30代のベースメイクの順番って?コツを押さえてキレイに見せよう

30代のベースメイクの順番って?コツを押さえてキレイに見せよう メイク

30代からのベースメイクの順番は、工夫した方が良い点があるか気になる方も多いでしょう。
コツを押さえておくことで、好印象を持たれるメイクに仕上げることができます。
今回は、30代のベースメイクの順番についてご紹介いたします。

30代のベースメイクの順番とは?

30代のベースメイクの順番とは?

30代のベースメイクの順番は「日焼け止め」「下地」「コントロールカラー」「コンシーラー」「パウダーファンデーション」となります。
順番を押さえると、よれにくいメイクに仕上げることが可能です。

また「リキッド・クリームファンデーション 」を使用している方は順番が異なります。
「日焼け止め」「下地」「コントロールカラー」「リキッド・クリームファンデーション 」「コンシーラー」「フェイスパウダー」の順番となります。

下地の段階で、メイクの土台が仕上がっている状態が理想的と言えるでしょう。

30代のベースメイクの順番!コツについて

30代のベースメイクの順番!コツについて

自身の肌質を確かめることが大切です。
肌質に合わない化粧品を使うと、メイクを丁寧に仕上げても、時間が経つとヨレが気になります。

乾燥肌の方は肌にうるおいを与える下地を、オイリー肌の方は皮脂テカリをおさえる下地を選んでください。
どちらの肌質も兼ね揃えている方は、2つの下地を使い分ける方法も良いと言えます。

また、コントロールカラーを塗る場合、肌の気になるポイントに塗り、指の腹でトントン押さえるようにしましょう。
赤みを抑えたい方は「緑系」、くすみを防ぎたい方は「オレンジ系」、明るく見せたい方は「ピンク系」を使うのがおすすめです。
目的や肌質を無視して使うと、コントロールカラーが浮いて見える場合があるので注意してください。

シミなどが目立つ場合、コンシーラーを使いましょう。
気持ち多めの量を使うと、隠したいポイントを違和感なく肌に馴染ませられます。

30代のベースメイクは、自身の肌質を知った上で、肌悩みをカバーするアイテムを使っていきましょう。

30代のベースメイクの順番!気をつけることとは?

30代のベースメイクの順番!気をつけることとは?

肌トラブルの気になる部分は、コンシーラーの使い分けを行うことが大切です。
ファンデーションを強引に重ねて塗ると、よれやすく、顔全体をくすんだ印象に見せます。

また、パウダー系のアイテムは、いかなるときも最後に使うようにしましょう。
初期段階で使うと、特徴や効能を発揮しにくくなります。
「フェイスパウダー」「パウダーファンデーション 」が挙げられます。

肌質に合ったファンデーションを使うことも大切です。
30代は、肌の乾燥が目立ちやすい傾向が高く、今まで使っている基礎化粧品は合わない場合が出てきます。
保湿力が高いアイテムを使ったり、リキッド・クリームタイプのファンデーションを使ったりする方法がおすすめです。

スキンケアの段階で保湿を意識することも大切です。
化粧水は適量以上手に取りましょう。

また、小鼻、目元など、凹凸がある部分は手を使って下地を塗ることが大切です。
塗り残しがなく、しっかり顔全体に馴染ませることができます。
指で優しく触ることを意識すると、シワにもなりにくいです。
パフを使うときも、全体にファンデーション を乗せずに、半分の位置で使うと、つけ過ぎを防止します。

30代のベースメイクは、肌の気になる部分をカバーしたあとに、ファンデーションを乗せることが大切です。

30代のベースメイクの順番は、コンシーラーを使う位置にも注目!

30代のベースメイクの順番は、くまやくすみをカバーするコンシーラーを使うことが大切です。
ファンデーションは軽く乗せる程度を意識すること、下地の段階でメイクの土台を整えていきましょう。
肌質に合わせてコントロールカラーを使うと、透明感もアップしやすいです。

※参考:https://30kekkon.com/keshou-makeup-juunban/
https://arine.jp/articles/23872

コメント

タイトルとURLをコピーしました