BBクリームとファンデーションの違いとは?どっちを選べばいい?

BBクリームとファンデーションの違いとは?どっちを選べばいい? メイク

BBクリームとファンデーションのどちらを使おうか迷ってしまった経験はありませんか?

BBクリームには、ファンデーションとは違った特徴があります。BBクリームとファンデーションとの違いを知って、自分の理想の仕上がりに合わせてアイテムを選びましょう。

当記事では、BBクリームの特徴や、BBクリームとファンデーションとの違いについて、詳しく紹介していきます。

BBクリームとは?

BBクリームとは?

BBクリームの「BB」とは、blemish(傷)とbalm(軟膏)という意味です。BBクリームは、肌を保護するだけでなく、化粧下地、コンシーラー、ファンデーションなど複数の機能をもっています。
BBクリームが1本あると、忙しい朝でもスムーズにベースメイクを仕上げることが叶うのです。

BBクリームによっては、保湿成分が配合されているものや、UVカット機能がついているものもあります。BBクリームを選ぶときは、自分の肌の色に合うカラーか確認した上で、目的にあう機能があるものを選びましょう。

BBクリームの使い方は、とても簡単です。BBクリームの適量を手のひらに出し、額、鼻、両頬、あごの5箇所にのせて、指でやさしく広げましょう。
1回分の使用量は、商品のパッケージなどで確認して、正しい量を使ってください。

BBクリームとファンデーションの違いとは?

BBクリームとファンデーションの違いとは?

BBクリームとファンデーションは、どちらもベースメイクに使うアイテムですが、特徴やカバー力が違います。

BBクリームは、化粧下地やコンシーラー、日焼け止めなどの機能があり、肌を保護しながらメイクアップ効果によって色ムラをカバーする役割があります。
一方ファンデーションは、メイクアップ効果によって毛穴やくすみなどをカバーしながら、肌の色を整えるアイテムです。

ファンデーションを使う場合は、化粧下地やコンシーラーを別で用意する必要がありますが、BBクリームなら1本でベースメイクが完成します。
また、ファンデーションを使うより、BBクリームを使った方が短時間でベースメイクを仕上げることが可能です。
BBクリームなら、下地やコンシーラーなどを用意する必要がないので、コスメの費用を抑えたい方にも適しています。

しかし、BBクリームよりもファンデーションの方が、カバー力が高いです。そのため、ナチュラルメイクに仕上げたい方や、短時間でメイクをしたい方はBBクリームを。しっかりメイクをしたい方は、ファンデーションを選ぶことをおすすめします。

BBクリームとファンデーションは併用できる?

BBクリームとファンデーションは併用できる?

BBクリームを下地として使い、ファンデーションを上から重ねて使うと、メイクアップ効果によって気になるところをよりカバーすることができます。BBクリームを塗った上に、パウダーファンデーションを重ねることで、マットな仕上がりになります。

ただし、BBクリームやファンデーションを厚く塗ってしまうと、ヨレやすくなってしまうので注意しましょう。

ナチュラルメイクに仕上げたい方には、BBクリームを塗った上にフェイスパウダーを重ねることをおすすめします。フェイスパウダーを使ってメイクを仕上げることで、テカリを抑えてサラサラな肌に仕上げることができます。

BBクリームとファンデーションを目的にあわせて使い分けよう

BBクリームとファンデーションは、どちらもベースメイクに使えるアイテムですが、もっている機能やカバー力が違います。
ベースメイクをより短時間で仕上げたいときや、ナチュラルメイクをしたいときには、BB クリームがおすすめです。色ムラなどをしっかりカバーしたいときは、ファンデーションを選びましょう。

BBクリームやファンデーションを目的にあわせて使い分けて、好印象なメイクに仕上げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました