化粧水は手とコットン、どっちでつける?それぞれの違いを紹介

化粧水は手とコットン、どっちでつける?それぞれの違いを紹介 スキンケア

みなさんは、化粧水を手でつけていますか?それとも、コットンでつけていますか?

化粧水を手でつける場合と、コットンでつける場合とでは、メリットやデメリットに違いがあります。
それぞれのメリットとデメリットを知り、自分に合う方法で化粧水をつけましょう。

この記事では、化粧水を手でつけるときと、コットンでつけるときの違いについて紹介します。

化粧水を手でつけるときと、コットンでつけるときの違いとは

化粧水は、肌に水分を与えるために必要なアイテムです。

化粧水は、手かコットンを使って肌になじませます。化粧水を手でつける場合と、コットンでつける場合では、何が違うのか紹介します。

化粧水を手でつけるときのメリット・デメリット

化粧水を手でつける場合、次のようなメリットとデメリットがあります。

【メリット】

  • 手のひらで温めてから顔になじませることで、浸透(※角層まで)を良くすることができる
  • 肌に余計な刺激を与えにくい
  • 化粧水をなじませながら、肌の状態を手で確認できる。ごわごわしていないか、ブツブツはないか触って確かめることができる
  • 化粧水を無駄なく使える

【デメリット】

  • 手で肌を強くこすると、摩擦による刺激で、肌に負担がかかる可能性がある
  • 汚れや雑菌がついている手で化粧水をつけると、肌荒れの原因につながる可能性がある
  • 肌になじませるときにこぼしやすい

化粧水は、両手で温めてから丁寧につけることで、肌への刺激を抑えながら浸透を良くすることが期待できます。

敏感肌の方や、美容の費用を抑えたい方は、化粧水を手でつけることをおすすめします。

化粧水をコットンでつけるときのメリット・デメリット

化粧水をコットンでつける場合、次のようなメリットとデメリットがあります。
化粧水を手でつける場合と、どのような点が違うのか見ていきましょう。

【メリット】

  • 化粧水を肌にムラなく均一につけることができる
  • コットンパックをして、化粧水を肌になじませることができる
  • いつも清潔に化粧水をつけることができる

【デメリット】

  • コットンで強く肌をこすると、肌にダメージを与えてしまう可能性がある
  • コットンに化粧水を多く染み込ませて使うので、化粧水の減りが早い

化粧水は、手でつけるよりコットンでつけた方が、ムラなく均一に伸ばすことができます。

しかし、コットンで肌をこするなど間違った使い方をすると、摩擦となって肌にダメージを与える可能性があります。

化粧水を手でつける方法と、コットンでつける方法を解説

化粧水は手でもコットンでも、自分に合う方法で肌につけることが大切です。
しかし、使い方を間違えてしまうと、かえって逆効果になってしまうこともあります。化粧水の使い方について解説します。

化粧水を手でつける方法

使用する前に、商品のパッケージに記載されている目安量や使い方を確認しましょう。

化粧水を使うときは、まず目安量を手に出します。次に、両手に伸ばして少し温めます。

その後、顔の中心から外側に向かって化粧水をなじませます。顔全体になじませたら、優しくハンドプレスしましょう。

化粧水を手で肌になじませるときは、肌をこすらないように注意しましょう。

化粧水をコットンでつける方法

化粧水をコットンでつける場合は、化粧水をたっぷりコットンに染み込ませます。
化粧水の量が少ないと、摩擦を与えてしまう可能性があるのです。

化粧水をコットンに染み込ませたら、そのコットンを肌の上に優しくすべらせます。

コットンを肌にすべらせるときは、強く顔をこすらないように十分に注意しましょう。

化粧水を手やコットンにつけて、肌に潤いを与えよう

化粧水を手でつける場合と、コットンでつける場合とでは、メリットとデメリットが違います。化粧水を手やコットンでつけるときは、肌を強くこすらないように注意することが大切です。

肌が荒れているときは、手を使うなど自分の肌の状態や肌質に合わせて、化粧水を何でつけるか選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました