クッションファンデの使い方!コツを押さえてツヤ肌を目指そう

クッションファンデの使い方!コツを押さえてツヤ肌を目指そう メイク

クッションファンデの使い方は、馴染みがない方にとっては難しそうと感じることがあるでしょう。しかし、一度覚えてしまうと使い勝手が良いため、ツヤ肌を目指してリピートしたくなるほどです。
今回は、クッションファンデの使い方についてご紹介いたします。

クッションファンデの使い方を知る前に!特徴とは?

クッションファンデの使い方を知る前に!特徴とは?

クッションファンデの特徴は、肌に塗ることでみずみずしい感触がすることです。
肌にうるおいを与えるため、乾燥肌の方にもおすすめです。

化粧直しにもサッと使いやすいため、コスメポーチに忍ばせておくのも良いでしょう。
透明感をアップさせられるため、ナチュラルメイクに仕上げたい方にも向いています。

クッションファンデは「下地」「日焼け止め」の役割が含まれていることも多いです。
美容アイテムを複数用意する必要はないため、時短メイクを行いたい方にもピッタリと言えます。

クッションファンデは、濡れたようなツヤ肌を目指す方にピッタリな美容アイテムです。

クッションファンデの使い方

クッションファンデの使い方

クッションファンデの使い方は、まずはパフの半分にファンデをつけたあと、頬の中心に置いてください。
外側にかけて、ポンポンと押さえていきます。
おでこも、中心から外側にかけて塗っていきます。
テカリやすいTゾーン部分は、力を入れず軽く押さえる程度にするのがおすすめです。

凹凸がある小鼻付近、口元、目元は、パフを密着させて使ってください。
ムラが出ないように、丁寧に押さえることで肌全体を整えます。

つけすぎた部分は、テッシュを乗せてポンポンと優しく拭き取ってください。

フェイスパウダーを重ねて塗るのもおすすめです。
夏場などの汗をかきやすい時期は、皮脂くずれを防ぎやすいです。

上級者の方では、ブラシを使って塗る方法もあります。
気になる毛穴をカバーしやすく、肌になじみやすいメリットがあります。

クッションファンデの使い方は、一度慣れたらあとは簡単です。
手放せないほどの魅力があります。

クッションファンデの使い方!気をつける点

クッションファンデの使い方!気をつける点

クッションファンデを使う注意点は、定期的にパフを洗うことです。
放置しておくと、雑菌が繁殖する原因につながります。
肌が荒れたり、痒くなったりすることもあるので気を付けましょう。
毎日洗うのが理想ですが、難しい方は3日に1度のペースで大丈夫です。

また、ファンデをたくさんつけすぎないように気をつけましょう。
一度に取る量が多いと、肌になじみにくく色ムラが起こりやすいです。
みずみずしい感触のクッションファンデの特徴を活かしにくいです。
少量ずつパフに取り、肌に乗せるようにしましょう。

他にも、パフはベッタリと肌に密着させないことも大切です。
ポンポンとテンポよくファンデーションを塗るようにしましょう。
優しく塗るほど、ツヤツヤ肌を目指すことができます。

スキンケアを通して、保湿が不十分な場合もNGです。
乾燥した状態が続くと、皮脂が分泌しやすいです。
クッションファンデは保湿力が高いと言いつつも、スキンケアはしっかり行いましょう。

肌の気になる部分には、コンシーラーを乗せてください。
クッションファンデのみでは、毛穴、シミの悩みをカバーしにくいです。

また、塗る順番は「クッションファンデ」「コンシーラー」となります。
逆にすると、メイク崩れが起きやすくなります。

クッションファンデの使い方の注意点に気をつけた上で、ナチュラルメイク風に仕上げていきましょう。

クッションファンデの使い方は簡単!ポンポンと押すことを意識して

クッションファンデの使い方は、頬の中心から外側にかけてパフをテンポ良く押していくことです。
みずみずしい特徴があるので、乾燥肌の方にもピッタリです。

「下地」「日焼け止め」の役割が含まれているアイテムも多いため、ベースメイクの時短にもつながります。

※参考:https://www.mine-3m.com/mine/news/image?news_id=103629
https://lipscosme.com/articles/2808

コメント

タイトルとURLをコピーしました