若く見える人の特徴とは?5~10歳若返って見えるポイントを紹介

若く見える人の特徴 30代のコスメ情報

若く見える人の特徴とは?5~10歳若返って見えるポイントを紹介

肌の質感や体型など、年齢を重ねるごとに老化現象は進みますが、誰もが「いくつになっても若々しくいたい」と考えるでしょう。

その中でも、老いを感じさせない若々しさを保っている人もいます。

今回は、若く見える人の特徴や、若返りのポイントを紹介します。

若く見える人の特徴1.肌や髪での注意点

肌や髪での注意点

肌や髪は老化とともに、若々しさを保つ細胞が減少していきます。

若返りの秘訣は日常のケアがメインになるので、注意点やポイントを抑えつつ取り組んでいきましょう。

シワやシミの目立つ肌

シワやシミが目立つと老けて見えるので注意です。

特に目元や口元のシワは老けの印象を強くし、改善するだけでも5歳~10歳若返って見えるほど重要なポイントです。

弾力のある肌が若返りのポイントなので「ハリ」を重視したエイジングケアをしていきましょう。

痛みのある髪

髪に痛みがあると老けて見えるので、ツヤのある美しい髪も若さを感じるポイントです。

洗い流さないトリートメントの使用や、ドライヤーの熱に注意するなど念入りなヘアケアをしましょう。

日々のヘアケアを積み重ねることで、同じ髪型でも印象は変わるものです。

加えて注意すべきなのはヘアカラーです。

「明るいカラーは若く見える」と考えがちですが、痛みの目立たない落ち着いたナチュラルな色の方が美しく綺麗な印象になります。

若く見える人の特徴2.姿勢や体型、服装のポイント

姿勢や体型、服装のポイント

姿勢や体型、服装は、第一印象で若々しい印象を与える重要なポイントです。

日々のちょっとした工夫や意識で変えられることなので、比較的すぐに取り組むことができます。

姿勢が綺麗

ピンと伸びる綺麗な背筋は若々しさを感じます。

姿勢が悪いと、「自信がなさそう」「暗そう」という印象を与えてしまいます。

綺麗な姿勢は元気で明るい印象につながるので、若々しさには不可欠です。

健康的な体型

老化とともに代謝が落ち、同じ量を食べているのに太ったということはないでしょうか。

逆に食が細くなり、体重や筋肉が落ちてしまい、やせ細ってしまったという場合もあるかと思います。

痩せすぎ、太りすぎは、老けて見えるので健康的な体型を維持できるようにしましょう。

日々の生活習慣関連、食事や運動などに気をつけることが若返りのポイントです。

上品で明るいカラーの服装

服装は落ち着いた暗めの色を選びがちですが、トップスを明るいカラーにすることで、肌のくすみを飛ばしてくれます。

似合うカラーは人それぞれですが、白いトップスを選べば間違いはないでしょう。

注意点としては肌の露出を避け、上品さを意識することで若々しさが引き立ちます。

若く見える人の特徴3.笑顔・好奇心・活発さ

活発な人は若く見える

外見や第一印象が若返りのメインだと感じますが、内面的な若々しさも重要なポイントです。

まったく悩みを持たずに生きていくのは不可能でしょうが、内面を少しずつ変えていこうとする意識自体が、良い効果をもたらすでしょう。

すてきな笑顔

いつも笑顔でいるだけで、「明るく元気で若々しい」と、不思議と魅力的に見えるものです。

どんな時も笑顔でいる人は、元気を分け与えてもらえるような感覚になるのと同時に、若々しさも感じます。

また、笑うことで表情筋が鍛えられるので、笑わない人より口角が上がり顔も引き締まってみえます。

好奇心が旺盛

様々なことに好奇心を抱いて調べることは若さの一つです。

興味のあることが目の前に現れても「もう歳だから…」と諦めることが多くありませんか?

エイジングケアや運動なども、今更やっても歳だから無駄だと思わずに、一回調べてやってみるということを意識しましょう。

活発で色々なことに挑戦する

とにかくすぐ行動に移すような人は若々しさを感じます。

歳を重ねると安定に重きをおき、変化を拒むようになっていきますが、活発な人はハツラツとしていてたくさん挑戦していきます。

挑戦するということは、成功失敗関係なく何かを吸収するということなので、若々しく感じるポイントです。

若く見える人の特徴を取り入れて、自身を輝かせよう!

肌や髪などの外見的な若返りも重要ですが、内面的な美しさや元気さも若々しさに繋がります。

メイクや外見だけにこだわらずに、気持ちや行動にも目を向けて様々なポイントを意識していきましょう。

いつまでも若々しく綺麗にいるためには、諦めず取り組んでいくことが若返りの秘訣です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました