【まだ使える】パウダーアイシャドウが割れた場合の対処法!

【まだ使える】パウダーアイシャドウが割れた場合の対処法! メイク

パウダーアイシャドウが割れた場合、もう使えないと感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし、適切な対処法をとることで、その後も使い続けることが可能です。
今回は、パウダーアイシャドウが割れた場合の対処法、気をつける点についてご紹介いたします。

パウダーアイシャドウが割れた場合の対処法

パウダーアイシャドウが割れた場合の対処法

パウダーアイシャドウが割れた場合の対処法は、詰め替え用のケースに移すことです。
大きなヒビが入る場合、別のケースに移して整える方法が一番です。
ケースは100均などでも購入できます。
小さめのサイズを購入すると、持ち運びにも便利です。
新しいケースに入れ替えるため、衛生的にも良いです。

また、ラップを使って、アイシャドウを整える方法もあります。
少しのヒビに対してはラップを使うと、元通りに近い状態のアイテムとして使用できます。
割れたアイシャドウの上にラップを覆い、指で平らにするだけで完成です。

乾燥状態が気になる方は、乳液を少し加えると、なめらかな状態になるのでおすすめです。

パウダーアイシャドウが割れた場合、別なアイテムに変化させる方法

パウダーアイシャドウが割れた場合、別なアイテムに変化させる方法

割れたパウダーアイシャドウは、工夫することでリキッドアイシャドウに変えることが可能です。
手順方法も簡単なので、気になる方は参考にしてください。

必要なものは「ベビーオイル」「ラップ」「綿棒」「小さいケース(別容器)」です。

割れたパウダーアイシャドウをラップの上に乗せて、ベビーオイルを数滴垂らします。
次に、ベビーオイルとパウダーアイシャドウをかき混ぜていきます。
馴染んだあと、別容器に移すことで完成です。

他にも、割れたパウダーアイシャドウは、クリームアイシャドウに変化させることが可能です。
肌に馴染みやすいアイシャドウを使用したい方は、ぜひ試してみてください。

必要なものは「ワセリン」「ラップ」「スプーン」「爪楊枝」「小さいケース(別容器)」です。

ラップの上に割れたアイシャドウを乗せて、スプーンでさらに細かく砕いていきます。
ワセリンを小さじ4分の1程度含み、丁寧にかき混ぜます。
最終的に手に取り、粘り気を確かめながら、ちょうど良い固さに調節してください。
最後に別容器にアイシャドウを移して完成です。

パウダーアイシャドウが割れた場合、工夫をすることで、別アイテムとして生まれ変わらせることが可能です。
自身に合う方法を選び、復活させたアイシャドウを使ってみてください。

パウダーアイシャドウが割れた場合に気をつけること

パウダーアイシャドウが割れた場合に気をつけること

パウダーアイシャドウが割れた場合、そのまま放置することのないように心がけましょう。
割れたことを忘れてしまい、次使うときに床や服にこぼす恐れがあります。
コスメポーチに入れておくなら、中身が出て、ほかのアイテムに汚れがつくこともあるでしょう。
なるべく、早めに対処法をとることが大切です。

また、復活させたあとは、強い衝撃を与えないように気をつけてください。
ヒビが割れたアイシャドウを、ラップを覆って使っている場合、少しの衝撃で亀裂が大きくなる場合があります。
いつも以上に丁寧に扱うようにしましょう。

他にも、割れたアイシャドウを、ベビーオイルやワセリンを使って別アイテムにする場合、量の調節を誤らないようにしてください。
油っぽくなり、結果的にアイシャドウが使えなくなります。
ベビーオイルやワセリンは様子を見ながら少しずつ垂らしてください。

パウダーアイシャドウが割れた場合、対処法をとるとまた使える!

パウダーアイシャドウが割れた場合、適切な対処法をとると、再度使うことが可能です。
少しのヒビなら、ラップで固めて使うことができます。

ワセリン、ベビーオイルを使うことで、リキッド・クリーム状のアイシャドウに修復できます。

※参考:https://arine.jp/articles/20938
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6259

コメント

タイトルとURLをコピーしました