ニキビ跡の種類と原因、ケア方法を紹介!

ニキビ跡の種類と原因、ケア方法を紹介! スキンケア

目立つニキビ跡で悩んでいませんか?ニキビ跡の悪化を防ぐためには、ニキビ跡の種類に合わせて適切なケアをすることが大切です。

ニキビ跡をセルフケアですぐに改善させることは難しいですが、正しくケアをすることで、ニキビ跡が目立ちにくい肌を目指せます。
この記事では、ニキビ跡の種類と原因、ニキビ跡のケア方法について紹介します。

ニキビ跡の原因とは?

ニキビ跡の原因とは?

ニキビ跡とは、ニキビが治った後の肌に炎症や色素沈着などが残っている状態です。ニキビ跡には、赤みのあるものや茶色いものがあります。ニキビ跡の種類によって、原因は異なります。

【赤みがあるニキビ跡】
ニキビが治った後でも炎症が続いていると、赤みがあるニキビ跡として残ります。また、その炎症から受けた肌へのダメージによって皮膚が薄くなると、血管が透けて見えて赤みが目立つことがあります。

【茶色のニキビ跡】
炎症によってメラノサイトが刺激されると、シミの原因のもとになるメラニンが作られます。メラニンが多く作られると、色素が沈着してシミのように残ってしまうのです。

【クレーター】
炎症の悪化によって皮膚の真皮層が破壊されると、皮膚が陥没してクレーターができることがあります。クレーターの場合は、セルフケアで完治することが難しいといわれています。

ニキビ跡の悪化を防ぐには、ニキビ跡の種類に合わせて適切なケアを行うことが大切です。

ニキビ跡をケアするには?

ニキビ跡をケアするには?

できてしまったニキビ跡を自然に治すことは難しいです。ニキビ跡の悪化を防ぐためには、毎日スキンケアをして肌に潤いを与えることが大切です。
ニキビ跡の悪化を防ぐために、どのようなアイテムを選んだら良いか紹介します。

赤みがあるニキビ跡

赤みがあるニキビ跡の悪化を防ぐには、炎症を抑える必要があります。次の成分が配合されたアイテムでケアしましょう。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アラントイン
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体

上記のような成分が配合されたアイテムを使い、優しくスキンケアをしましょう。

茶色のニキビ跡

色素沈着が原因で生じた茶色のニキビ跡に対しては、次の成分が配合されているアイテムを使ってケアをすることをおすすめします。

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • プラセンタ
  • レチノール

上記のような成分が配合された美白化粧品を使って、ニキビ跡の悪化を防ぎましょう。

クレーター

クレーターの場合は、セルフケアで治すことが難しいため、皮膚科で相談することをおすすめします。

クレーターを防ぐためには、ターンオーバーを整えることが大切です。ターンオーバーの乱れを防ぐために、栄養バランスの良い食事や適度な運動、ストレスをためないことなどを心がけましょう。

ニキビ跡を防ぐためには

ニキビ跡を防ぐためには

ニキビ跡を作らないようにするためには、毎日スキンケアをして乾燥を防ぐことが大切です。肌が乾燥していると、肌を守るために皮脂が多く分泌され、ニキビの悪化につながることがあります。

スキンケアをするときは、肌をこすったり刺激を与えたりしないように注意して、優しくケアしましょう。

ニキビの炎症や色素沈着を防ぐためには、紫外線対策も必要です。紫外線を過剰に浴びると、ニキビの炎症の悪化につながる可能性があるのです。
なるべく毎日、日焼け止めを塗って、紫外線によるダメージから肌を守りましょう。

毎日のスキンケアと生活習慣でニキビ跡の悪化を防ごう

ニキビ跡は、炎症の悪化や色素沈着などが原因で生じます。ニキビ跡やニキビを防ぐためには、毎日洗顔をして肌を清潔にし、化粧水や乳液などを使ってスキンケアをすることが大切です。

スキンケアだけでなく、栄養バランスの良い食事や適度な運動などを意識して、ターンオーバーの乱れを防ぎましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました