クロノセルの使い方や魅力を紹介!スキンケアに取り入れて肌を整えよう

クロノセルの使い方や魅力を紹介!スキンケアに取り入れて肌を整えよう 幹細胞美容液

肌の乾燥やハリ不足が気になったことはありませんか?
潤いやハリのある肌を保つためには、毎日のスキンケアが大切です。化粧水や乳液などのスキンケアだけでは物足りないなと感じている方は、美容液を取り入れることをおすすめします。

クロノセルは、年齢に応じたケアに役立つブースター美容液。乾燥や年齢サインが気になる方におすすめのアイテムです。

当記事では、クロノセルの魅力や使い方について紹介していきます。

クロノセルの魅力とは

クロノセルの魅力とは

クロノセルは、エイジングケア(※1)に嬉しい成分が配合されている美容液です。クロノセルの特徴や魅力について詳しく紹介します。
(※1)年齢に応じたケア

3種類のヒト幹細胞培養液が配合されている

クロノセルには、次の3つのヒト幹細胞培養液が配合されています。

  • ヒト脂肪細胞順化培養液(※2)
  • ヒト線維芽細胞順化培養液(※2)
  • ヒト骨髄幹細胞順化培養液(※2)

(※2)ハリ・保湿成分

そもそも幹細胞とは、失った細胞を補うために働く細胞です。幹細胞培養液は、幹細胞を培養した際に分泌される液体のことをいいます。幹細胞培養液には、ヒト由来のものや植物由来のものがあります。

ヒト幹細胞培養液には、成長因子(グロースファクター)が含まれており、肌を整える働きが期待できるのです。

他にも美容に嬉しい成分が多く配合されている

クロノセルには、ヒト幹細胞培養液の他に、次の整肌因子も配合されています。

  • ヒトオリゴペプチド-1(※3)
  • ヒトオリゴペプチド-13(※3)
  • 合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31(※3)

(※3)保湿成分

さらに、美肌菌となじみやすいEC12(エンテロコッカス)や、天然植物系エキスなども配合されているため、潤いのある健やかな肌を維持したい方におすすめです。

ステムブースター処方により、肌を柔軟にして普段のスキンケアの浸透(※4)もサポートしてくれます。
(※4)角層まで

7つの無添加処方&国内製造で品質にも期待できる

クロノセルは、次の成分が無添加になっています。

  • パラベン
  • 鉱物油
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • シリコン
  • タルク
  • 旧指定成分

また、クロノセルは日本国内で製造されていて、品質管理も徹底して行われているところも魅力です。クロノセルは、自分の肌を大切にケアしたい方にピッタリのアイテムといえます。

クロノセルの使い方

クロノセルの使い方

クロノセルは、ブースタータイプの美容液なので、洗顔をした後に使いましょう。

まず、クロノセルの蓋についているスポイトを使って、2~3回プッシュして(10円玉大)手に出します。

次に、肌全体に美容液を優しくなじませましょう。このときに、肌を強くこすってしまうと、肌に刺激を与えてしまう可能性があるため注意してください。

クロノセルを使い終わったら、化粧水や乳液、クリームなどを使ってスキンケアをしましょう。クロノセルは、朝と夜の1日2回使うことをおすすめします。

クロノセルの購入方法について

クロノセルの購入方法について

クロノセルは、公式サイトや楽天などで購入することが可能です。

クロノセルの通常価格は、15,000円(税抜)。(2021年3月現在、公式サイトより)

クロノセルの公式サイトで定期コースを利用すると、よりお得に購入できます。クロノセルの定期コースは、次の2種類があります。

  • 定期コース
  • ラクトクコース

定期コースとラクトクコースは、どちらも初回は80%オフの2,980円(税抜)になります。送料は無料です。2回目以降は、34%オフの9,800円(税抜)になります。

定期コースの場合は、お届け回数の縛りはありませんが、ラクトクコースの場合は最低4回以上の継続が条件となっています。ラクトクコース4回分の合計金額は、32,380円(税抜)になります。

クロノセル正しく使ってツヤとハリのある肌を保とう

クロノセルには、ヒト幹細胞培養液をはじめ、肌に嬉しいさまざまな成分が配合されています。使い続けることで、肌を整えて潤いを保つことが期待できます。肌の乾燥や年齢肌が気になる方におすすめしたい美容液です。

クロノセルの使い方は簡単なので、無理なく使い続けられそうですよね。クロノセルを使って、ツヤとハリのある健やかな肌を保ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました