レナセルの解約方法とは?電話で簡単に行う方法をご紹介

レナセルの解約方法とは?電話で簡単におこなう方法をご紹介 幹細胞美容液

レナセルの解約方法は簡単に行えるのか、気になる方も多いでしょう。
解約方法が複雑なら、怪しいイメージを持ってしまうもの。
しかし、レナセルはいつでも安心して解約できる特徴があります。
今回は、レナセルの解約方法と気をつける点についてご紹介いたします。

レナセルは解約することができる?

レナセルは解約することができる?

レナセルは、お客様サポートセンターの電話を通じて、いつでも解約することができます。

定期コースの継続回数も縛りはありません。
電話が全然つながらない状況もあまりないと言えます。

レナセルの定期コースが、自身に合わなくても、いつでも解約することができるため安心です。

レナセルの解約方法について

レナセルの解約方法について

レナセルの解約方法は、お客様サポートセンターの電話から行うことが可能です。
電話番号は「0120-200-147」、営業時間は平日「10:00〜18:00」までとなります。

電話をかけたあと、レナセルを解約したい旨を伝えてください。
また、オペレーターからいくつか質問を受ける場合があります。
「コース名」「氏名」「電話番号」「解約をおこなう理由」を聞かれることがあるため、事前に伝える情報を確認していきましょう。
電話口で手順に沿った対応を終えると、無事解約完了となります。

解約の電話も、オペレーターに説得されたり、気が進まなそうな対応を取られたりすることもありません。
レナセルの解約は、お客様がいつでもしたい時にできる仕様です。

また、レナセルは初回商品代金に限り、90日返金保証を実施しています。
商品到着後90日以内の場合、初回代金を返金してもらえます。

レナセルを使って肌に合わないと感じた場合にも、お客様サポートセンターに電話しましょう。
明細書、商品の容器・箱、返金申請書が必須です。
無くした場合は、受け付けてもらえないため気をつけましょう。
送料・返金手数料は、自己負担となります。

営業終了間際は、電話が混み合う傾向があるため、つながらない場合があります。
狙い目の時間帯は、お昼休みを過ぎた辺りです。

フリーダイヤルとなるため、電話の発信者には通話料金が発生しないため、安心して解約の電話が行えます。
レナセルの解約方法は、電話から誰でも簡単にできる部分が特徴的です。

レナセルの解約方法の注意点

レナセルの解約方法の注意点

レナセルを解約する上での注意点は、次回お届け予定日の10日前までに行う必要があることです。
期間を過ぎてしまうと、受け付けてもらえなかったり、次のアイテムが自宅に届いたりする可能性があります。
余裕を持ち、解約を行うようにしましょう。

また、土日祝日は、電話対応は受け付けていません。
解約の電話は、平日の営業時間内におこないましょう。

解約は電話でのみ受け付けていて、メールでは解約手続きはできません。

他にも、レナセルの遺伝子検査キットがついた定期コースを4回未満で解約すると、遺伝子検査費用24,800円(税別)が請求されます。遺伝子検査を4回頼むことで、検査費用は無料となるため、状況を見た上でキャンセルするかどうか決めましょう。

レナセルはいつでも解約できますが、肌質を良好な状態に導きたいなら、美容液を継続的に利用する方法が推奨されます。
肌に合わない場合でも、すぐに解約の電話を申し出るのではなく、しばらく様子を見る方法がおすすめです。

レナセルはいつでも解約できる!

レナセルの定期コースは、お客様自身がやめたいと感じた時に、いつでも解約することが可能です。
電話番号は「0120-200-147」、営業時間は平日「10:00〜18:00」までとなります。

しかし、次回お届け予定日の10日前までに行う必要があるため、日付に余裕を持ち、解約することが大切です。

※参考:https://kaiyaku.xbiz.jp/renacell_kaiyaku
https://kk-online.jp/renacell/

コメント

タイトルとURLをコピーしました