レナセルの使い方とは?遺伝子検査方法についても解説

レナセルの使い方とは?遺伝子検査方法についても解説 幹細胞美容液

レナセルの使い方の順番を知りたい方も多いのではないでしょうか。
おすすめのお手入れ方法を知ることで、肌を良好な状態に整えられます。
今回は、レナセルの使い方、気をつける点についてご紹介いたします。

レナセルの使い方を知る前に!アイテムの特徴とは?

レナセルの使い方を知る前に!アイテムの特徴とは?

レナセルは、ヒト幹細胞培養液を使用した美容液です。

国産純度100%のヒト幹細胞培養液を使用しているほか、添加剤や熱を一切除外している特徴があります。
完全無血清培地となるため、アレルギーなどの心配もありません。

また、遺伝子検査を通じて、肌質に適した美容液を届けてくれます。
データを参考にすることで、自身に合うスキンケアアイテムもわかります。

ふっくら肌を目指せる「プロテオグリカン」、保湿をおこなう「アクアタイド」、コラーゲンサポートをおこなう「ロイヤルビオサイト」が配合されている部分も特徴的です。

カサカサ肌、隠れシミ、くすみが気になる方におすすめです。

無着色・無香料・アルコールフリーのため肌への負担も軽減させます。

レナセルは、遺伝子検査の結果をもとに、自身に合う美容液がわかる、エイジングケア目的にも良いとされるアイテムです。

レナセルの使い方!遺伝子検査方法とは?

レナセルの使い方!遺伝子検査方法とは?

レナセルの使い方は、まずは遺伝子検査キットを使用する必要があります。
サービス申し込み規約を読んだあと、検査申込同意書に署名と捺印をおこなってください。

次に、細胞採取をしていきます。
採取1時間前から、カフェイン飲料、喫煙、うがい薬の使用は避けてください。
正しい検査結果が反映されない場合があります。

口の中を水で10秒以上すすいだあと、綿棒を頬の内側に強く押し当てて10回程度回転させてください。
反対側も同じ動作をおこないましょう。
細胞を摂取することが目的となるため「軽く」より「強め」の力を意識することが大切です。
綿棒の先端は手で触ることのないように気をつけてください。

検査容器に綿棒を入れてキャップを締めてください。
返信用封筒に検査申込同意書と検査容器を入れてポストに投函すると、3〜4週間程度で遺伝子検査をもとに自身に合う美容液が届きます。

返送は原則2週間以内におこなう必要がありますが、万が一返送をおこなわない場合、一般的な肌データをもとにした美容液が届きます。

自身の肌質に合う美容液を使用したい方は、必ず期限までに遺伝子検査・返送をおこなってください。

レナセルの使い方!方法や気をつける点について

レナセルの使い方!方法や気をつける点について

レナセルは、朝晩の2回、スキンケア時に使用する方法がおすすめです。
保湿のバランスを保ってくれたり、外部からの刺激を守ったりする期待が持てます。

塗る順番は「洗顔」「化粧水」「レナセル」「乳液」「クリーム」です。
レナセルは3〜4回プッシュして使ってください。
肌トラブル、乾燥が気になる部分は、重ね塗りする方法がおすすめです。
シミ、くすみ部分、ほうれい線などの部分にも優しく塗り込みましょう。
正しく使用することで、約1ヶ月間持ちます。

レナセルを利用する上で気をつける点は、日焼け止め目的には適さないということです。
特に紫外線が気になる季節は、別途日焼け止めを用意して塗る必要があります。

また、普段のスキンケアの順番にレナセルを取り入れるため、肌の手入れに時間がかかりやすくなります。
時短でスキンケアをおこないたい方には、不向きに感じるかもしれません。
余裕を持ち、スキンケアに取り組んでいきたいところです。

数回使用するのみでは、効果の働きが実感できない場合があります。
レナセルは継続して使用することが大切です。

レナセルは、普段のスキンケアの中に取り入れやすく、透明感のある肌質を目指せます。

レナセルの使い方は洗顔・化粧水・レナセル・乳液・クリームの順番に

レナセルの使い方は、洗顔、化粧水のあとに使えます。
美容液を使用するイメージで、日々のスキンケアの中に取り入れていきましょう。

理想の肌質を目指したいなら、レナセルを継続して利用することが大切です。

※参考:https://sp.ch.nicovideo.jp/sakuraikun/blomaga/ar1907075
https://renacell.jp/lp?u=renacell_official

コメント

タイトルとURLをコピーしました