40代女性でもオルチャンメイクは似合う?メイクのコツと注意点

40代女性でもオルチャンメイクは似合う?メイクのコツと注意点 メイク

オルチャンメイクは、韓国のアイドルや女優のように美しい肌になり、可愛らしい印象を与えられるメイクとして注目を集めています。しかし、若い世代の女性がするメイクであり、40代の女性に似合うのか、疑問や不安をいだく人もいるでしょう。
そこで、40代女性に似合うオルチャンメイクの方法を紹介します。

オルチャンメイクの特徴や魅力とは

オルチャンメイクの特徴や魅力とは

オルチャンメイクは、韓国のアイドルのような雰囲気になれるとして人気を集めているメイク方法です。目尻を強調したアイラインや平行眉、透明感があるツヤ肌や黒目を強調できるカラーコンタクトなどいくつかのポイントがあります。
アイシャドウやチークは暖色系のものを使い、アイラインはナチュラルに弾くことがポイントです。ツヤ肌はオルチャンメイクの特徴ですが、近年ではマット肌のオルチャンメイクも人気を集めています。
また、これまでのオルチャンメイクではチークを使用しないケースが一般的でしたが、近年ではオルチャンメイクにチークは必須です。
ただし、オルチャンメイクのポイントを押さえるだけではなく、自分の顔立ちや雰囲気に適したアレンジをすることも重要です。例えば、眉毛については平行眉にこだわらず、自分の顔立ちに合った形や適度にアーチを付けてアレンジをすることなどが挙げられます。

40代のオルチャンメイクの方法

40代のオルチャンメイクの方法

40代のオルチャンメイクは、落ち着きと品のある印象に仕上げることが重要です。韓国のアイドルを手本にするのではなく、韓国の女優を手本にするようなイメージでメイクをしましょう。顔のパーツごとのオルチャンメイクのコツと、注意点を紹介します。

40代オルチャンメイク:ベース

40代は、20代や30代と比較すると肌の悩みも増えるため、ナチュラルメイクにすると手を抜いているような印象になる場合があります。そのため、ベースメイクを丁寧に行い、美しい肌をつくることが非常に重要です。
シェーディングを使用し、立体感を出しつつメイクが濃くならないようにしましょう。肌悩みはコンシーラーで部分的にカバーして、顔全体にBBクリームを塗ったりコンシーラーを使う範囲を広げたりしないように、可能な限り素肌に見えるようなベースメイクをしましょう。しっかりとメイクをしているものの厚塗りしているようには見えない、ナチュラルな雰囲気のメイクを目指します。

40代のオルチャンメイク:アイライン

40代のオルチャンメイクは、リキッドとペンシルを両方使用し、自然かつしっかりとしたアイラインを引くことが重要です。ブラウン系のアイシャドウをグラデーションになるように入れることで、目元に色気のある印象を与えます。
40代のオルチャンメイクでは、黒目を強調するようなカラーコンタクトを使用しないように注意しましょう。カラーコンタクトをつけたい場合には、黒目を強調するタイプではなく色がついていない一般的なコンタクトレンズを使用することが重要です。
どれほど完璧にオルチャンメイクをしても、黒目を強調するカラーコンタクトを入れるだけで幼く不自然な印象になってしまいます。40代のオルチャンメイクは、ナチュラルかつ清楚な印象になるように意識しましょう。

40代のオルチャンメイク:眉毛

40代のオルチャンメイクは、平行眉ではなく自分の眉毛を活かしたラインを書くことが大切です。眉毛が平行になるように整えたうえで、ブラウンのアイブロウを使用して眉毛を書きます。まぶたから眉毛までの距離が短いと堀が深い顔立ちに見えるため、眉毛の下の部分はアイブロウでしっかりと色を入れましょう。

40代のオルチャンメイク:リップ

40代のオルチャンメイクは、派手な印象のリップではなく、落ち着きのある暖色系のリップを使用しましょう。顔色が良く見え、上品な印象も与えられます。ただし、ダークローズ系のリップを使うと老けて見える可能性があるため注意が必要です。

年齢に合うオルチャンメイクを楽しもう

オルチャンメイクは、トレンドや特徴を抑えつつ、年代に適したメイクをすることが重要です。オルチャンメイクをしてみても、「自分の顔に合っていない」「不自然な印象になっている」と感じる場合には、年代に適したメイクをできていない可能性があります。自分の年齢や顔立ちに適した方法を試して、メイクを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました