燥肌には様々な原因があります。

まずは自分の乾燥肌タイプを知り、適切な対策を行っていきましょう。

乾燥肌のタイプ1.ぴりぴりチクチクする『乾燥性敏感肌』

乾燥肌のタイプ1.ぴりぴりチクチクする『乾燥性敏感肌』

乾燥性敏感肌は、髪の毛が触れただけでチクチクする人、洗顔後にぴりぴりする人などに当てはまる乾燥肌タイプです。

刺激に弱く、肌が敏感な状態になっています。

紫外線により角層がダメージを受け、乾燥してしまうのが主な原因として考えられますが、気温や湿度にも敏感に感じ取り乾燥を引き起こすことがあります。

全体的に皮脂の分泌が少ない状況なので充分な保湿ケアを行いましょう。

肌が敏感なため、添加物により肌荒れを起こすこともあります。

保湿成分が含まれていて、なるべく刺激の少ないスキンケア製品を選ぶことも対策の一つです。

乾燥肌のタイプ2.洗顔してもテカる『脂性乾燥肌』

乾燥肌のタイプ2.洗顔してもテカる『脂性乾燥肌』

脂性乾燥肌は、乾燥する部分とテカる部分がある人に当てはまる乾燥肌タイプです。

鼻やTゾーンはテカり、頬や顔回りは乾燥していることが多く、この肌タイプは混合肌ともいわれています。

テカりを防ぐために洗顔を念入りに行ったり、あぶら取り紙で油分を抑えている人もいるのではないでしょうか。

皮膚が乾燥を防ぐために皮脂を過剰分泌してしまうので逆効果です。

乾燥する部分とテカってしまう部分は、分けてケアすることをおすすめします。

また、生活習慣を見直しやストレスケアが大事で、バランスのいい食事や睡眠をしっかりとるなどの対策が必要になります。

乾燥肌のタイプ3.白い粉や角質ボロボロ『超乾燥肌』

乾燥肌のタイプ3.白い粉や角質ボロボロ『超乾燥肌』

超乾燥肌は、粉がふいてしまう人や肌がぽろぽろ剥がれてしまう人に当てはまる乾燥肌タイプです。

重度な乾燥肌で、皮膚に痛みを感じることもあります。

季節の変化やストレスが刺激になることもあるので、肌の状態は非常に敏感です。

洗顔時はダメージを極力与えないよう、たっぷりの泡で優しくなでるように洗いましょう。

乾燥がひどい人は、とにかく皮脂を洗い流さないように、ぬるま湯のみで顔を洗うのも一つの手です。

洗顔後はすぐにスキンケアをし、保湿成分が入った乳液を使うのがおすすめです。

特に乾燥がひどい部分に関しては美容液でケアをするなど集中的に保湿しましょう。

乾燥がさらに進行すると、皮膚に赤みや発疹がでる場合もあるので、対策をしても改善しない場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

乾燥肌のタイプ4.皮脂の減少でカサカサ『加齢性乾燥肌』

乾燥肌のタイプ4.皮脂の減少でカサカサ『加齢性乾燥肌』

加齢性乾燥肌は、年齢ともに乾燥が気になるようになった人に当てはまる乾燥肌タイプです。

カサカサした肌に加え、かゆみを伴う場合があります。

若いころはテカる肌に悩んでいた人も、年齢を重ねるごとに肌の乾燥が気になってきた人もいるのではないでしょうか。

体力や代謝が落ちていくのと同じように、皮脂やきめ細かな肌に必要な細胞も減少し、肌のバリア機能は低下します。

洗顔後の保湿が大事なのはもちろんのこと、ターンオーバーの周期が長くなるので生活習慣や環境もしっかり見直しましょう。

取り組みやすい対策は部屋の乾燥を防ぐことです。

季節によっては乾燥しやすくなるので、その場合は加湿器などを活用するといいでしょう。

また、深夜の飲食や飲酒を避け、質のいい睡眠をとることや良質な油分を摂取することもおすすめです。

加えて、ホルモンバランスが変化しやすい年代は特に乾燥には気を付けることが必要なので、充分なスキンケアと生活を見直してみてください。

乾燥肌とは「肌を守る機能」が低下しているサイン!

どの乾燥肌タイプにも共通することは、肌のバリア機能が低下し、肌に保っている水分や皮脂の分泌量が適切ではないということです。

それぞれ原因や対策は違いますが、適切な対策を行うことでカサカサした肌から潤った肌に生まれ変わることも可能です。

まずは、取り組みやすい対策から始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました