ニベアパックで毛穴ケアをする方法!肌荒れを引き起こす誤った使用方法とは?

ニベアパックで毛穴ケアをする方法!肌荒れを引き起こす誤った使用方法とは? スキンケア

ニベアクリームは、冬の乾燥する時期はもちろん、花粉によって肌が乾燥して肌が荒れる、冷暖房が効いた室内にいる時間が長く肌が乾燥するといった場合にも活用できます。
青い缶に入ったニベアクリームは全身に使用できる保湿クリームとして長年愛されていますが、パックとして使えば毛穴ケアを行うことも可能です。そこで、ニベアパックで毛穴ケアをする方法とニベアパックをする際の注意点について紹介します。

ニベアパックで毛穴ケアをする方法

ニベアパックで毛穴ケアをする方法

毛穴の黒ずみが気になる場合に、ニベアパックでケアする方法を紹介します。

ニベアパックで毛穴ケアをするための準備

ニベアパックをする際には、ニベアクリームのほか、コットンやタオルを準備します。
ニベアクリームを塗る際には適度に顔を濡らし、顔が白くなる程度にニベアクリームを塗りましょう。ニベアクリームを顔に塗り15分程度時間を置いたら、コットンでニベアクリームを拭き取って洗顔をします。
最後にタオルで顔を押さえるようにして、優しく水分を拭き取るだけです。
なお、ニベアクリームを塗った状態で湯船に浸かると毛穴が開くため、洗顔をした際に毛穴に詰まった汚れを洗い流しやすいです。

頑固な毛穴の黒ずみには蒸しタオルを使おう

毛穴の黒ずみをしっかりケアしたい場合には、ニベアパックをする前に蒸しタオルで毛穴を開くことが大切です。
蒸しタオルで顔の毛穴を開いてからニベアクリームを顔に塗って、15分程度放置して洗い流しましょう。蒸しタオルは、毛穴の黒ずみが目立つTゾーンを中心に乗せることが大切です。

基礎化粧品のひとつとしても使える

ニベアパックのほかにも、ニベアクリームを基礎化粧品のひとつとして使用することが可能です。ニベアパックで洗顔をした後のスキンケアにも、ニベアクリームを取り入れましょう。
健康な肌を維持するためには、肌の油分と水分のバランスを安定させることが大切です。化粧水で肌のキメを整えたら、ニベアクリームを顔全体に塗って、肌の水分が逃げないように蓋をしましょう。
ニベアクリームをスキンケアに活用するのであれば、ニベアクリームだけでなく、他の基礎化粧品の補助として使用することがポイントです。ニベアクリームは肌への保湿効果が高い一方で油分が多く含まれており、単体で使用すると肌の油分過多になり、毛穴詰まりを起こす可能性があります。

ニベアパックで毛穴ケアをする際の注意点

ニベアパックで毛穴ケアをする際の注意点

ニベアクリームは非常に優秀なアイテムですが、使用方法を誤ると肌に悪影響を与えるため注意が必要です。ニベアパックで毛穴ケアをする際の注意点について確認しておきましょう。

大量のニベアクリームでパックをしない

肌の乾燥や毛穴の黒ずみが気になるからという理由で、大量のニベアクリームを塗らないようにしましょう。
ニベアクリームを含め、基礎化粧品は肌に浸透する量が決まっており、大量に塗っても肌に浸透せず、逆に毛穴に詰まってしまいます。特にニベアクリームは油分が多く含まれているため、大量に塗ると毛穴詰まりを起こしやすく、黒ずみが悪化したりニキビができたりするリスクが高いです。
自分の肌質や毎日の肌の状態を見極めて、適量を使用しましょう。

ニキビや炎症を起こしている箇所にニベアパックをしない

ニベアクリームは肌をケアするためのアイテムであり、炎症を抑える有効成分は含まれていません。そのため、ニキビのほか、乾燥が原因で炎症を起こしている部分には使わないようにしましょう。
ニキビや乾燥による炎症は、ホルモンバランスが乱れていたり毛穴が詰まっていたり、元々のアレルギー体質で炎症を起こしていたりすることが原因です。肌トラブルをケアするためには、医薬品を使用しましょう。

ニベアパックを正しく使って毛穴ケアをしよう

ニベアクリームは保湿効果が非常に高いですが、炎症を起こしている部分に使用したり、大量のクリームを塗ったりしないよう注意が必要です。どのような肌にも使用できる万能な医薬品ではないため、正しい使用方法でスキンケアに取り入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました