リップバームとリップクリームの違いは?おすすめプチプラリップバーム4選

リップバームとリップクリームの違いは?おすすめプチプラリップバーム4選 スキンケア

空気の乾燥や、マスクやメイク時の摩擦によって、唇が荒れることに悩む方も多いのではないでしょうか。唇のケアにはリップクリームや美容液を使用する方法がありますが、唇を集中ケアしたい場合には保湿力の高いリップバームを利用する方法も有効です。そこで、リップバームの特徴や、気軽に試せるプチプラリップバームを紹介します。

リップクリームとは違う?リップバームの特徴と選び方

リップクリームとは違う?リップバームの特徴と選び方

リップバームを選ぶ際、リップクリームとの違いについて疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。そこで、リップクリームとの違いやリップバームの特徴、リップバームの選び方について紹介します。

リップバームとは

リップバームは、唇の荒れや乾燥を予防する効果が期待できるスキンケアアイテムです。
リップクリームと比較してテクスチャーが柔らかいことが特徴で、天然由来成分を配合している商品が多いため、唇の荒れにスムーズになじみます。リップバームは、リップクリームと比較して高保湿であり、唇の乾燥のケアに最適な商品が多いです。
また、紫外線から唇を保護する効果が期待できる商品も多く、紫外線が原因で生じる唇の乾燥も予防できます。様々な唇の悩みにアプローチできるため、これまでリップクリームでのケアが不十分だと感じている人はリップバームの利用を検討しましょう。

リップバームを選ぶ際のポイント

リップバームは容量のバリエーションが豊富なため、ポーチに入れやすいもの、自宅で使いやすいものなど、使用用途に適した形状のものを購入しましょう。
また、商品ごとに、唇の乾燥ケアに効果が高いものや、色が付いておりコスメの役割を果たすものなど種類が異なります。唇の乾燥ケアをしたいのか、化粧品のひとつとして使用したいのかを明確にして、気になるリップバームの特徴をチェックしましょう。
さらに、リップバームは高保湿タイプや紫外線対策が行えるものなど、機能性が高い商品が多いです。そのため、高機能なものを購入して唇のケアに役立てましょう。

おすすめのプチプラリップバーム4選

おすすめのプチプラリップバーム4選

プチプラリップバームは数多く発売されていますが、特に人気のおすすめ商品を紹介します。

ニベア「クリームケア リップバーム はちみつの香り」

ニベアのリップバームは、唇が乾燥して荒れている場合にもしっかりと密着する、柔らかいテクスチャーが特徴です。朝と夜の1日2回しっかりと塗り込むことで、唇に蓋をして有効成分がしっかりと浸透し、唇のひび割れや荒れを予防できます。また、はちみつの香りがついており、甘い香りが好きな人はリラックス効果も期待できるでしょう。

デイリーディライト「リップバーム グレープフルーツゼリー」

デイリーディライトのリップバームは、グレープフルーツの香りがついたリップバームです。また、油脂吸着精製ラノリンと呼ばれる成分が配合されています。油脂吸着精製ラノリンは人間の皮脂と似た性質があるため、唇になじみやすく、乾燥が原因で生じる唇の荒れを予防する効果が期待できるでしょう。
さらに、蜜蝋が唇の表面を保護するため、唇に乗せた有効成分が蒸発しにくく、長時間潤いを維持できます。

ジルスチュアート「フルーツ リップバーム N」

ジルスチュアートのリップバームは、しっとりとしたテクスチャーが特徴で、みずみずしい唇を長時間維持できます。ストロベリーエキスやはちみつエキスが配合されており、高保湿なことが魅力です。
また、カカオバターやシアバター、アプリコットオイルが配合されており、唇を柔らかくする効果が期待できます。唇が柔らかくなることによって縦ジワが目立たず、ふっくらとした印象の唇になるでしょう。

ラッシュ「リップサービス」

ラッシュのリップバームは、唇に潤いを与えるミツロウやカカオバターが配合されていることが特徴です。空気の乾燥から唇を保護し、唇を柔らかくする効果が期待できます。爽やかなシトラスの香りがついており、使い心地も良いでしょう。

おすすめプチプラリップバームで魅力的な唇に仕上げよう

プチプラリップバームは、乾燥から唇を守る高保湿な商品が多いです。しかし、使用感はリップバームごとに異なるため、香りやテクスチャーなど特徴をチェックして、自分好みのリップバームで唇のケアをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました