ボディクリームの正しい使い方と肌トラブルを予防するための注意点

ボディクリームの正しい使い方と肌トラブルを予防するための注意点 スキンケア

ボディクリームは、腕や足、体、デコルテなどに使用するコスメです。ボディクリームは「体に塗れば良い」というものではなく、塗り方や塗るタイミングを間違えると十分な効果を得られません。
そこで、ボディクリームを使う際のポイントと注意点を紹介します。

ボディクリームの正しい使い方と活用法6つ

ボディクリームの正しい使い方と活用法6つ

ボディクリームの正しい使い方と、ボディクリーム使用前に確認しておきたい重要なポイントを紹介します。

ボディクリームを塗るのは入浴後

ボディクリームは、入浴後の肌が柔らかい状態のときに使用する方法が有効です。また、浴室から出る前の肌に水分が残っている状態で塗る方法も良いでしょう。
体を拭くと肌が徐々に乾燥するため、入浴後のタイミングですぐにボディクリームを塗るのが理想です。

ボディクリームの使用期限をチェック

ボディクリームは容量が多いものが一般的であり、全て使い切るのに時間がかかることがあります。しかし、ボディクリームには使用期限が定められているため、必ず期限内に使うことが大切です。

乾燥するパーツは重ね塗りする

乾燥しやすい部分は、1度だけ塗るのではなく、重ね塗りすることがポイントです。ボディクリームで保護できていない状態では肌に摩擦が起こりやすく、肌トラブルの原因になるため注意しましょう。そのため、乾燥しやすい部分にはボディクリームを多めに乗せて伸ばします。
ただし、肘の内側や膝の裏など、蒸れやすい部分はボディクリームを薄く塗ることもポイントです。体のパーツごとにボディクリームを塗る量を調整しましょう。

ボディクリームを温めてから塗る

ボディクリームは冷えた状態ではテクスチャーが硬いため、肌にスムーズになじみません。そのため、体温でボディクリームのテクスチャーを滑らかにしてから使うことが大切です。
手のひらにボディクリームを乗せて、両手を合わせ、テクスチャーを柔らかくしてから使用しましょう。ボディクリームを温めることによって、スムーズに伸ばせたり、肌に浸透しやすくなったりすることが特徴です。

自分の肌質に合うものを使用する

ボディクリームは、肌質に合うものを長期間使用することによって効果を得られます。ボディクリームを試しに購入してみたものの自分の肌質に合わないと感じるのであれば、思い切って処分することも大切です。
ボディクリームを購入する前に、少量タイプの物を試してみる方法も良いでしょう。

ペットや子供がいる場合は配合成分を確認する

ペットを飼っている場合や小さい子供がいる場合、動物や子供が手で触れたり、誤って口に入ったりしても安全な天然成分を使用したボディクリームを使用する必要があります。もしくは、添加物が配合されていないボディクリームを使用することが大切です。ボディクリームを購入する際に、配合成分を確認しましょう。

ボディクリームを使用する際の注意点

ボディクリームを使用する際の注意点

ボディクリームごとに定められた使用量を守って使用することが大切です。ボディクリームは全身に塗るため、1度に使用する量が多く、「もったいない」と感じて、少量を無理やり肌に伸ばすという人もいるでしょう。
しかし、規定量を使用しなければ、毎日ボディークリームを使用していても、有効成分の効果を十分に得られません。
また、ボディクリームは、肌を清潔な状態にしてから塗ることがポイントです。入浴前の汚れた肌にボディクリームを塗ると、肌の上で雑菌が繁殖する場合があるため注意しましょう。

ボディクリームの使い方をチェックしてスキンケアに活用しよう

ボディクリームは、入浴後に肌がしっとりしているタイミングで使うこと、さらにボディクリームを使う前には、テクスチャーを温めて柔らかくしてから使うことがポイントです。そして、ボディクリームは商品ごとの規定量を守り、多めに使用して肌をこすらず優しくなじませる必要があります。
ボディクリームの使い方のコツやボディクリーム使用時の注意点を押さえて、滑らかで潤った体を維持しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました