ニベアの青缶は毛穴対策に使える?おすすめの活用方法を紹介

ニベアの青缶は毛穴対策に使える?おすすめの活用方法を紹介 スキンケア

ニベアの青缶は、高い保湿力が期待できて全身に使えるクリームです。しかし、毛穴に悩む方には、ニベアを顔に塗って毛穴の開きが悪化しないか気になる方もいるかもしれません。

ポイントを押さえてニベアを活用することで、潤いを保って肌を整えることが可能です。毎日のスキンケアに、ニベアを取り入れてみませんか?

当記事では、毛穴が目立つ原因や対策、ニベアの青缶の活用方法について紹介します。

毛穴の開きが目立つ原因とは?

毛穴の開きが目立つ原因とは?

毛穴が目立つ原因として、次の3つが挙げられます。

  • 皮脂の分泌量の増加
  • 肌の乾燥
  • クレンジングや洗顔が不十分

【皮脂の分泌量の増加】
毛穴には、皮脂を分泌する皮脂腺が存在します。10~20代は、皮脂の分泌量が多いです。皮脂の分泌量が多いと、毛穴が開いてしまい、目立ちやすくなってしまいます。皮脂の分泌量は、食生活の乱れや気温の上昇などによって起こることもあります。

【肌の乾燥】
皮脂の過剰分泌は、乾燥が原因で起こることがあります。肌が乾燥していると、肌を守るために皮脂が多く分泌されるようになり、毛穴の開きにつながってしまうのです。肌の乾燥によってキメが乱れると、毛穴がより目立ちやすくなります。

また、スキンケアの際に肌を強くこすって摩擦を与えると、肌の乾燥が起こりやすくなります。

【クレンジングや洗顔が不十分】
クレンジングや洗顔が不十分だと、汚れが皮脂や古い角質と混ざり、角栓となって毛穴が詰まる原因になることがあります。白い毛穴が進行すると、毛穴が黒ずんで見えたり、ニキビができたりする恐れがあるので、早めにケアをすることが必要です。

毛穴が気になる方必見!ニベアの青缶で保湿ケアをしよう

毛穴が気になる方必見!ニベアの青缶で保湿ケアをしよう

毛穴が目立たない肌を目指すには、洗顔と保湿ケアが必要です。毎日クレンジングと洗顔をして、メイクや汚れを十分に落としましょう。

洗顔をした後は、化粧水で肌に水分を与えて、乳液やクリームで油分を補うことで、肌の潤いを維持できます。乳液やクリームとして、ニベアの青缶を使用することをおすすめします。

ニベアの青缶には、ミネラルオイルやワセリン、スクワランなどの油性成分が多く配合されています。ニベアは、毛穴にアプローチする成分は含まれていませんが、肌を保護してカサつきを防ぐ効果が期待できるので、乾燥が原因の毛穴の開きに悩む方におすすめです。

洗顔やスキンケアをする際は、肌をこすって摩擦を与えないように注意して、やさしくケアしましょう。

ニベアの青缶を使うときの注意点

ニベアの青缶を使うときの注意点

ニベアのクリームは固めなので、そのままの状態で肌に大量につけると、毛穴が詰まってしまうことがあります。ニベアを顔に使う際は、まずクリームを手のひらで温めて、柔らかくしてから肌に塗りましょう。クリームを柔らかくすることで、伸びが良くなって肌への摩擦を減らせます。

また、ニベアには油性成分が多く含まれています。おでこや鼻など皮脂の分泌量が多いTゾーンに、油分の多いニベアをたっぷり塗ってしまうと、かえって毛穴が詰まることがあります。皮脂の分泌量が多い部分には、塗りすぎないように注意しましょう。

オイリー肌など皮脂の量が多い方は、ニベアを乾燥が気になる部分のみ使用することをおすすめします。

ニベアの青缶で保湿をして好印象な肌を目指そう

ニベアの青缶は、保湿に役立つ成分が多く配合されていますが、毛穴にアプローチする成分は配合されていません。しかし、ニベアは保湿ケアに使うことができるので、乾燥が原因の毛穴の開きに悩む方におすすめです。

ニベアを使う際は、皮脂の分泌量が多い部分につけすぎないように注意しましょう。

毎日丁寧に洗顔や保湿ケアをして、毛穴が目立ちにくい好印象な肌を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました