時短でベースメイクが完成!BBクリームの特徴・メリット・使い方

時短でベースメイクが完成!BBクリームの特徴・メリット・使い方 メイク

「短い時間でベースメイクを仕上げたい!」と思ったことはありませんか?
時短でベースメイクを完成させるなら、BBクリームを使うことをおすすめします。

BBクリームには、さまざまな魅力やメリットがあります。自分に合うBBクリームが一つあると、忙しくても簡単にキレイに仕上げることが可能です。

当記事では、BBクリームの特徴やメリット、使い方などについて紹介します。

BBクリームの特徴・メリット

BBクリームの特徴・メリット

BBクリームの「BB」とは、Blemish(傷んだ肌を)Balm(修復する)という意味があります。BBクリームは、もともとピーリングの後の肌を保護するために作られたアイテムです。2021年3月現在では、保湿成分が配合されたものや、UVカット機能があるものなどさまざまな種類のBBクリームが存在します。

BBクリームは、化粧下地やコンシーラー,ファンデーションなど複数の機能をもっています。BBクリームを使うメリットは次の通りです。

  • 短い時間でベースメイクが完成する
  • 複数のアイテムを用意する必要がないから節約できる
  • BBクリームによってはカバー力がある
  • スキンケア成分が配合されている

BBクリームは、仕事や育児で忙しい方におすすめです。時間をかけずに簡単にベースメイクをすることができて、気になる部分をきちんとカバーできる点が、BBクリームの魅力といえます。

ファンデーションを使う場合は、化粧下地やコンシーラーを別で用意する必要があるため、コスメ代がかかります。BBクリームなら、一つでベースメイクが完成するので、コスメ代を節約できます。

ベースメイクとして使うBBクリームの選び方

ベースメイクとして使うBBクリームの選び方

BBクリームを選ぶときは、自分の肌の色に合うかどうかチェックしましょう。自分の肌の色に合わないものを使うと、浮いて見えてしまう可能性があります。

また、BBクリームの機能や配合されている成分にも注目しましょう。スマホやパソコンをよく使う方には、ブルーライトをカットする機能があるBBクリームがおすすめです。日やけによるシミを増やしたくない方は、紫外線防止力が高いアイテムが適しています。

肌の乾燥が気になる方は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているBBクリームを選びましょう。敏感肌の方は、低刺激設計のBBクリームを選択することをおすすめします。

自分の肌の悩みや目的に合うBBクリームを使って、気になる部分をカバーしつつ肌を保護しましょう。

ベースメイクでBBクリームを使う方法

ベースメイクでBBクリームを使う方法

BBクリームを使う前に、スキンケアをして肌を整えましょう。肌が乾燥していると、肌を守るために皮脂が多く分泌されるようになり、崩れる原因になることがあります。
スキンケアをして肌に潤いを与えたら、余分な油分をティッシュオフをして取り除きましょう。

BBクリームは、額・両頬・鼻・おでこの5箇所にのせてから、外側に向かって優しく伸ばします。目元や口元など、崩れやすいところは厚塗りしないように注意しましょう。

BBクリームを塗り終わったら、フェイスパウダーを使うことをおすすめします。フェイスパウダーを使うことで、肌のテカリを抑えてメイク崩れを防ぐ効果が期待できます。

また、BBクリームとファンデーションは一緒に使うことが可能です。BBクリームでカバーしきれなかったところに、パウダーファンデーションを薄くつけると、より肌の色を整えることができます。

BBクリームを使って時短でベースメイクを仕上げよう

BBクリームは、化粧下地やコンシーラー、ファンデーションなどベースメイクに必要な機能が詰まった優れものです。自分の肌の色や、肌悩みに合うBBクリームが一つあると、忙しいときでも時間をかけずに気になる部分をカバーし、好印象な肌に仕上げることができます。

BBクリームを使いこなして、より効率よくメイクを完成させましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました