敏感肌に合う化粧水の選び方と使い方のポイントを紹介

敏感肌に合う化粧水の選び方と使い方のポイントを紹介 化粧水

敏感肌の方が肌を整えるためには、化粧水を使って肌に水分を与えることが大切です。しかし、敏感肌に合わない化粧水を選ぶと、ヒリヒリしたりかゆくなったりする可能性があります。

敏感肌に合う化粧水をスキンケアで使うことで、肌の乾燥を防ぐことが期待できます。
この記事では、敏感肌の化粧水の選び方や使い方のポイントについて紹介します。

敏感肌の状態とは

敏感肌の状態とは

敏感肌とは、主に以下のような肌の状態のことを指します。

  • 化粧品を使用した際に、肌にかゆみや赤みがでる
  • 季節の変わり目などで肌の調子が変わりやすい
  • 紫外線やほこりなど些細な刺激で肌トラブルを起こしやすい

敏感肌の原因として、肌の角層にあるバリア機能の低下が考えられます。
バリア機能は、アミノ酸を含むNMF(天然保湿因子)、セラミドや脂肪酸などの細胞間脂質、皮脂膜のはたらきによって保たれています。バリア機能が正常にはたらいていると、肌の水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激から肌を守ったりすることができるのです。

しかし、バリア機能が低下してしまうと肌が乾燥しやすくなって、外部からの刺激を受けやすい状態になります。バリア機能が低下する原因は、乾燥や間違ったスキンケア、睡眠不足やストレスなどです。

正常なバリア機能を維持して、肌を健やかに保つためには、毎日のスキンケアでしっかりと保湿することが大切です。

敏感肌に合う化粧水を選ぶには

敏感肌に合う化粧水を選ぶには

敏感肌の方は、バリア機能を整えるために、毎日化粧水を使って肌に水分を与えましょう。化粧水によっては、肌に刺激を与える可能性がある成分が含まれている場合があります。敏感肌に合う化粧水を選ぶことで、より効率よく保湿ケアをすることができるのです。

敏感肌の方は、どのような点を意識して化粧水を選んだら良いのか解説します。

保湿成分が配合されている化粧水を選ぶ

敏感肌の方は、バリア機能が低下していて乾燥しやすい状態です。肌の乾燥は、バリア機能をさらに低下させる原因になります。

化粧水は、バリア機能の正常なはたらきを保つために、以下の保湿成分が配合されている化粧水を選ぶことをおすすめします。

  • セラミド
  • グリセリン
  • アミノ酸
  • スクワラン
  • ヒアルロン酸
  • ライスパワーNo.11
  • PCA-Na

低刺激性の化粧水を選ぶ

敏感肌の方は、肌に負担をかけないようにするために、低刺激設計の化粧水を選ぶことをおすすめします。

化粧水によっては、アルコールが配合されているものがあります。アルコールは揮発性があるため、敏感肌の方には刺激となる可能性があります。

化粧水を選ぶ際は、なるべくアルコールが含まれていない化粧水を選びましょう。また、パラベンや鉱物油、香料や着色料などの添加物が使われていない化粧水もおすすめです。

アレルギーテスト済みの化粧水を選ぶ

アレルギーテスト済みと記載されている化粧水は、かゆみや赤みなどのアレルギー症状が出るか判断するテストが実施されています。ただし、アレルギーテスト済みの化粧水だからと言って、全ての方にアレルギー症状が出ないというわけではありません。

初めて使用する化粧水は、アレルギーテスト済みと記載されている商品でも、少量を試してから使うことをおすすめします。

敏感肌の化粧水の使い方

敏感肌の化粧水の使い方

化粧水は洗顔の後にすぐ使いましょう。敏感肌の方は、化粧水を手でつけることをおすすめします。

敏感肌の方が化粧水をコットンでつけると、摩擦による刺激で肌にダメージを与えてしまう場合があります。

化粧水をつけるときは、肌をこすらないように十分に注意して、優しくなじませることが大切です。化粧水をつけた後は、水分をキープするために乳液やクリームを使いましょう。

敏感肌に合う化粧水で丁寧にケアをしよう

敏感肌は、バリア機能が低下していて乾燥しやすい状態です。肌に潤いを与えて健やかに保つために、化粧水で水分を与えましょう。

化粧水は、セラミドやアミノ酸、スクワランなどの保湿成分が配合されているものがおすすめです。使ってみたい化粧水がある方は、サンプルやトライアルセットを利用して、自分の肌に合うかどうか試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました