クレンジングクリームで肌荒れが悪化することも!正しい使い方7ステップ

クレンジングクリームで肌荒れが悪化することも!正しい使い方7ステップ スキンケア

クレンジングクリームには、ジェルタイプ、オイルタイプ、リキッドタイプなど様々な種類が存在します。しかし、日頃からクレンジングオイルは使っていても、クリームタイプは使ったことがないという人もいるでしょう。
そこで、クレンジングクリームの基本的な使用方法や使う際の注意点について解説します。

クレンジングクリームの基本的な使用方法

クレンジングクリームの基本的な使用方法

クレンジングクリームは、主に7つのステップで使用することが特徴です。クレンジングクリームの基本的な使用方法を確認しておきましょう。

①手を洗う

クレンジングクリームを使用する前に、ハンドソープを使用して手を洗い、手を綺麗な状態にしておきましょう。

②ポイントクレンジングでアイメイクを落とす

アイメイクをしている方は、ポイントメイククレンジングを使用してアイメイクだけは落としておくことが大切です。
クレンジング剤をコットンに浸透させて目元に起き、1分ほどクレンジング剤を浸透させて丁寧に落としましょう。目元の皮膚に刺激を与えないよう、優しくクレンジングすることが大切です。

③クレンジングクリームを温める

手の平にクレンジングクリームを出したら、両手を合わせてテクスチャーを温めましょう。クレンジングクリームを温めることによって顔に乗せた際の肌との温度差が少なくなり、肌にスムーズになじみます。
また、手の平で温める際には手をしっかりと拭いて、乾燥させた状態でクレンジングクリームを出すこともポイントです。

④鼻から顎に向かってクレンジングクリームをなじませる

顔のパーツのなかでも、特に皮脂の分泌量が多い小鼻から額のTゾーンにクレンジングクリームをなじませます。次に、頬といった比較的皮脂の分泌量が少ないパーツになじませましょう。手で皮膚を擦らないように注意しながら、クレンジングクリームが透明になるまで肌になじませます。

⑤すすぎ残しに注意!しっかり洗い流す

30度程度のぬるま湯で、クレンジングクリームを洗い流しましょう。
お湯の温度が高いと、肌を保護するための水分や油分まで洗い流してしまい、肌が乾燥することがあるため注意が必要です。反対に、水温が低すぎると毛穴が引き締まり、毛穴がふさがれてしまうためクレンジングクリームがきれいに落ちません。毛穴が詰まって肌トラブルの原因になる場合があるため注意が必要です。

⑥洗顔料でクレンジングクリームを洗う

クレンジングクリームがしっかりと落とせていない場合があるため、クレンジングクリームを使用した後には洗顔をする必要があります。洗顔料を泡立てたうえで、指でこすらず泡を使って優しく丁寧に洗顔しましょう。最後に生え際や前髪、顎の下などにすすぎ残しがないように注意が必要です。

⑦肌を押さえるようにして水分を拭き取る

タオルで肌を優しく押さえるように水分を拭き取りましょう。顔をこすると刺激になり、肌トラブルの原因になるため注意が必要です。

クレンジングクリームを活用するためのポイント

クレンジングクリームを活用するためのポイント

肌に摩擦が生じると、乾燥肌や敏感肌になったり、ニキビができたりするため注意が必要です。クレンジングクリームで濃いメイクを落としたい場合は、ゆっくりとクレンジングクリームをなじませなければなりません。
スピーディーに落としたいという理由で肌をこすると、肌に負担がかかります。特に拭き取るタイプのクレンジングクリームを使う場合には、力を入れてこすらないようにしましょう。

クレンジングクリームの正しい使い方をマスターしよう

クレンジングクリームを使う際には、肌をこすらないようにすることが大切です。また、洗い残しがないようにしっかりすすぐ必要があります。正しい方法でクレンジングクリームを活用し、美肌を維持しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました