パウダーアイシャドウの使用期限って?劣化を防ぐ方法も解説

パウダーアイシャドウの使用期限って?劣化を防ぐ方法も解説 メイク

パウダーアイシャドウは、使用期限が存在します。
肌を良好な状態に保つためには、期限までにアイテムを使い切ることが大切です。
今回は、パウダーアイシャドウの使用期限、劣化を防ぐ方法についてご紹介いたします。

パウダーアイシャドウの使用期限とは?

パウダーアイシャドウの使用期限とは?

パウダーアイシャドウの使用期限は、開封したものであれば3ヶ月から1年以内に使い切ることが望ましいと言われています。
未開封の場合、製造から3年以内が使用期限となります。

アイテムによるため、目安の数字としてみて下さい。
パッケージに使用期限が記載されてある場合、そちらの情報に従いましょう。

しかし、アイシャドウに指で触れる機会が多い場合、劣化が早まる傾向が高いです。
油分がつきやすいことが原因となります。
使用方法も振り返ることが大切です。

アイシャドウから嫌な臭いを発している場合も使うのは控えましょう。
変色している場合も、ただちに処分することをおすすめします。
ひび割れがよく起こるものも、すでに使用期限が切れている可能性が高いです。

開封した日にちをメモしておくと、処分を検討する上でも参考になります。

パウダーアイシャドウは、使用期限を守り、適切に使う必要があります。

パウダーアイシャドウの使用期限が切れたものは使ってはいけない理由

パウダーアイシャドウの使用期限が切れたものは使ってはいけない理由

パウダーアイシャドウは、空気に触れることで「酸化」と「雑菌の繁殖」が起こります。
知らずのうちに使い続けると、肌質が不衛生な状態に保たれやすいです。
肌に良いとされる美容アイテムを使っても、効果を発揮しにくくなります。
肌がくすんだり、シミやそばかすが増えたりする場合があります。

パウダーアイシャドウは使用期限までに、使いきれない方も多いと言えるでしょう。
半分以上残ってしまうこともあります。

もったいないと思いつつも、肌質を良好な状態に保つためには、処分に踏み切ることが大切です。

パウダーアイシャドウの使用期限が切れたときはどうしたら良い?

パウダーアイシャドウの使用期限が切れたときはどうしたら良い?

パウダーアイシャドウの使用期限が切れた場合、処分することが望ましいです。
肌を良好な状態に保つためにも、新しいアイテムを使うようにして下さい。

なかなか処分に踏み切れない方は、現在使っているアイシャドウと新品のアイテムを見比べる方法がおすすめです。
商品名を検索することで、参考画像が表示されます。
色味が変わっていたり、不衛生な印象を感じたりすると、処分に踏み切りやすくなります。

パウダーアイシャドウの使用期限を意識しながら、使い切れるサイズのアイテムを購入する方法もおすすめです。

パウダーアイシャドウの期限まで使いたい!劣化を防ぐ方法とは

パウダーアイシャドウの期限まで使いたい!劣化を防ぐ方法とは

パウダーアイシャドウの劣化を防ぐ方法は、保管場所に気をつけることです。
酸化・雑菌の繁殖を防ぐために、直射日光・高温多湿の場所にコスメを置かないようにして下さい。

また、蓋がきちんと閉まっているか確認することも大切です。
しっかり閉じていない場合、空気に触れる機会が多くなるため、劣化が早まります。

他にも、アイシャドウを指で触らないことも大切です。
油分がつくと、変色や分離の原因にもなります。
なるべくブラシをもちいて、アイシャドウを使うようにしましょう。

ブラシも1つのものを繰り返し使うと不衛生です。
しっかり洗い、乾燥させてから使いましょう。

パウダーアイシャドウを丁寧に保管・使用することで、使用期限までしっかり使える期待が持てます。

パウダーアイシャドウの使用期限は開封後「3ヶ月から1年以内」

パウダーアイシャドウの使用期限は未開封で「3年以内」開封後は「3ヶ月から1年以内」となります。
期限を超えても使い続ける場合、シミ・そばかすが増える原因になるため気を付けましょう。

パウダーアイシャドウの劣化を防ぐ方法は、直射日光・高温多湿となる場所での保管は避けることです。

※参考:https://mshabit.info/eyeshadow_kigen/
https://lipscosme.com/articles/4153

コメント

タイトルとURLをコピーしました