30代女性がオルチャンメイクをする際のコツは?日本人メイクとの違いとは

30代女性がオルチャンメイクをする際のコツは?日本人メイクとの違いとは メイク

オルチャンメイクしたいと考えていても、どのようにすれば良いのか、オルチャンメイクは10代や20代の女性がするものであり、30代でも似合うメイクの方法なのかなど、疑問や不安を抱く人も多いのではないでしょうか。
そこで、30代に適したオルチャンメイクの方法や、オルチャンメイクの特徴について紹介します。

オルチャンメイクの特徴

オルチャンメイクの特徴

オルチャンメイクにはどのような特徴があるのか、日本人メイクとの違いを紹介します。

平行眉

日本人メイクは、パウダーを使用して柔らかい印象の眉毛を作ることがトレンドとなっています。
オルチャンメイクはナチュラルに仕上げる場合もありますが、眉が平行になるようにしっかりと書くことが多いです。

アイライン

日本人メイクは目の輪郭にアイラインを入れるケースが多いですが、オルチャンメイクはタレ目になるようにアイライナーを入れることが特徴です。目尻にアイラインを入れて、たれ目を強調します。

肌質

日本人メイクはマットな質感に仕上げることが多いですが、オルチャンメイクは艶肌になるように仕上げる人が特徴です。肌をしっかり保湿して、濡れているような肌質に仕上げます。

アイシャドウ

日本人メイクは、薄いカラーを使ってまぶたにツヤを出すことが一般的です。オルチャンメイクは、ピンク系のカラーを使用して可愛らしい印象の目元を作ります。

リップ

日本人メイクは、リップグロスを使用してふっくらとした唇を作ることが一般的です。
オルチャンメイクは、唇の内側を中心にリップを塗り、唇の輪郭に向かってグラデーションをつくります。オルチャンメイクをする人の顔の印象によっても異なりますが、リップは赤や濃いピンクなど目立つカラーを使用することが多いです。

30代女性に合ったオルチャンメイクのコツ

30代女性に合ったオルチャンメイクのコツ

30代のオルチャンメイクは、肌質を活かして厚塗りにならないようにメイクをすることがポイントです。
30代の女性は、肌質や雰囲気など加味してメイクをするため、人によってメイクの方法が大きく異なり、正解はありません。
ナチュラルメイクにしたい人や可愛らしいメイクをしたい人など、自分の顔立ちや服装に合わせてオルチャンメイクを工夫しつつ、オルチャンメイクのトレンドを取り入れましょう。

30代のオルチャンメイク:ベースメイク

30代は、20代の頃と比較すると年齢肌の悩みが出始める年代ですが、素肌感を出すことも忘れないようにしましょう。
メイクを厚塗りしないように注意しながら、コンシーラーで肌の悩みをカバーしてリキッドファンデーションで艶を出します。ハイライトは鼻筋にしっかりと入れて、他のパーツは薄付けすることがポイントです。

30代オルチャンメイク:目元

30代のオルチャンメイクは、黒のアイラインを引くことがポイントです。目を囲むようにしっかりアイラインを引くのではなく、目尻を強調するようにアイラインを引き、目が横長に見えるように強調しましょう。アイラインをしっかりと強調しつつ、ナチュラルな印象も与えられます。
眉毛は、平行眉にする方法も有効ですが、平行眉が似合わない顔立ちだと感じる場合には少しアーチ型になるように薄く眉毛を書きます。地眉を活かして、品がある印象になるよう眉毛を書くことが重要です。

30代のオルチャンメイク:リップとチーク

リップは、落ち着きのある薄いピンクを使用するのがおすすめです。
30代のオルチャンメイクでは、アイメイクやリップメイクが際立つようにチークを入れしましょう。チークのカラーはオレンジやピンクなどのビタミンカラーや、肌になじみやすいカラーを使用し、派手にならないように薄くつけることが大切です。

厚塗りしないことがポイント!30代のオルチャンメイクはナチュラルに仕上げよう

30代の女性がオルチャンメイクをする際には、トレンドに縛られず、自分の顔立ち、雰囲気に適したメイクに仕上げることが大切です。また、肌悩みが増える年代ですが、ナチュラルさを意識してベースメイクをする必要があります。日本人メイクとの違いを押さえて、トレンドのオルチャンメイクを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました