スキンケアの順番を解説!アイテムの役割とケアのポイントも紹介

スキンケアの順番を解説!アイテムの役割とケアのポイントも紹介 スキンケア

スキンケアに使うアイテムは、化粧水や乳液など様々な種類があります。肌を健やかに保つためには、スキンケアを正しい順番で行うことが大切です。
スキンケアの順番を誤ってしまうと、肌の状態を整えるどころか、かえって肌トラブルに繋がってしまうことになります。

この記事では、スキンケアに使うアイテムの役割や、使う順番について解説します。

スキンケアアイテムの役割

スキンケアアイテムの役割

スキンケアアイテムは種類によって役割が異なります。スキンケアアイテムの役割を知ることで、必要なアイテムを正しく使えるようになります。
ここでは、各スキンケアアイテムには、どのような役割があるのか紹介します。

【クレンジング】
メイクや汚れを落とします。オイルタイプやクリームタイプ、ミルクタイプなど様々な種類があります。特に洗浄力が強いものは、オイルタイプです。

【化粧水】
肌に水分を与えます。化粧水を肌表面の角層に浸透させることで、その後に使うアイテムの浸透を良くする効果が期待できます。

【美容液】
保湿やシワ対策など、肌悩みに合う成分が配合された美容液を使うことで、集中的に肌に栄養を与えてケアできます。導入美容液(ブースター)は化粧水の前に使います。

【乳液】
肌に油分を補い、潤いを保つ役割をもつアイテムです。乳液を使うことで、化粧水や美容液で与えた水分と成分が蒸発することを防ぐことができます。

【クリーム】
乳液と同じく、油分や成分を補う役割があります。クリームの方が、乳液と比べると油分が多く含まれています。肌の乾燥が気になる方におすすめです。

このように、スキンケアアイテムは種類によって特徴や役割が異なります。各アイテムを正しい順番で使うことで、肌を整えて潤いを維持することができます。

朝と夜のスキンケアの順番を紹介

朝と夜のスキンケアの順番を紹介

朝と夜では、スキンケアの目的が異なります。スキンケアの目的を知り、正しい順番でケアをして肌を守りましょう。
ここでは、朝と夜のスキンケアの順番と、ケアをするときのポイントを紹介します。

朝のスキンケアの順番

朝は、寝ているときにでた皮脂や汗などの汚れを落としてから、しっかり保湿をすることが大切です。次の順番でスキンケアをしましょう。

1.洗顔
2.化粧水
3.美容液
4.乳液(または、クリーム)
5.日焼け止め

洗顔は、皮脂を落とすために洗顔料を使用することが大切です。洗顔料を十分に泡立ててから顔を洗いましょう。
洗顔をした後は肌がデリケートな状態なので、化粧水を使って水分を与えてください。化粧水の後は、自分の目的に合った美容液を使うことをおすすめします。

化粧水と美容液で潤いと成分を与えたら、乳液やクリームで油分を与えます。乾燥が気になる方は、乳液とクリームを両方使っても良いでしょう。

最後に日焼け止めを塗ったら朝のスキンケアは完了です。朝にスキンケアをして肌を整えることで、乾燥や紫外線などからのダメージを受けにくい状態を保つことができます。

夜のスキンケアの順番

夜はメイクや汚れを落としてから、潤いを保つために丁寧にスキンケアをすることが大切です。次の順番でスキンケアをして、肌を整えましょう。

1.クレンジング
2.洗顔
3.化粧水
4.美容液
5.乳液・クリーム

夜は、必ずクレンジングを使ってメイクと汚れを落とします。アイメイクは、綿棒にクレンジング剤を含ませて、優しくオフしましょう。
「ダブル洗顔不要」と記載されているクレンジングを使った場合は、洗顔をする必要はありません。

クレンジングと洗顔で汚れを落とした後は、化粧水で十分に潤いを与えて、美容成分が角層に浸透しやすい状態に整えましょう。化粧水の後は、目的に合う美容液で栄養を与えることをおすすめします。

最後に乳液やクリームでフタをしたら、夜のスキンケアは完了です。夜にスキンケアで肌に潤いを与えることで、寝ている間に水分が失われるのを抑えられます。

スキンケアを正しい順番で行って、潤いのある肌を保とう

スキンケアアイテムは、種類によって役割が異なるため、正しい順番で行うことが大切です。美容液や乳液の場合、商品によっては化粧水の前に使うものもあるため、使用方法を確認した上で使いましょう。

また、スキンケアをするときは、肌をこすらないように注意することが必要です。毎日正しいスキンケアを続けることで、肌の乾燥を防いで、ツヤのある健やかな肌を保つことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました