ニベアパックはシミに効く?噂の真相とニベアパックの注意点

ニベアパックはシミに効く?噂の真相とニベアパックの注意点 スキンケア

年齢を重ねるとシミが気になり、どのような対策をすれば良いのか分からないと悩む人も多いです。
インターネット上では「ニベアパックでシミが消えた」という口コミが広がっており、実際にシミに悩んでいる場合本当に効果があるのか、どのような理由でシミに効くのか気になる人もいるでしょう。
そこで、ニベアパックでシミが消えるといわれる理由や、本当にシミが消えるのかについて解説します。

ニベアパックがシミに効くといわれる理由

ニベアパックがシミに効くといわれる理由

ニベアパックはシミに効果があるのか、シミの原因も合わせて紹介します。

シミの原因を簡単におさらい

肌が紫外線や摩擦などの外部刺激を受けると、肌を守るためにメラニンを生成します。メラニンが生成されると肌が黒くなりますが、肌のターンオーバーで組織が生まれ変わり、黒くなった部分は排出され、元の肌に戻ることが一般的です。
しかし、年齢を重ねると肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、生成されたメラニンが肌内部に定着し、シミになります。
シミができる原因を見ると、ニベアパックがシミに効果があるのか否かについては、効果があるとも効果がないともいえるのです。

ニベアパックはシミに効果があるといえる理由

寒い時期にニベアクリームでしっかりと保湿ケアをしていると、紫外線が強力になる春の時期に、紫外線の刺激を受けにくい健康な肌を維持できます。さらに、紫外線のダメージを受けた後の肌の炎症を抑えるためにニベアパックで保湿ケアをすると、肌の乾燥を予防できるでしょう。
肌の水分量が維持され、ターンオーバーを促進できるため、メラニンを排出しやすくなりシミに効果が期待できます。

ニベアパックはシミに効果がないといえる理由

シミを予防する効果が期待できるのは、ニベアパックではなく日焼け止めです。また、ニベアパックにはビタミンA誘導体のトレチノインや、メラニンの生成を抑え、色素の沈着を予防するハイドロノキンやトラネキサム酸などは配合されていません。
シミに効果が期待できる成分を効率良く浸透させたいのであれば、美容外科や皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬を使用する方法が有効です。
さらに、肌のターンオーバーを促進させるためには、スキンケアのほかに精神的なストレスの解消や栄養バランスの整った食事、充分な睡眠など、身体の内側からのケアも重要です。
シミの予防や改善は体の内側と外側からしっかりとケアをすることが重要であり、ニベアパックのみでシミを含めた肌トラブルを解消するのは難しいでしょう。

ニベアパックでシミが消えたという口コミの真相

ニベアパックでシミが消えたという口コミの真相

インターネット上では「1週間ニベアパックをしたら肌が白くなった」といった内容の口コミがアップされています。しかし、化粧水や美容クリームの効果をニベアパックの効果だと勘違いしている可能性が高いです。
美白有効成分が配合されている化粧水を使用した後にニベアパックで肌を保護することで、化粧水の美白有効成分がしっかり浸透します。肌の色が明るくなったり、シミが薄くなったりしたのは、使っている美容クリームや化粧水の美白有効成分であり、ニベアパックではない可能性が高いでしょう。ただし、ニベアは高保湿クリームであり、健康な肌を維持して、肌のターンオーバーを促進する効果は期待できます。
なお、ニキビができやすい人や、すでにニキビができている場合は、ニベアパックをする際には注意が必要です。ニベアパックをすることで油分過多になり、ニキビが悪化したり、ニキビができる原因になったりします。

ニベアパックと基礎化粧品を併用してシミを予防しよう

ニベアクリームを使ってニベアパックをすることは、保湿ケアとしては有効な方法です。ただし、ニベアクリームには美白有効成分が配合されていないため、シミを消す効果は期待できません。
シミの悩みを解消するための対策としてニベアパックで乾燥を予防し、ターンオーバーを促進させて健康な肌を維持しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました