毛穴の黒ずみ除去におすすめの洗顔料&化粧水8選

毛穴の黒ずみ除去におすすめの洗顔料&化粧水8選 スキンケア

毛穴が開いて黒ずみが目立つ場合、角栓が詰まっているとセルフケアでは黒ずみを除去するのは難しいケースが多いです。しかし、毛穴の黒ずみが’少し気になる’程度であれば、スキンケアで黒ずみを除去できる可能性があります。
毛穴の黒ずみ除去は、洗顔で肌の汚れを落とし、毛穴を引き締めて保湿をすることが大切です。そこで、毛穴の黒ずみ除去におすすめの洗顔料と化粧水を紹介します。

毛穴の黒ずみ除去におすすめの洗顔料

毛穴の黒ずみ除去におすすめの洗顔料

毛穴の黒ずみの原因である汚れや、できたばかりの角栓をケアするのにおすすめの洗顔料を紹介します。

マンダム:ビフェスタ泡洗顔ブライトアップ

ビフェスタ泡洗顔ブライトアップは、固くなった角質を柔らかくする乳酸が含まれている炭酸タイプの泡洗顔料です。肌の水分量を維持する効果が期待でき、自分で作るのは難しい濃密で、きめ細やかな泡で洗顔できることが魅力だといえるでしょう。泡は弾力があるため、指と顔の摩擦が起こりにくく、肌への負担が軽減されることもポイントです。

ドクターシーラボ:VC100ホットウォッシングフォーム

VC100ホットウォッシングフォームは、炭酸ガスが含まれている泡洗顔料です。洗顔後に肌が突っ張りにくく、乾燥肌の人に最適でしょう。

健康コーポレーション:どろあわわ

どろあわわは、3種類の泡を配合している洗顔料です。パウチタイプのため自分で泡立てる必要がありますが、毎日使用し続けることによって、毛穴の黒ずみの原因である角栓を除去する効果が期待できます。洗浄力が高い商品ではないため、肌を守るために必要な皮脂を残したまま洗顔できます。

毛穴の黒ずみ除去におすすめの化粧水

毛穴の黒ずみ除去におすすめの化粧水

毛穴を引き締め、黒ずみを除去・予防するためにおすすめの化粧水を紹介します。

オルビス:ユー モイストアップローション

ユー モイストアップローションは、肌に乗せると溶けるように浸透することが特徴で、弾力のある肌に導く効果が期待できます。肌の乾燥、くすみといった肌悩みをカバーする効果が期待できるほか、皮脂の過剰分泌を予防したい場合にも最適です。

シーボディー:薬用VCローション

薬用VCローションは、ビタミンC誘導体と比較すると浸透力がおよそ200倍のVC200と呼ばれる成分が配合されているローションです。皮脂の過剰分泌を防ぐ効果が期待できるため、毛穴詰まりや毛穴の黒ずみを予防する効果が期待できます。さらに、アルコールや鉱物油、パラベンと入った添加物は使用していないため、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使用できるでしょう。

ファンケル:エンリッチ

肌が緩んで毛穴が開くと、毛穴に汚れがたまりやすく黒ずみが目立ちます。エンリッチは高品質なコラーゲンで肌を引き締めて弾力とハリを与え、新しくコラーゲンを生成することによって、肌のツヤ・ハリを維持する効果が期待できることが魅力です。
とろみのあるテクスチャーであり、使用感も良いでしょう。添加物は使用しておらず、肌に負担がかかりにくいこともポイントです。

石澤研究所:お米の化粧水

お米の化粧水は、肌が乾燥して開いた毛穴にアプローチするコメ発酵液、米ぬか油、米セラミド、米ぬかエキスが配合されていることが特徴です。肌に潤いを与えてキメを整え、ツヤとハリを維持できるほか、バリア機能を向上させる効果が期待できます。
肌を引き締めるアーチチョーク葉エキスや保湿成分のヒアルロン酸が配合されており、乾燥が原因で毛穴が開き、黒ずみが目立っている場合のケアに最適です。

ちふれ化粧品:美白化粧水W

美白化粧水Wは、低価格でありながら、毛穴の黒ずみ除去に高い効果が期待できる美白化粧水です。ヒアルロン酸やビタミンC誘導体などの成分が配合されており、肌の乾燥を予防できるため、洗顔料で角質ケアをした後の保湿に最適でしょう。
また、美白有効成分のアルブチンが配合されており、毛穴ケアと同時にシミ対策を行えることも魅力です。

おすすめの化粧品を活用して毛穴の黒ずみを除去しよう

毛穴の黒ずみを除去するためには、正しいスキンケアの実践と肌に適した化粧品を活用することが大切です。ただし、洗顔料や化粧水を使用しても、1日で毛穴の黒ずみを除去できるわけではありません。
毛穴の黒ずみを除去するためには、継続してスキンケアを行う必要があります。紹介したおすすめの化粧品を参考に、自分の肌に合った商品を取り入れてスキンケアをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました