40代のベースメイクの順番って?メイクをヨレさせないテクニック

40代のベースメイクの順番って?メイクをヨレさせないテクニック メイク

40代からのベースメイクは順番に気をつけることが大切です。
肌の悩みを適切にカバーできる期待も持てます。
今回は、40代のベースメイクの順番についてご紹介いたします。

40代のベースメイクの順番とは?

40代のベースメイクの順番とは?

40代のベースメイクの順番は「化粧水」を塗った後、くすみが目立つ部分に「下地」を塗り「ファンデーション」を軽く乗せることです。
くすみが気になる方は、ファンデーションの前に「ハイライト」を使用するのがおすすめです。

日焼け止めを使う場合「化粧水」「日焼け止め」「下地」「ファンデーション 」の順番で塗っていきましょう。
BBクリームを使う場合、スキンケアのあとに塗ると、下地の役割を果たしてくれます。

肌の気になる部分に下地を乗せると、ファンデーションを塗った後、肌が整ってみえます。
人によっては、目元のくま、口角のたるみに乗せるのがおすすめです。

40代のベースメイクは、肌のポイントごとに塗り分けを行うことが大切です。

40代のベースメイクの順番を決める上でのポイント

40代のベースメイクの順番を決める上でのポイント

ベースメイクの順番を決める上でのポイントは、肌の悩みのカバー力です。
下地の段階で、気になる肌部分を目立たせない工夫を行うことが大切です。

下地は「オレンジ系」「ピンク系」を使い分ける方法がおすすめです。

オレンジ系の下地は、くすみ、たるみをカバーするのに役立ちます。
先に、肌の気になるポイントに下地を乗せていきましょう。
指の腹を使って優しく叩くと、肌とも馴染みやすいです。

ピンク系の下地は、立体感を出すために使うのに向いています。
Tゾーン、頬、あごを中心に塗ると、肌が整ってみえます。

最後にファンデーションを少量ずつ塗り込み、全体を整えていくと完成です。
下地をしっかり塗ると、少量でも伸びが良く、厚塗り感を防ぎます。

最初は「片頬」「額」「鼻」を中心に、最後に「片頬」「口周り」を塗っていきましょう。
頬部分は外側から内側にかけて塗ると、メイク崩れを防ぎます。
内側から外側にかけて塗る場合、ヨレの原因になりやすいため気をつけましょう。

小鼻、口元などは、パフではなく指で塗ってください。
ファンデーションは、パフ全体に取るのではなく、片方のみ乗せましょう。
つけすぎを防ぐほか、少量でメイクの仕上がりを際立たせます。

40代のベースメイクは、肌の気になるポイントを意識して行うことが大切です。

40代のベースメイクの順番で気をつけること

40代のベースメイクの順番で気をつけること

下地をきれいに塗るように心がけましょう。
ファンデーションは、軽く乗せることを意識すると、メイクの仕上がりも整います。

下地の段階で、肌の悩みをしっかりカバーすることが大切です。
下地のカラーを使い分けて、指の腹で優しく肌に馴染ませることで、加齢による悩みを隠しやすくなります。

ファンデーションは、強く叩くとシワの原因になったり、色ムラを引き起こしたりするので気を付けてください。
一時的にきれいな仕上がりになっても、時間が経つごとにヨレやすくなるため注意しましょう。

一つの工程は、一気に仕上げるのではなくポイントごとに分けて、塗り分けることも大切です。
顔の凹凸を無視すると、のっぺりした印象にもなります。
フェイスライン、髪の生え際は塗らないようにしましょう。

ベースメイクを仕上げた後、眉メイク、アイメイクを行ってください。

40代のベースメイクの順番に気をつけると、若々しく見える期待が持てます。

40代のベースメイクの順番は「下地」の塗り方が大切!

40代のベースメイクの順番は「下地」に力を入れることが大切です。
肌のくすみ、たるみが気になる部分に「オレンジ系」の下地、立体感を出したい部分には「ピンク系」の下地を使っていきましょう。

ファンデーションも、顔のポイントごとに分けて塗ると、メイクの仕上がりも良くなります。

※参考:https://precious.jp/articles/-/9905
https://precious.jp/articles/-/9923

コメント

タイトルとURLをコピーしました