20代のオルチャンメイクのやり方は?日本人メイクとの違いとは

20代のオルチャンメイクのやり方は?日本人メイクとの違いとは メイク

同じオルチャンメイクでも、年代によってメイクのポイントは異なります。例えば、大人の女性が20代の可愛らしいオルチャンメイクをしていると不自然な若作りに見えたり、反対に20代で大人っぽいオルチャンメイクをすると老けて見えたりするため注意が必要です。
そこで、20代の女性に適したオルチャンメイクの方法や、オルチャンメイクをするうえで重要なポイントについて解説します。

オルチャンメイクをするうえで重要なポイント!日本人メイクとの違い

オルチャンメイクをするうえで重要なポイント!日本人メイクとの違い

オルチャンメイクは、ベースメイクで艶のある肌を作ることが重要です。日本人が行うメイクは基本的にマットな肌にすることが特徴であり、ツヤを消してさらりとした肌質に仕上げます。
日本人メイクをする場合には保湿をしてベースとなる下地を塗ったうえでマットタイプのファンデーションを塗り、フェイスパウダーを使ってマット肌を作るという流れです。
一方、オルチャンメイクは、水分量が非常に良く、ツヤがあり若々しい肌に仕上げることがポイントです。ツヤ肌に仕上げるオルチャンメイクは「水光肌」とも呼ばれ、若々しく見えます。ただし、脂性肌に見えないようにツヤ肌を作ることが重要です。

20代のオルチャンメイク方法

20代のオルチャンメイク方法

20代に最適なオルチャンメイクは、ナチュラルに仕上げることが大切です。リップの色が少し目立つ程度に、ナチュラルに仕上げましょう。

20代のオルチャンメイク:ベース

20代の肌はメイクを厚塗りしなくてもハリがあり、素肌が美しいためファンデーションを厚塗りしないように注意が必要です。肌を少し覆う程度にベースメイクをして、ナチュラルな印象を強調しましょう。素肌に自信がある人は、スキンケアをしたうえで下地とパウダーだけでも十分です。

20代のオルチャンメイク:目元

目元はブラックのアイラインではなく、ブラウン系のアイラインを薄く乗せてナチュラルに仕上げることが重要です。アイシャドウは日本人の肌に適したオレンジやピンク系のカラーを使用し、薄く重ねてグラデーションを作りましょう。
目元をしっかりと見なければ、アイシャドウを使っていることが分からない程度に乗せることがポイントです。
眉は、自分の眉毛をパウダーでなぞって自然な印象に仕上げます。基本的なメイクが薄いにもかかわらず眉毛だけしっかりと書くと、不自然な印象を与えるため注意が必要です。

20代のオルチャンメイク:リップ

20代のオルチャンメイクは、若々しくポップな印象を与えることが大切です。そのため、ビビッドカラーのリップを使って、元気があり可愛らしい印象に仕上げましょう。
また、可愛らしい印象を与えるためには、リップと同じ系統のカラーのチークを乗せることもポイントです。チークは乗せすぎると厚化粧をしているように見えるため、薄く乗せてナチュラルに仕上げましょう。

20代オルチャンメイクにおすすめのアイテム

20代オルチャンメイクにおすすめのアイテム

20代の女性がオルチャンメイクをする際におすすめのアイテムを紹介します。

クリオ「プロアイパレット 001シンプリーピンク」

プロアイパレットは、細かいラメが特徴のアイシャドウです。直接まぶたにアイシャドウを乗せると日中にラメが落ちることがあるため、マット系のアイシャドウを使用した上から、プロアイパレットを使用しましょう。
ラメとマットは質感が異なりますが、カラーを統一すれば綺麗になじみます。

クリニーク「チーク 04 プラム ポップ」

プラム ポップは薄く付けられるチークであり、20代のナチュラルオルチャンメイクに最適です。日本人メイクのトレンドでもある、血色メイクをする際にも活用できるでしょう。
プラム ポップはパウダータイプのため、厚塗りにならずナチュラルに仕上がります。

ロレアル パリ「シャインカレス」

シャインカレスは、オルチャンメイクのポイントであるグラデーションリップを作るのに最適です。発色が良く明るいカラーであり、20代のメイクにもマッチします。

20代オルチャンメイクは可愛くナチュラルに仕上げよう

20代のオルチャンメイクは、明るいカラーのコスメを使用して可愛らしい印象にすることがポイントです。ただし、明るいカラーを入れすぎると厚化粧をしているように見えるため、リップやアイシャドウなど部分的に色を入れ、眉やアイライン、ベースやチークはナチュラルに仕上げます。
メイクのコツや人気のアイテムをチェックして、オルチャンメイクを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました